スポーツ

ニューイヤー駅伝2024 コース・出場チーム|令和6年元日交通規制

04/11/2023

ニューイヤー駅伝2024 コース・出場チーム|令和6年元日交通規制

2023年のニューイヤー駅伝

ニューイヤー駅伝2024|第68回全日本実業団対抗駅伝競走大会

※2024年開催について公式未発表の内容は変更となる場合があります。

名称

第68回全日本実業団対抗駅伝競走大会

愛称

ニューイヤー駅伝2024 in ぐんま

開催日

2024年(令和6年)1月1日(日・祝)

スタート時間

9時15分スタート(予定)

コース概略・区間距離

区間 区間距離 コース概略
1区 12.3 km 県庁前⇒高崎
2区 8.3 km 高崎⇒公田
3区 13.6 km 公田⇒伊勢崎
4区 22.4 km 伊勢崎⇒太田
5区 15.8 km 太田⇒桐生
6区 11.9 km 桐生⇒西久保
7区 15.7 km 西久保⇒県庁前
合計 全長距離100.0 km

中継所

■第1中継所
高崎中継所
高崎市役所
予想通過時刻 9:49

■第2中継所
前橋市公田町中継所
前橋市公田町
予想通過時刻 10:11

■第3中継所
伊勢崎中継所
伊勢崎市役所
予想通過時刻 10:50

■第4中継所
太田中継所
太田市役所
予想通過時刻 11:53

■第5中継所
桐生中継所
桐生市役所
予想通過時刻 12:40

■第6中継所
伊勢崎市西久保町中継所
伊勢崎市西久保町
予想通過時刻 13:14

ニューイヤー駅伝2024 出場チーム

※12月12日時点

東日本

出場枠12+3

参考▶東日本実業団駅伝2023 コース・出場チーム・歴代優勝チーム|11月3日(金・祝)

チーム名 出場回
富士通 4年連続33回目
Honda 40年連続41回目
ロジスティード 12年連続12回目
SUBARU 3年連続23回目
ヤクルト 11年連続44回目
サンベルクス 4年連続6回目
Kao 9年連続61回目
コモディイイダ 5年連続5回目
プレス工業 4年ぶり12回目
埼玉医大グループ 2年連続3回目
富士山の銘水 初出場
NDソフト 3年ぶり3回目
コニカミノルタ 39年連続49回目
JR東日本 6年連続18回目
GMOインターネットグループ 5年連続5回目

北陸

チーム名 出場回
YKK 32年連続34回目

中部

チーム名 出場回
トヨタ自動車 35年連続45回目
トヨタ紡織 27年連続27回目
愛三工業 23年連続23回目
愛知製鋼 2年連続39回目
中央発條 10年連続41回目
NTN 3年連続59回目
トーエネック 12年連続14回目

関西

出場枠5+1

チーム名 出場回
NTT西日本 16年連続59回目
SGホールディングス 29年連続30回目
住友電工 7年連続10回目
大塚製薬 4年連続29回目
大阪府警 2年ぶり11回目
大阪ガス 2年連続11回目

中国

出場枠4

チーム名 出場回
中国電力 32年連続32回目
マツダ 22年連続59回目
中電工 28年連続28回目
JFEスチール 5年連続47回目

九州

出場枠8

チーム名 出場回
黒崎播磨 13年連続36回目
旭化成 38年連続61回目
トヨタ自動車九州 15年連続22回目
九電工 49年連続55回目
安川電機 34年連続46回目
三菱重工 15年連続28回目
ひらまつ病院 3年ぶり5回目
西鉄 3年連続20回目

ニューイヤー駅伝2024 エントリー選手

オーダー表 12月12日発表

ニューイヤー駅伝2024 エントリー選手 オーダー表

Honda(40年連続41回目 優勝2回)

伊藤達彦、田口雅也、松村優樹、木村慎、小山直城、中山顕、青木涼真、川瀬翔矢、小袖 英人、森凪也、丹所健、イェゴン ヴィンセント

富士通(4年連続33回目 優勝3回)

