sponsored

気象・災害

インド豪雨|西部沿岸部ムンバイなどモンスーンによる豪雨続く

【送料無料!!】◆大塚製薬オーエスワン(OS-1) 500mlX24本
価格:3954円(税込、送料無料) (2021/7/29時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

 

インド豪雨

7月26日

インド当局は25日、モンスーンの豪雨よる洪水と土砂災害の死者が、159人になったと発表した。

西部の沿海部では22日以降、豪雨が続いており、インド気象局(IMD)は、今後数日間さらなる豪雨が予想されるして、警戒を呼び掛けている。

専門家によると、モンスーンの豪雨は、気候変動の影響で頻度と強度が増加しているという。

マハラシュトラ州では、これまでに149人が死亡した。うち40人以上は、ムンバイ(旧ボンベイ)の南東約250キロに位置する山腹の村タリエで、22日に発生した大規模な土砂災害で死亡した。

同州では、猛暑の中を約23万人が避難生活を送っている。今も100人が行方不明になっており、救助隊は重機を使い、泥をかき分けて捜索を続けている。

 

7月25日

インドでモンスーンによる記録的な豪雨で洪水や土砂崩れが発生し、24日までに125人の死亡が確認された。

金融の中心地ムンバイがあるマハラシュトラ州では、7月としては過去40年で最大となる雨量を記録。豪雨が数日続いており、数十万人の生活に深刻な影響が出ているほか、主要河川には氾濫の危険がある。

州当局者によると、ムンバイの南東約180キロにあるタリアイの村では、土砂崩れでほとんどの家が倒壊し、死者は42人に上っている。

インド西部では、一部の地域で最大594ミリの雨が降った。マハラシュトラ州政府はダムの放水に踏み切り、洪水被害を受けた地域の住民約9万人を救助したという。

モディ首相は23日にツイッターで「マハラシュトラ州の状況を注視しており、被害を受けた人に支援を提供している」と述べた。

7月23日ムンバイ(REUTERS)

 

7月24日

インドで24日、モンスーンの豪雨による死者が115人になった。15万人近くが避難しており、救助隊は泥やがれきをかき分けて生存者の捜索を続けた。

インド西海岸はここ数日豪雨に見舞われており、金融都市ムンバイ(旧ボンベイ)では数十人が行方不明となり、観光地のゴア州では過去数十年で最悪の洪水が発生した。

ムンバイ南部の山腹に位置するTaliye村では土砂災害が発生した。目撃者はAFPに対し、民家数十棟がわずか数分で倒壊し、残ったのはコンクリート製の建物2棟のみだと語った。

22日夜に起きた土砂災害を目撃したディリップ・パンディ(Dilip Pandey)さんはAFPに「あっという間の出来事だった」と語った。「大きな音が聞こえ、村は崩壊した」

救助隊が数時間にわたり捜索・救助活動を行ったが、収容できたのは遺体だけだった。ムンバイがあるマハラシュトラ(Maharashtra)州で豪雨関連の死者は112人確認されており、その約3分の1をTaliye村の土砂災害の死者が占めた。

ゴア州のプラモッド・サワント(Pramod Sawant)首相によると、同州の洪水は過去数十年で最悪で被害は広範囲に及んだが、死者は出ていない。

当局によると、豪雨により南西部カルナタカ(Karnataka)州の広い地域でも洪水が発生し、3人が死亡、9000人が避難した。

8件の土砂災害が報告され、うち1件では列車が脱線した。今後3日間も豪雨や洪水が発生すると予想されており、沿岸部には非常警報が出されている。

 

7月23日

インド西部マハラシュトラ州で、モンスーンの豪雨により土砂崩れが相次ぎ、合わせて44人が死亡した。当局が23日、発表した。

同州報道官によると、州都の金融都市ムンバイ(旧ボンベイ)の南に位置するライガード県内の3か所で22日夜に土砂崩れが発生。42人が死亡、38人が行方不明になっている。

同報道官の話では、サタラ(Satara)県でも6か所で土砂崩れが起き、2人が死亡した。州内の別の場所でも、最大15人が行方不明になっている。

豪雨に伴う洪水被害は数千人に及んだ。捜索・救助活動のため海空軍も出動したが、ムンバイと南部ゴア(Goa)州を結ぶ幹線道路をはじめ、複数の道路が土砂で通行できなくなっており、難航している。

ムンバイから約250キロ離れたチプルン(Chiplun)では雨が24時間降り続け、一部地域で水位が3.5メートルまで上昇。市内を流れる川が氾濫し、道路や民家が浸水した。

インド気象当局は、今後数日間大雨が続く恐れがあるとして、同州の複数地域に警報を出した。

同国では毎年6~9月のモンスーン期に、洪水や土砂崩れが頻発。脆弱(ぜいじゃく)な建物や壁が倒壊することも多い。

ムンバイでは18日にも、壁の倒壊で数軒の民家が押しつぶされたり、土砂崩れが発生したりして、少なくとも34人が死亡した。

 

 

インド ムンバイでモンスーンによる豪雨

インド当局は18日、西部ムンバイ(旧ボンベイ)でモンスーンによる豪雨が発生し、壁の崩壊や地滑りによって住宅が押しつぶされて少なくとも30人が死亡したと発表した。

現地では、死者は32人と報じているメディアもある。

インド国家災害対応部隊(NDRF)によると、現地18日未明、ムンバイ東郊のチェンバーで倒木により壁が崩壊、住民がその下敷きとなった。がれきから17人の遺体を収容し、救助隊が現在も捜索活動を続けている。

また、ムンバイ北東のビクフロリでは地滑りにより住宅5棟が被害を受け、6人が死亡。

現地当局によると、犠牲者は増える恐れがあるとしている。

人口約2000万人のムンバイでは17日以降、豪雨が発生しており、鉄道が冠水し運行不能となるなど、現地の交通機関に影響を及ぼしている。

インド気象局によると、今後2日にわたって「中程度の雨から激しい雨、もしくは雷雨」が予想されている。

西ヨーロッパ豪雨|ドイツ・ベルギーなどで甚大な被害 - unavailable days
西ヨーロッパ豪雨|ドイツ・ベルギーなどで甚大な被害 - unavailable days

  ※随時更新 西ヨーロッパで豪雨 甚大な洪水被害 保険損失が10億ユーロ(12億ドル)超 アクチュアリー会社MSKは20日、ドイツの一部地域に壊滅的な被害をもたらし、少なくとも170人が死

unavailable.jp

 

 

動画

 

 

 

 

SNS

 

 

 

 

 

おすすめ記事

特設

1

  2021年(令和3年)に発生した台風と名前一覧 毎年、1月1日午前0時以降に発生した台風が「台風1号」となります。 2020年(令和2年)最後の台風は、12月20日に発生した令和2年台風 ...

2

  7月30日(金) 速報など ※速報の赤字見出しの詳細(市区町村別内訳・補足内容等)がある場合は下部の自治体別に追記していますのでご参照ください 全国の新規感染者、3日連続で最多を更新 3 ...

3

  感染症指定医療機関の指定状況(厚生労働省) ■平成31年4月1日現在 ・感染症病床を有する指定医療機関 348医療機関(1,712床) ・結核病床(稼働病床)を有する指定医療機関 184 ...

-気象・災害