©Iwatani

気象・災害

カセット式ガスボンベの燃費 災害時用備蓄本数の目安

 

カセット式ガスコンロと予備ガスボンベ

夏は焼き肉や粉もの、北海道ではジンギスカン、冬はお鍋にと活躍するカセット式ガスコンロ。

地震や台風で停電したり、ガスの供給が遮断されしまっているときには、想像を超える強い味方です。

「自宅に普通にある」という方も多いことでしょうけれど、災害への備えとして、いったいカセットボンベ1本でどれくらいのお湯が沸かせて煮炊き可能なのか、ボンベはどのくらい備蓄しておけばよいのかと思い、調べてみました。

 

カセット式ガスコンロの能力

以下は、業界標準とも言えるIwataniさんが公開されている情報です。

 

ボンベ1本の燃焼時間はどのくらいですか

ご使用の器具(こんろ等)のガス消費量によって異なりますが、目安としては、3.5kW(3,000kcal/h)のこんろの場合、強火で約1時間です。これは最大火力での連続燃焼時間です。詳しくはホームページの各商品情報をご覧ください。

 

災害に備えて、どのくらい備蓄したらよいですか

カセットボンベの備蓄のめやすについて

内閣府では、南海トラフ巨大地震対策について、中央防災会議最終報告(2013年5月)の中で、 地震直後は行政支援が遅れることが想定されるため、一週間分以上の食糧、飲料水、生活物資などの家庭備蓄を確保するよう呼びかけています。
その中でカセットこんろ、カセットボンベも、地域で自活するための備えとして例示されています。

カセットボンベは一週間に何本必要となるか試算しました。

人数、環境、備蓄食料の内容などに合わせてご参考としてください。 ガスの気化および沸き上がり時間は気温によって大きな影響を受けるため、必要な本数が変わります。

試算明細表

備蓄食料の内容、カセットこんろの使い方等を、ご自身の場合にあてはめて試算の参考としてください。

 

想定用途分(2人分)沸かす水量使用鍋気温沸き上げ+維持時間消費ガス量1日3回の必要ガス消費1日当たりの必要本数
食事レトルト惣菜
パックご飯(各2個)
1ℓ20cm
両手鍋
25℃強火4分30秒+
中火15分
強火17.7g+
中火29.5g
47.2g×3回=141.6g0.6本
10℃強火7分40秒+
中火15分
強火30.2g+
中火29.5g
59.7g×3回=179.1g0.7本
カップ麺(大)2個1.2ℓやかん25℃強火5分中火19.7g19.7g×3回=59.1g0.2本
10℃強火8分中火31.5g31.5g×3回=94.5g0.4本
飲物温かい飲物
(250ccを2杯)
0.5ℓやかん25℃強火2分30秒9.8g9.8g×3回=29.4g0.1本
10℃強火4分15.7g15.7g×3回=47.1g0.2本
お湯お湯を沸かす
(洗浄、殺菌等)
1.2ℓやかん25℃強火5分19.7g19.7g×3回=59.1g0.2本
10℃強火8分31.5g31.5g×3回=94.5g0.4本

実験条件:カセットこんろは発熱量2800kcal/hのもの。
鍋は薄手のアルミ鍋(フタなし)、やかんはステンレス製のものを使用し、無風状態で実験。

※上記は備蓄の参考、目安です。イワタニカセットガス1本には250g入っています。

 

カセットボンベはどのくらいの低い気温で使えますか

カセットボンベは成分のブタンガスの特性により、10℃を下回ると気化しにくくなり、5℃以下になると、ほとんど気化しなくなるためお使いいただくことはできません。なお、カセットガスパワーゴールド、カセットガスジュニアはブタンガスの成分が異なるため、通常のボンベよりも低温下でもご使用が可能です。目安としては、5℃を下回ると気化しにくくなり、0℃以下になるとお使いいただけません。

 

イワタニカセットガスとイワタニカセットガスパワーゴールドは何が違うのですか

イワタニカセットガスパワーゴールドとは、寒い時期での屋外使用を想定した低温時対応ガスで、ブタンガスでも気化率の良いイソブタンの比率を高めています。

■イワタニカセットガス: 外気温 約10℃以上での使用※
■イワタニカセットガスパワーゴールド:外気温 約5℃以上での使用※
※目安の温度であり、若干下回っても使用(燃焼)できる場合があります。

カセットガス種類ブタン純度ブタン成分構成比メーカー希望小売価格
イワタニカセットガス95%以上イソブタン:約30%
ノルマルブタン:約70%
350円(税抜き)
イワタニカセットガス
パワーゴールド
95%以上イソブタン:約70%
ノルマルブタン:約30%
450円(税抜き)

(出典:岩谷産業株式会社

 

 

 

 

 

 

-気象・災害