中村匠吾、松枝博輝、横手健、塩尻和也、坂東悠汰、浦野雄平、飯田貴之、椎野修羅、伊豫田達弥、小澤大輝、キメリ ベナード、塩澤稀夕

トヨタ自動車(35年連続45回目、優勝3回)

大石港与、田中秀幸、服部勇馬、西山雄介、丸山竜也、野中優志、山藤篤司、太田智樹、佐藤敏也、内田隼太、田澤廉、 コリル フェリックス

三菱重工(15年連続28回目)

的野遼大、定方俊樹、目良隼人、井上大仁、江島崚太、山下一貴、林田洋翔、吉岡遼人、栗原卓也、近藤亮太、松倉唯斗、キプラガット エマヌエル

SGホールディングス(29年連続30回目)

佐藤悠基、橋爪孝安、村澤明伸、川端千都、鈴木塁人、三上嵩斗、千葉直輝、關颯人、橋本 大輝、竹村拓真、近藤幸太郎、イマヌエル キプチルチル

SUBARU(3年連続23回目)

小山司、口町亮、照井明人、 森田佳祐、梶谷瑠哉、清水歓太、鈴木勝彦、川田裕也、長田 駿佑、キプランガット ベンソン、小指卓也、真船恭輔

中電工(28年連続28回目)

相葉直紀、二岡康平、畑中大輝、東優汰、岡原仁志、尾関大成、三ッ星翔、小林海葵、井上 亮真、梶山林太郎、アモス クルガト

トヨタ紡織(27年連続27回目)

大池達也、西山凌平、聞谷賢人、河村知樹、小野田勇次、下史典、山田滉介、羽生拓矢、小野寺悠、服部大暉、西澤侑真、マル イマニエル

トヨタ自動車九州(15年連続22回目)

今井篤弥、藤曲寛人、大城義己、右田綺羅、志水佑守、山口賢助、牧瀬圭斗、緒方貴典、横田玖磨、河野琉威、出口凜太郎、アントニー マイナ

ロジスティード(12年連続12回目)

※日立物流から4月に社名変更

牟田祐樹、前田将太、小町昌矢、西嶋雄伸、小松陽平、横山徹、細谷翔馬、山谷昌也、富田 峻平、四釜峻佑、藤本珠輝、ギデオン ロノ

Kao(9年連続61回目)

青木優、矢野圭吾、平和真、物江雄利、長谷川柊、池田耀平、大畑怜士、杉山魁声、松岡 竜矢、松本康汰、若林陽大、キサイサ レダマ

黒崎播磨(13年連続36回目)

吉元真司、細谷恭平、土井大輔、田村友佑、長倉奨美、小田部真也、中村優吾、井手翔琉、福谷颯太、前田義弘、田村友伸、シトニック キプロノ

サンベルクス(4年連続6回目)

山下侑哉、岡本雄大、大津顕杜、髙木登志夫、折居卓哉、三田眞司、市山翼、渡邉奏太、市村朋樹、島﨑慎愛、諸星颯大、ギルバート キプロティッチ

旭化成(38年連続61回目、最多25回優勝)

鎧坂哲哉、市田孝、大六野秀畝、村山謙太、相澤晃、齋藤椋、手嶋杏丞、鈴木聖人、井川 龍人、葛西潤、長嶋幸宝、エドウィン キプケモイ

中国電力(32年連続32回目、優勝2回)

岡本直己、兼実省伍、藤川拓也、森宗渚、中島大就、山口和也、池田勘汰、大森太楽、菊地 駿弥、三上雄太、清野太成、コスマス ムワンギ

NTT西日本(16年連続59回目、優勝2回)

小松巧弥、服部弾馬、一色恭志、大塚倭、湊谷春紀、松尾淳之介、石井優樹、小林歩、北﨑 拓矢、櫛田佳希、松崎咲人、ダニエル ディリツ

九電工(49年連続55回目)

東遊馬、中村信一郎、大塚祥平、住吉秀昭、福本真大、赤﨑暁、木付琳、吉岡智輝、ベナード コエチ、山野力、西久保遼、平駿介

愛三工業(23年連続23回目)

