お祭り・花火・伝統行事

立川まつり 国営昭和記念公園花火大会 2023 概要 会場アクセス 交通規制

26/07/2023

立川まつり 国営昭和記念公園花火大会 2023

立川まつり 国営昭和記念公園花火大会 立川観光コンベンション協会

 

立川まつり 国営昭和記念公園花火大会 2023

立川まつり 国営昭和記念公園花火大会が4年ぶりに開催されます。今年は日本全国で「4年ぶり」となる花火大会が開催され、いずれも例年を上回る人出を記録しているようです。

帰りの切符を事前に用意したり、早めに会場に行かれるなど準備をおすすめします。なお、当日日中は猛暑日予想となっていますので飲み物や冷却グッズなども忘れずに。

立川の花火大会の開催は、昭和29年の第1回立川納涼花火大会以来、長きにわたり立川の風物詩として広く親しまれています。

7月29日正午時点での立川市周辺の夜の天気は「晴れ」の予報です。
花火大会開始の19時頃で、気温30℃・湿度約70%の予想です。
飲み物や保冷剤などを用意して、熱中症には十分にご注意ください。

 

開催日時

2023年7月29日(土)

午後7時~午後8時

※少雨決行、荒天順延なし

立川まつり 国営昭和記念公園花火大会

 

打上総発数

5,000発(予定)

都内ではなかなかお目にかかれない尺玉、一尺五寸玉といった大迫力の花火やスターマイン、花火職人による競技大会での入賞作品である芸協玉等

 

開催場所・メイン鑑賞会場

■開催場所
東京都立川市 国営昭和記念公園

■メイン鑑賞会場
国営昭和記念公園 みんなの原っぱ

国営昭和記念公園

 

 

前回開催時の花火大会来園者(2019年)

■昭和記念公園園内
255,468人

■外周含む
700,000人

 

 

花火大会当日の国営昭和記念公園 入園について

花火大会当日17時30分以降は入園料が無料になるため、以降の入園は混雑します。

※日中の有料時間帯から場所取りをかねて余裕をもってのご来場をお勧めします。尚その際は熱中症等にご注意ください (公式)

  • 花火大会(19:00~20:00)の終了後、皆さまのご退園をもって閉園いたします。
  • 17:30から無料開園いたします(混雑状況によって時間を変更することがあります)。
  • 17:00までは有料でのご入園となります。
  • 花火大会専用の駐車場はありません。

 

入園料

大人(15 歳以上)450円

小人(小・中学生)無料

シルバー(65歳以上)210円

 

花火大会当日の公園利用について

 

 

立川まつり 国営昭和記念公園花火大会 会場アクセス(公式)

 

立川まつり 国営昭和記念公園花火大会 会場アクセス

立川まつり 国営昭和記念公園花火大会 会場アクセス

 

最寄り駅からの徒歩時間

入口・ゲート JR 多摩都市モノレール 西武拝島線
あけぼの口 (みどりの文化ゾーン) 中央線・立川駅 北口より約10分 立川北駅 公園口より約8分
立川ゲート 中央線・立川駅 北口より約18分 立川北駅 公園口より約16分
西立川ゲート 青梅線・西立川駅 公園口より約2分
昭島ゲート 青梅線・東中神駅 北口より約10分
砂川ゲート 武蔵砂川駅より 約20分
玉川上水ゲート 武蔵砂川駅より 約25分

 

JR立川駅から砂川ゲートまでバス

乗り場 行先 降車
JR立川駅北口 バスターミナル 2番乗り場 ・大山団地折返場 ・西武蔵野 ・東中神駅北口 ・立川駅北口(循環) 昭和記念公園砂川口

 

駐車場

昭和記念公園には3か所の駐車場がありますが、花火大会当日は周辺道路の交通規制や流入車両による混雑、また、花火大会終了後は駐車場から出るにも長い時間がかかり、その後も渋滞しますので自家用車の利用はおすすめしません。

 

 

立川まつり 国営昭和記念公園花火大会 交通規制

立川まつり 国営昭和記念公園花火大会 2023 交通規制

立川まつり 国営昭和記念公園花火大会 2023 交通規制

 

 

昭和記念公園花火大会 多くの観覧客 SNS

 

 

 

 

立川駅の北改札口と南改札口は、19時頃から22時頃まで閉鎖

この時間帯は東改札・西改札へ

 

日本の祭り一覧表|都道府県別・開催月別 参照用

 

  • この記事を書いた人
ubavailable press

uP Japan

イベントとメディア情報(お祭り・花火大会・音楽・テレビ番組) unavailable press Web Japan

-お祭り・花火・伝統行事
-