気象予報

気象庁3か月予報 11月~2024年1月の天気「エルニーニョ現象などで暖冬」を予想

気象庁3か月予報 11月~2024年1月の天気「エルニーニョ現象などで暖冬」を予想

 

気象庁3か月予報 向こう3か月(2023年11月~2024年1月)の天候の見通し

気象庁は2023年10月24日(火)、11月から年明け2024年1月の全国3か月予報を発表しました。

最新の3か月予報(気象予報)🔗

 

予報のポイント

  • 寒気の影響が弱いため、向こう3か月の気温は、北日本では平年並か高く、東・西日本と沖縄・奄美では高いでしょう。また、向こう3か月の降雪量は、北日本日本海側では平年並か少ないでしょう。
  • 向こう3か月の降水量は、低気圧などの影響を受けやすいため、東日本太平洋側と西日本では平年並か多いでしょう。

この時期の天候に影響の大きい北極振動の予想は難しく、現時点では考慮できていませんので、予報には不確定性があります。常に最新の1か月予報等をご覧ください。

 

全国3か月予報 11月~2024年1月の概要

全国 3か月予報(11月~01月)
2023年10月24日14時00分 気象庁 発表
11月~01月 気温 平均気温は、北日本で平年並または高い確率ともに40%、東日本で高い確率50%、西日本と沖縄・奄美で高い確率60%です。
降水量 降水量は、東日本太平洋側と西日本で平年並または多い確率ともに40%です。
降雪量 降雪量は、北日本日本海側で平年並または少ない確率ともに40%です。
11月 天候 北日本日本海側では、平年と同様に曇りや雨または雪の日が多いでしょう。東・西日本日本海側と沖縄・奄美では、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。北・東日本太平洋側では、平年と同様に晴れの日が多いでしょう。西日本太平洋側では、天気は数日の周期で変わり、平年と同様に晴れの日が多いでしょう。
気温 気温は、全国で平年並または高い確率ともに40%です。
12月 天候 北日本日本海側では、平年と同様に曇りや雪または雨の日が多いでしょう。北日本太平洋側では、平年と同様に晴れの日が多いでしょう。東・西日本日本海側では、平年に比べ曇りや雨または雪の日が少ないでしょう。東・西日本太平洋側では、平年に比べ晴れの日が少ないでしょう。沖縄・奄美では、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。
気温 気温は、東日本で平年並または高い確率ともに40%、西日本と沖縄・奄美で高い確率50%です。
01月 天候 北日本日本海側では、平年と同様に曇りや雪の日が多いでしょう。北日本太平洋側では、平年と同様に晴れの日が多いでしょう。東・西日本日本海側では、平年に比べ曇りや雪または雨の日が少ないでしょう。東・西日本太平洋側では、平年に比べ晴れの日が少ないでしょう。沖縄・奄美では、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。
気温 気温は、北日本で平年並または高い確率ともに40%、東・西日本と沖縄・奄美で高い確率50%です。
降水量 降水量は、東日本太平洋側と西日本で平年並または多い確率ともに40%です。

 

3か月の平均気温・降水量・降雪量

  平均気温(3か月) 降水量(3か月) 降雪量(3か月)
北日本 日本海側
低20 並40 高40
平年並か高い見込み
少30 並40 多30%
ほぼ平年並の見込み
40 並40 多20%
平年並か少ない見込み
太平洋側
少30 並40 多30%
ほぼ平年並の見込み
予報しません
東日本 日本海側
低20 並30 高50
高い見込み
少30 並40 多30%
ほぼ平年並の見込み
予報しません
太平洋側
少20 並40 多40
平年並か多い見込み
予報しません
西日本 日本海側
低10 並30 高60
高い見込み
少20 並40 多40
平年並か多い見込み
予報しません
太平洋側
少20 並40 多40
平年並か多い見込み
予報しません
沖縄・奄美
低10 並30 高60
高い見込み
少30 並30 多40
ほぼ平年並の見込み
予報しません
数値は予想される出現確率(%)です 気象庁3か月予報 気温画像 気象庁3か月予報 降水量画像 気象庁3か月予報 降雪量画像

季節予報は、予測の確からしさに応じて、気温や降水量などを「低い(少ない)、平年並、高い(多い)」となる確率で表しています。
「平年並」がどの程度の値になるのかについては、参考資料(https://www.data.jma.go.jp/cpd/longfcst/sankou/zenpan3.html)をご覧ください。
文章による解説については、確率の大きさに応じた言葉で表現しています。詳しくは本資料末尾の「参考(確率予報の解説)」をご覧ください。

 

予想される海洋と大気の特徴 

エルニーニョ現象と、正のインド洋ダイポールモード現象 偏西風が北へ蛇行

  • 地球温暖化の影響などにより、全球で大気全体の温度が高いでしょう。
  • エルニーニョ現象と、正のインド洋ダイポールモード現象およびその影響が残ることにより、積乱雲の発生がインド洋熱帯域の西部で多く、東部からインドネシア付近で少なく、太平洋熱帯域の日付変更線付近で多いでしょう。このため、上空の偏西風は蛇行し、日本付近で平年より北を流れる見込みです。
  • アリューシャン低気圧は、北日本では一時的に影響を受けやすいことがあるものの、平年に比べ日本付近への影響は小さく、冬型の気圧配置は弱い見込みです。
  • 以上から、東・西日本と沖縄・奄美を中心に暖かい空気に覆われやすく、寒気の南下が弱いでしょう。
地上気圧
数値予報結果をもとにまとめた予想される海洋と大気の特徴