石川裕之、藤井寛之、中西玄気、鈴木洋平、東瑞基、富安央、西方大珠、藤井正斗、新家 裕太郎、吉村聡介、フィレモン キプラガット

マツダ(22年連続59回目、優勝2回)

山本憲二、延藤潤、大隅裕介、寺西雅俊、向晃平、有馬圭哉、定方駿、原田宗広、及川瑠音、扇育、木山達哉、ディエマ アイザック

大塚製薬(4年連続29回目)

松本葵、上門大祐、國行麗生、岩佐壱誠、清水颯大、相馬崇史、宮木快盛、橋本尚斗、三浦 拓朗、金橋佳佑、千守倫央、岩佐一楽

住友電工(7年連続10回目)

村本一樹、伊藤和麻、高田康暉、中村祐紀、田村和希、永山博基、阿部弘輝、西川雄一朗、岩見秀哉、加藤淳、𠮷田圭太、上田颯汰

トーエネック(12年連続14回目)

河合代二、小山裕太、竹内大地、中西亮貴、河村一輝、髙畑祐樹、難波天、河合拓巳、野口 雄大、蝦夷森章太、武川流以名、横山魁哉

愛知製鋼(2年連続39回目)

松村和樹、寺内將人、秋山清仁、住田優範、角出龍哉、内藤圭太、坂本佳太、山田泰史、吉原遼太郎、真砂春希、児玉悠輔、マチャリア ディラング

ヤクルト(11年連続44回目)

高宮 祐樹、髙久龍、小椋裕介、武田凜太郎、スタンネリー ワイザカ、奈良凌介、中村大聖、髙橋翔也、𠮷川洋次、鎌田航生、太田直希、宮坂大器

NTN(3年連続59回目)

齋田直輝、坂田昌駿、辻野恭哉、峐下拓斗、小森稜太、水野裕司、源裕貴、横澤清己、宇留田竜希、谷口辰熙、ワンガリ ピーター キブイ

埼玉医科大学グループ(2年連続3回目)

内田健太、長山瑞季、畝歩夢、石綿宏人、木榑杏祐、松井尚希、吉田光汰、木山凌、中園 慎太朗、川田啓仁、小島慎也、ワンブア タイタス

JFEスチール(5年連続47回目)

斉藤翔太、岩田拓海、風岡永吉、大森樹、川平浩之、上坂優太、岩崎大洋、兒玉陸斗、寺嶌 渓一、腰塚遥人、大野陽人、キプランガット ダン

コモディイイダ(5年連続5回目)

稲田翔威、梶原有高、金子晃裕、松村陣之助、ベナード キマニ、横田 佳介、工藤颯、市川 繁貴、杉本将太、九嶋大雅、木田貴大、青木雄貴

中央発條(10年連続41回目)

吉岡幸輝、サイディムサイモン ムシオ、冨田直樹、樋口大介、瀬戸祐希、米田智哉、浅岡 満憲、橋本崚、町田康誠、穴澤友崇

西鉄(3年連続20回目)

久保和馬、甲斐翔太、古賀裕樹、和田照也、河東寛大、津田将希、ニクソン レシア、伊東 大暉、島﨑昇汰、太田黒卓、設楽悠太、設楽啓太

YKK(32年連続34回目)

鈴木大貴、細森大輔、森山真伍、内田光、吉井龍太郎、小島優作、荻原陸斗、丸山幸輝、綱島辰弥、東山静也、金田龍心、ロロット アンドリュー

プレス工業(4年ぶり12回目)

稲毛悠太、赤平大輔、小澤勇斗、滋野聖也、藤江千紘、橋本龍一、砂田晟弥、熊谷真澄、落合葵斗、ローレンス グレ、大川歩夢、坂本健悟

富士山の銘水(初出場)

才記壮人、芹澤昭紀、竹内颯、坪井海門、湯本樹、小林竜也、佐藤颯、篠原楓、辻野大輝、吉村陸、吉本光希、キサルサク エドウィン

NDソフト(3年ぶり3回目)

