気象・災害

西ヨーロッパ豪雨|ドイツ・ベルギーなどで甚大な被害

 

※随時更新

西ヨーロッパで豪雨 甚大な洪水被害

保険損失が10億ユーロ(12億ドル)超

アクチュアリー会社MSKは20日、ドイツの一部地域に壊滅的な被害をもたらし、少なくとも170人が死亡した記録的な洪水について、保険損失が10億ユーロ(12億ドル)超に上ると試算した。

先週14日に発生した洪水により、西部のラインラント・プファルツ州やノルトライン・ウェストファーレン州をはじめ複数の地域で、道路が冠水、車が押し流されるなど被害が広がっている。

20日には死者数が170人に達した。(20210721)

 

ベルギー王室御用達の高級チョコ工場 洪水の被害に

世界のチョコレートの中心地を自任するベルギーで、「ゴディバ(GODIVA)」や「レオニダス(Leonidas)」とともに、王室御用達の認定を受ける「ガレー(Galler)」の工場が洪水の被害に
動画:ベルギー王室御用達の高級チョコ工場 洪水の被害に(AFP)

 

死者は少なくとも、188人に

18日18:42

ドイツやベルギーなどで発生した豪雨による洪水で、ドイツの警察は18日、国内の死者が157人になったと明らかにした。欧州全体での死者は少なくとも183人となった。ベルギーでは31人の死亡が確認された。

ドイツの死者157人は自然災害による死者数としては過去60年近くで最多となった。

ドイツで最も被害が大きい地域の一つ、西部ラインラント・プファルツ(Rhineland-Palatinate)州の警察は、一連の災害による州内の死者が98人から110人に増えたと発表。

ラインラント・プファルツ州だけで負傷者は670人に上り、今後も死傷者が増える恐れがあるとしている。

また17日にも豪雨による洪水が発生し、オーストリアとの国境沿いの独南部バイエルン(Bavaria)州で1人が死亡した。

14日から始まった洪水はドイツ西部のラインラント・プファルツ州とノルトライン・ウェストファーレン州、隣国ベルギー東部を襲い、停電や通信障害も起きている。

ラインラント・プファルツ州アールワイラー地区では100人以上の死亡が確認されており、水位の低下に伴い、今後さらに遺体が発見される可能性があるという。

7月18日、欧州西部の記録的な豪雨で発生した洪水による死者はまでにドイツで157人、ベルギーで31人となった。写真は現地を視察するメルケル首相ら。代表撮影(2021年 ロイター)

 

 

記録的な豪雨で氾濫した各地の川は、水位が下がり始め、被災各地の住民は泥やがれきに覆われた家屋や市街地の片づけにとりかかっている

18日00:23

ドイツでは消防隊員4人を含め、少なくとも143人が洪水のため死亡したと確認されている。ノルトライン・ヴェストファリア州、ラインラント・プファルツ州、ザールラント州が特に甚大な被害を受けている。

増水の影響で、各地のダムが今後さらに決壊する恐れが懸念されている。

ドイツ西部のボンから南東にあるシュタインバッハタル・ダムを点検した当局者は、きわめて不安定な状態だと警告した。下流地域の住民はすでに避難。さらに避難勧告の対象地域が広がる可能性もある。

デュッセルドルフに近いハインスベルク地区では16日夜にダムが決壊し、数百人が避難した。

この間、被災地を訪れた与党・キリスト教民主同盟(CDU)のアルミン・ラシェット党首が、同僚たちと冗談を言い合い笑っている様子がテレビカメラに捉えられ、批判されている。ノルトライン・ウェストファーレン州首相のラシェット氏の前では、フランク=ヴァルター・シュタインマイヤー大統領が記者団に対して被災者をいたわる発言をしていた。ラシェット氏は今年9月の総選挙後、引退するアンゲラ・メルケル首相の後継と目されている。