 

月別の天候

11月

北日本日本海側では、平年と同様に曇りや雨または雪の日が多いでしょう。
東・西日本日本海側と沖縄・奄美では、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。
北・東日本太平洋側では、平年と同様に晴れの日が多いでしょう。
西日本太平洋側では、天気は数日の周期で変わり、平年と同様に晴れの日が多いでしょう。

 

12月

北日本日本海側では、平年と同様に曇りや雪または雨の日が多いでしょう。
北日本太平洋側では、平年と同様に晴れの日が多いでしょう。
東・西日本日本海側では、冬型の気圧配置が弱いため、平年に比べ曇りや雨または雪の日が少ないでしょう。
東・西日本太平洋側では、低気圧などの影響を受けやすいため、平年に比べ晴れの日が少ないでしょう。
沖縄・奄美では、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。

 

2024年1月

北日本日本海側では、平年と同様に曇りや雪の日が多いでしょう。
北日本太平洋側では、平年と同様に晴れの日が多いでしょう。
東・西日本日本海側では、冬型の気圧配置が弱いため、平年に比べ曇りや雪または雨の日が少ないでしょう。
東・西日本太平洋側では、低気圧などの影響を受けやすいため、平年に比べ晴れの日が少ないでしょう。
沖縄・奄美では、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。

 

月別の平均気温・降水量

月別の平均気温

  平均気温 11月 平均気温 12月 平均気温 01月
北日本
低20 並40 高40
平年並か高い見込み
低30 並30 高40
ほぼ平年並の見込み
低20 並40 高40
平年並か高い見込み
東日本
低20 並40 高40
平年並か高い見込み
低20 並40 高40
平年並か高い見込み
低20 並30 高50
高い見込み
西日本
低20 並40 高40
平年並か高い見込み
低20 並30 高50
高い見込み
低20 並30 高50
高い見込み
沖縄・奄美
低20 並40 高40
平年並か高い見込み
低20 並30 高50
高い見込み
低20 並30 高50
高い見込み
数値は予想される出現確率(%)です 気象庁3か月予報 気温画像 気象庁3か月予報 気温画像 気象庁3か月予報 気温画像

 

月別の降水量

  降水量 11月 降水量 12月 降水量 01月
北日本 日本海側
少30 並30 多40
ほぼ平年並の見込み
少30 並40 多30%
ほぼ平年並の見込み
40 並30 多30%
ほぼ平年並の見込み
太平洋側
少30 並30 多40
ほぼ平年並の見込み
少30 並40 多30%
ほぼ平年並の見込み
少30 並40 多30%
ほぼ平年並の見込み
東日本 日本海側
少30 並30 多40
ほぼ平年並の見込み
40 並30 多30%
ほぼ平年並の見込み
40 並30 多30%
ほぼ平年並の見込み
太平洋側
少30 並40 多30%
ほぼ平年並の見込み
少30 並30 多40
ほぼ平年並の見込み
少20 並40 多40
平年並か多い見込み
西日本 日本海側
少30 並30 多40
ほぼ平年並の見込み
少30 並40 多30%
ほぼ平年並の見込み
少20 並40 多40
平年並か多い見込み
太平洋側
少30 並40 多30%
ほぼ平年並の見込み
少30 並30 多40
ほぼ平年並の見込み
少20 並40 多40
平年並か多い見込み
沖縄・奄美
少30 並40 多30%
ほぼ平年並の見込み
少30 並30 多40
ほぼ平年並の見込み
少30 並30 多40
ほぼ平年並の見込み
数値は予想される出現確率(%)です 気象庁3か月予報 降水量画像 気象庁3か月予報 降水量画像 気象庁3か月予報 降水量画像

 

10月(20日まで)の天候経過

  • 日本付近を低気圧や前線と移動性高気圧が交互に通過したため、全国的に曇りや雨の日がありましたが、北・東・西日本では晴れた日も多くありました。
  • 気温は、寒気の影響が弱かった北日本と、暖かい空気に覆われやすかった沖縄・奄美で高くなりました。
気象庁3か月予報 気温降水量日照時間図

新しい予測資料を踏まえ寒候期の天候について検討しましたが、9月19日に発表した寒候期予報の内容に変更はありません。

 

参考

確率予報の解説(ここでは確率予報を次のような言葉で解説しています)
出現確率(低い(少ない):平年並:高い(多い)) 解説
高い(多い)確率が50%以上 高い(多い)見込み
(20:40:40) 平年並か高い(多い)見込み
平年並の確率が50%以上 平年並の見込み
(40:30:30) (30:40:30) (30:30:40) ほぼ平年並の見込み
(40:40:20) 平年並か低い(少ない)見込み
低い(少ない)確率が50%以上 低い(少ない)見込み

 

 

-気象予報