光武洋、竹内竜真、厚浦大地、前山晃太郎、大倉秀太、下條乃將、中野魁人、鈴木太基、澤藤響、ボニフェイス ムルア、江口清洋、戸田夏輝

大阪府警(2年ぶり11回目)

米田大輝、谷原先嘉、永信明人、源康介、藤山悠斗、比夫見将吾、川田信、大坂祐輝、沖見 史哉

安川電機(34年連続46回目)

大畑和真、古賀淳紫、加藤風磨、岡田浩平、鈴木雄太、新郷幸聖、合田椋、漆畑瑠人、佐藤 俊輔、鈴木創士、笠原大輔、マゴマ ベヌエル・モゲニ

ひらまつ病院(3年ぶり5回目)

上田結也、栃木渡、永戸聖、荻久保寛也、福田穣、上村直也、松本凜太郎、片山拓海、飯野 汰一、小林史弥、イェネブロ ビヤゼン、金子元気

コニカミノルタ(39年連続49回目、8回優勝)

蜂須賀源、大山憲明、米満怜、ジェームス ムオキ、名取燎太、星岳、宮下隼人、川口慧、砂岡拓磨、島貫温太、柏優吾、廣澤優斗

JR東日本(6年連続18回目)

片西景、米井翔也、竹井祐貴、黒川翔矢、其田健也、武藤健太、作田直也、作田将希、曽根 雅文、中山雄太、横田俊吾、ムトゥク デニス

GMOインターネットグループ(5年連続5回目)

大迫傑、村山紘太、渡邉利典、下田 裕太、森田歩希、吉田祐也、今江勇人、千明龍之佑、小野知大、嶋津雄大、岸本大紀、クロップ ジャコブ

大阪ガス(2年連続11回目)