ラシェット氏は自分の行動を後悔しているとツイートしたが、独政界やコメンテーターから非難が相次いでいる。

大衆紙ビルトはサイト上で「国が泣く間、ラシェットは笑う」と見出しを掲げた。

メルケル氏は18日にも西部シュルト村を訪れる予定。住民の1人は、被災後のシュルトがまるで「戦場」のようだと話している。

独ノルトライン・ヴェストファリア州エルフトシュタットを走る連邦道路B265では、多くの車両が沈んだ

ラインラント・プファルツ州アールヴァイラー地区にある温泉町バート・ノイエナールでは、住民が道路から泥やがれきを取り除く清掃作業にとりかかっていた。しかし、多くの商店や家屋が濁流に破壊され、電気やガス、電話回線などのライフラインは断たれたままだ。

「なにもかも完全に破壊された。街の様子は一変してしまった」と、ワイン店の経営者ミカエル・ラング氏はロイター通信に話した。

パン屋のグレゴール・デーゲン氏はAFP通信に、近隣住民を集めて泥やがれきの清掃を始めたと話した。洪水の翌日には着手したかったものの、当時はまだ水位が高すぎたのだという。

アールヴァイラー地区では100人近くが亡くなったとみられている。

ノルトライン・ヴェストファリア州では連邦道路B265が冠水し、複数の車両が沈んだ。救急隊は中に閉じ込められた人の有無を確認後、撤去作業を開始した。

ドイツの隣国ベルギーでは、洪水で少なくとも27人が亡くなった。救助活動や避難を支援するため、各地に陸軍が派遣された。

ベルギーのアレクサンダー・ドゥクロー首相は、20日を全国的な服喪の日にすると発表。「最終的な犠牲者の人数はまだ分からないが、この国の史上最も壊滅的な洪水になるかもしれない」と話している。

ベルギー・ペパンステルは特に甚大な被害を受けた

鉄砲水が発生して住民が避難したリエージュには、フランス、イタリア、オーストリアから災害救助隊が派遣された。

洪水によって、オランダ、ルクセンブルク、スイスでも被害が出ている。

オランダ・リンブルフ州では堤防決壊で市街地が冠水し、数千人が避難した。

一方、南部マーストリヒトや近隣の町村では16日には水位が下がりはじめ、多くの住民が帰宅することができた。

スイスの首都ベルンではアーレ川が氾濫し、記録的な濁流となった。

ルツェルン湖も市街地にあふれ出し、バーゼル市はライン川に接近しないよう住民に呼びかけている。

 

ドイツ西部シュタインバッハタール・ダム、決壊の恐れで放流

17日0100

これまでにドイツで103人の死亡が確認された。
このうち12人は、夜間に鉄砲水に襲われたケルン南方のジンツィッヒにある障がい者施設の入所者だった。

地元メディアは、洪水による家屋倒壊が増えているため、犠牲者数が増加する恐れがあると報道。ベルギーではこれまでに少なくとも14人の死亡が確認された。

ドイツでは16日時点で約11万4000世帯が停電。洪水に見舞われている一部の地域では携帯電話網が機能停止に陥り、被災者と連絡が取れない状態になっている。

ラインラント・プファルツ州では、ケルン南方のアールワイラー地区で約1300人の安否が未確認。
ケルン当局の報道官は「ネットワークが完全に遮断され、インフラは完全に破壊された。病院は患者を受け入れられなくなっている」と述べた。

ドイツ政府は700人を超える軍隊を動員し、救援にあたっている。

ドイツ西部シュタインバッハタール・ダムは昨晩にかけて決壊の恐れが高まったため、下流地域で約4500人が避難した。
当局は、ダムが決壊すれば下流地域が一段の洪水に見舞われる恐れがあるとして、放流を試みている。

気象学者は、気候変動の影響でジェットストリームの流れが変わったために今回の豪雨が引き起こされたと指摘。欧州委員会のフォンデアライエン委員長も、今回の洪水の規模を踏まえると気候変動が影響していることは明らかだとし、迅速に対応する必要があるとの考えを示した。

ベルギー 15日

 

 

16日までにおよそ100人の死者

16日1900

ドイツを中心とした西ヨーロッパ諸国で、7月14日から15日にかけて発生した洪水により、16日これまでにドイツで93人、ベルギーで14人を含む105人の死亡が確認された(現地報道)。

ドイツでは携帯電話など通信網の被害もあり、依然としておよそ1300人の人々の安否が確認できていない。

 

 

西ヨーロッパで豪雨(動画)

西ヨーロッパ諸国で発生した豪雨と洪水では、ドイツで少なくとも59人が死亡、ベルギーでも8人が死亡し、さらに多数が行方不明となっている。

ドイツとベルギーに加え、ルクセンブルク、オランダも豪雨による洪水に見舞われている。

専門家からは、ここ100年で最大の豪雨との見方が出ている。

ドイツ気象当局の報道官は、「一部の地域ではここ100年で見たこともないような降雨量になっている」と説明。
報道官によると、ドイツのノルトライン・ウェストファーレン州とラインラント・プファルツ州、ザールラント州は特に大きな被害を受けているという。

CNNの気象専門家によると、ドイツ西部とベネルクス(ベルギー、オランダ、ルクセンブルクの3カ国)の大部分では14~15日にかけて極めて多い総雨量が観測され、ノルトライン・ウェストファーレン、ラインラント・プファルツ両州で過去最多の総雨量を記録した。

これらの州の広い地域では24時間の総雨量が100~150ミリに達し、通常の1カ月以上分の降雨量となっている。

在任中最後の訪米を行っているドイツのメルケル首相は15日、バイデン大統領との会談を前に洪水被害に言及。ドイツの一部を襲った洪水は「大災害」だとの見方を示し、「ここワシントンにいても私の思いは常に祖国の人と共にある」と述べた。

 

 

 

 

 

ヨーロッパの洪水で数十人が死亡

※CNN北米版機械翻訳からの転載 20210716(0209GMT)

ベルリン(CNN)西ヨーロッパでの深刻な洪水により、少なくとも55人が死亡しました。これは、専門家が1世紀で最も激しい降雨と述べたことが原因です。

ドイツでは、ラインラント・プファルツ州にあるアールヴァイラー地区で約1,300人が行方不明になっていると地方政府は述べた。

鉄砲水が国の西部と南部を襲い、建物が倒壊したと警察は木曜日に述べた。ドイツは最悪の打撃を受け、49人が死亡し、ベルギーでは6人が死亡しました。ルクセンブルクとオランダも影響を受けます。

ドイツの気象局のスポークスマン、アンドレアス・フリードリッヒ氏はCNNに、「一部の地域では、100年間にこれほど多くの降雨が見られなかった」と語った。彼はさらに、「一部の地域では、洪水の原因となった降雨量が2倍以上になり、残念ながら一部の建物の構造が崩壊した」と付け加えた。

ラインラントプファルツ州のドイツのインソル村は、大雨の後に浸水

ノルトラインヴェストファーレン州

 

ノルトラインヴェストファーレン州、ラインラントプファルツ州、ザールラント州のドイツ地域が最も影響を受けたとフリードリッヒ氏は付け加えた。

CNNの気象学者ブランドンミラーによると、水曜日から木曜日の朝にかけて、ドイツ西部とベネルクス地域の大部分で極端な総降雨量が観測され、ノルトラインヴェストファーレン州とラインラントプファルツ州で最も高い降雨量が見られました。

これらの州の広範囲にわたる帯状地帯では、24時間の総降雨量が100〜150 mm(3.9〜5.9インチ)であり、この地域では1か月以上の降雨量に相当します。

ケルンは木曜日の朝までのわずか24時間で154mm(6インチ)の降雨を記録しました。これは7月の月平均87 mm(3.45インチ)のほぼ2倍です。

局地的に激しい豪雨は、極端な鉄砲水をもたらしました。ライファーシャイトでは、ヨーロッパの荒天データベースによると、わずか9時間で207 mm(8.1インチ)の驚異的な雨が降りました。

 

1つのドイツの州で少なくとも30人が死亡

ドイツで最も人口の多い州であるノルトラインヴェストファーレン州では、30人が死亡していることが判明したと州政府のスポークスマンはCNNに語った。スポークスマンによると、洪水で少なくとも50人が負傷し、行方不明者の数は不明である。

ラインラントプファルツ州では、少なくとも19人が死亡しているのが発見されたが、「その数は増えると予想されている」とコブレンツの警察のスポークスマンはCNNに語った。

地方政府によると、木曜日の朝、バートノイエナール-アールヴァイラー地区で、1,000人以上の警察と救急隊員が呼ばれた。

ワシントンDCを白鳥の歌で訪問しているドイツのメルケル首相は、彼女の国のいくつかの地域を襲った致命的な洪水は「大惨事」であると言いました。

メルケル首相は、ジョー・バイデン大統領との会見に先立ち、木曜日の記者会見で、「ここワシントンでは、私の考えは常に祖国の人々にもある」と述べた。
「平和な場所はこの時間に大惨事を経験している、悲劇を言うことができる。大雨と洪水はこれを説明するのに非常に不十分な言葉である-したがってそれは本当に大惨事である。」

メルケル首相は、現在、洪水の影響を受けた人々の救助と迅速な対応に焦点を当てていると述べたが、彼女は自国の財務大臣であるオラフ・ショルツと緊密に連絡を取り、回復。
「この大惨事で命を落とした人々を悼みます。私たちはまだこれらの数字を知りませんが、たくさんあるでしょう」と彼女は付け加えました。

メルケルのスポークスマン、シュテッフェン・ザイバートは犠牲者の家族に哀悼の意を表した。「洪水地域の多くの人々が耐えなければならない災害に私はショックを受けました。私の同情は死者と行方不明者の家族に向けられます」とSeibertはツイッターに書いた。

メルケル首相の訪問は、16年間の政権を経て、秋に首相を辞任する前の最後の米国訪問である可能性が高い。

ノルトラインヴェストファーレン州の首相であり、メルケルの後継候補である保守派の候補者であるアルミンラシェットは、木曜日にこの地域の影響を受けた地域を訪れました。

「気候変動は1つの州に限定されていないため、このような事態に何度も直面することになります。つまり、欧州、連邦、世界レベルで気候保護対策をスピードアップする必要があります」とラシェット氏は述べています。

 

ベルギーで6人が死亡

隣接するベルギーでは、ワロン地域南部の洪水で少なくとも6人が死亡した、とCNN系列のRTBFは木曜日に報告し、ベルビエ検察庁とリエージュ州知事に勤務している治安判事を引用した。

ワロン地域はノルトラインヴェストファーレン州と国境を接しています。洪水はまた、ベルギーの国営鉄道網であるインフラベルを混乱させ、国の南部でフランス語を話すサービスを停止させた、と同社は木曜日のプレスリリースで述べた。

オランダの消防隊が南リンブルフの自宅から人々をトレーラーの荷台に乗せて避難させた

イタリア市民保護局は声明のなかで、イタリアは捜索隊と車両をワロン地域に送り始めたと述べた。

ベルギーのフィリップ王は、深刻な洪水に見舞われた後、リエージュ県のショードフォンテーヌの町を訪れました。
フィリップはカメラの声明で、「私たちは大惨事の深刻さに本当に感動している」と述べた。「私たちの考えは、犠牲者とその家族、そして緊急時に被災地から避難しなければならなかったすべての人々に向けられています。」

フランスの市民保護庁の労働者が、回復と救助活動を支援するためにベルギーのリエージュ県に到着しました。
「(フランスの)市民保護の指導および介入部隊からの救助隊は最初の偵察作戦を実行する」とフランスの市民保護機関は彼らの到着直後にツイッターの投稿で言った。「彼らは今夜、消防士、ダイバー、ライフガードが参加します。」

欧州連合はまた、洪水の影響を受けたベルギーの地域を支援するために、市民の緊急対応メカニズムを活性化した、とEU委員会は木曜日に声明で述べた。
「ベルギー、ルクセンブルグ、オランダ、ドイツは、これらの劇的な洪水に立ち向かうためのEUの支援を期待できます。私の考えは、これらの悲劇的な出来事の犠牲者と、彼らが失ったものを再建しなければならないすべての人にあります。すべての救助に感謝したいと思います。チームの貴重な支援と絶え間ない努力に感謝します」とEU理事会のシャルル・ミシェル議長は木曜日にツイートした。

英国のボリス・ジョンソン首相は木曜日に支援の申し出をツイートした。
「ドイツ、ルクセンブルグ、オランダ、ベルギーで壊滅的な洪水が発生したのを見てショックを受けた」とジョンソン氏はツイートした。
「私の考えは、犠牲者の家族と影響を受けたすべての人々にあります。英国は、救助と回復の努力に必要なあらゆる支援を提供する準備ができています。」

日本テレビのニュースによると、ドイツで最も長く最も重要な産業輸送の動脈の1つであるライン川でも輸送が停止された。
気象局のスポークスマン、フリードリッヒ氏は、豪雨はより涼しい降雨とより暖かい降雨の混合によって引き起こされたと述べた。「それは週の初めにフランスからドイツに来て、過去48時間ドイツの上に座っていた」と彼は言った。
「今のところ、最悪の集中豪雨は終わったと予測しているが、ドイツ南西部のライン川上流(木曜日)と金曜日にはさらに大雨が降るだろう」と彼は付け加えた。

オランダのマーストリヒト市は、ムーズ川の水位が上昇しているため、ヒューゲム地区とラントウィク地区の住民に「できるだけ早く」家を出るよう呼びかけました。
マーストリヒト市議会のニュースリリースによると、「ムーズ川の水は急速に上昇している。午前3時頃にラントウィク/ヒューゲムの岸壁を横切ると予想している」と語った。「これは、水が通りや家に行き着くということを意味します。」

 

気候変動に伴い、より多くの水蒸気を保持するより暖かい空気

ドイツ国立気象局DWDによると、異常気象は、低気圧の動きの遅い地域の結果であり、暖かく湿った空気のコンベヤーベルトが強力な雷雨に燃料を供給し、大雨が長続きすることを可能にしました。

より暖かい空気は雨として降るのに利用できるより多くの水蒸気を保持することができるので、激しい降雨率は温暖化気候でより一般的になりつつあります。
レディング大学の水文学教授であるハンナ・クローク氏は、「この種の高エネルギーで突然の夏の急流は、急速に暑くなる気候で私たちが期待するものとまったく同じです」と述べています。
「北半球の他の地域が現在記録的な熱波と火事に苦しんでいるという事実は、私たちの天気がこれまでになく暖かい世界でどれほど危険になる可能性があるかを思い出させるのに役立つはずです」とクロークは言いました。

 

 

おすすめ記事

特設

1

  2021年(令和3年)に発生した台風と名前一覧 毎年、1月1日午前0時以降に発生した台風が「台風1号」となります。 2020年(令和2年)最後の台風は、12月20日に発生した令和2年台風 ...

2

  10月26日(火) 上の「indexを開く」を押すとページ内の目次が表示されます。目的の自治体や項目へのアクセスが少し便利です。 モバイル版ページの場合は「完全版を表示する」をクリック後 ...

3

  感染症指定医療機関の指定状況(厚生労働省) ■平成31年4月1日現在 ・感染症病床を有する指定医療機関 348医療機関(1,712床) ・結核病床(稼働病床)を有する指定医療機関 184 ...

4

  新型コロナウイルス経過・記録|2021年 新型コロナウイルス2021年10月18日(月)~10月24日(日)までの経過 新型コロナウイルス2021年10月11日(月)~10月17日(日) ...

-気象・災害