廣瀨大貴、辻横浩輝、籔下響大、岩﨑祐也、坂東剛、辻村公佑、中村友哉、西研人、井上大輝、髙畑凌太、堀畑佳吾、目片将大

コースMAP・交通規制

※2023年開催分。2024年のコースMAP・交通規制図は発表後掲載します。

ニューイヤー駅伝2024 コース・出場チーム|令和6年元日交通規制

歴代優勝チーム

回数 開催日 場所 距離 参加
チーム数
1位 2位 3位
第1回 1957年3月3日 伊勢 83.5 km 14 八幡製鐵
4時間27分58秒
旭化成
4時間32分11秒
国鉄
4時間37分11秒
第2回 1958年3月2日 15 リッカーミシン
4時間28分21秒
八幡製鐵
4時間33分02秒
全鐘紡
4時間38分25秒
第3回 1959年3月1日 14 リッカーミシン
4時間27分56秒
八幡製鐵
4時間30分57秒
東洋ベアリング
4時間36分14秒
第4回 1960年2月21日 15 八幡製鐵
4時間30分11秒
東洋ベアリング
4時間31分43秒
明治製菓
4時間39分14秒
第5回 1960年12月18日 17 リッカーミシン
4時間25分23秒
東京急行
4時間30分17秒
倉敷レーヨン
4時間32分17秒
第6回 1961年12月17日 83.6 km 19 東急
4時間25分35秒
リッカーミシン
4時間28分10秒
八幡製鐵
4時間28分11秒
第7回 1962年12月16日 16 八幡製鐵
4時間16分04秒
東急
4時間19分27秒
倉敷レーヨン
4時間22分53秒
第8回 1963年12月15日 19 東急
4時間16分13秒
旭化成
4時間18分37秒
東洋工業
4時間19分11秒
第9回 1964年12月20日 18 旭化成
4時間13分28秒
八幡製鐵
4時間14分34秒
東急
4時間14分37秒
第10回 1965年12月19日 21 旭化成
4時間14分21秒
東急
4時間15分13秒
八幡製鐵
4時間15分25秒
第11回 1966年12月18日 83.0 km 23 旭化成
4時間15分44秒
倉敷レーヨン
4時間16分40秒
リッカー
4時間17分04秒
第12回 1967年12月17日 26 電電中国
4時間14分57秒
倉敷レーヨン
4時間15分21秒
九州電工
4時間15分51秒
第13回 1968年12月22日 24 旭化成
4時間11分45秒
八幡製鐵
4時間13分15秒
東洋ベアリング
4時間13分30秒
第14回 1969年12月21日 23 東洋工業
4時間08分11秒
旭化成
4時間08分23秒
電電中国
4時間08分55秒
第15回 1970年12月20日 99.4 km 電電中国
5時間00分59秒
旭化成
5時間02分30秒
リッカー
5時間02分40秒
第16回 1971年12月19日 25 東洋工業
5時間02分08秒
全鐘紡
5時間03分57秒
クラレ
5時間04分21秒
第17回 1972年12月17日 26 クラレ
4時間58分10秒
東洋工業
4時間58分54秒
旭化成
4時間59分03秒
第18回 1973年12月16日 99.0 km 旭化成
5時間06分47秒
新日鉄
5時間06分53秒
東洋工業
5時間06分54秒
第19回 1974年12月15日 25 鐘紡
5時間01分42秒
旭化成
5時間05分47秒
神戸製鋼
5時間05分47秒
第20回 1975年12月21日 25 旭化成
4時間58分48秒
鐘紡
4時間59分05秒
リッカー
4時間59分24秒
第21回 1976年12月19日 27 鐘紡
4時間58分42秒
旭化成
5時間02分05秒
神戸製鋼
5時間03分35秒
第22回 1977年12月18日 鐘紡
5時間00分10秒
九州電工
5時間02分40秒
旭化成
5時間03分07秒
第23回 1978年12月17日 旭化成
5時間00分09秒
鐘紡
5時間03分35秒
新日鉄
5時間05分55秒
第24回 1979年12月16日 28 旭化成
4時間57分15秒
九州電工
5時間03分12秒
リッカー
5時間04分16秒
第25回 1980年12月21日 26 旭化成
4時間56分00秒
神戸製鋼
5時間00分56秒
リッカー
5時間03分56秒
第26回 1981年12月20日 28 旭化成
4時間59分18秒
鐘紡
5時間01分38秒
リッカー
5時間02分06秒
第27回 1982年12月19日 旭化成
4時間56分42秒
鐘紡
4時間57分07秒
神戸製鋼
5時間00分48秒
第28回 1983年12月18日 旭化成
4時間57分11秒
神戸製鋼
4時間59分08秒
鐘紡
5時間00分48秒
第29回 1984年12月16日 30 エスビー食品
4時間48分32秒
旭化成
4時間54分46秒
日産自動車

4時間56分45秒

第30回 1985年12月15日 29 エスビー食品
4時間54分30秒
日産自動車
4時間56分46秒
九州電工
5時間03分33秒
第31回 1986年12月21日 彦根市 84.4 km 30 エスビー食品
4時間04分01秒
旭化成
4時間07分39秒
日産自動車
4時間08分55秒
第32回 1988年1月1日 群馬 84.9 km 27 エスビー食品
4時間05分45秒
日産自動車
4時間07分40秒
旭化成
4時間09分32秒
第33回 1989年1月1日 86.3 km 25 日産自動車
4時間14分52秒
旭化成
4時間16分53秒
日本電気HE
4時間19分26秒
第34回 1990年1月1日 24 旭化成
4時間13分52秒
九州電工
4時間14分51秒
日産自動車
4時間16分16秒
第35回 1991年1月1日 25 旭化成
4時間10分04秒
日産自動車
4時間13分20秒
本田技研埼玉
4時間13分55秒
第36回 1992年1月1日 26 旭化成
4時間08分24秒
九電工
4時間12分24秒
安川電機
4時間13分30秒
第37回 1993年1月1日 32 旭化成
4時間10分50秒
九電工
4時間14分22秒
本田技研工業
4時間15分33秒
第38回 1994年1月1日 旭化成
4時間14分21秒
本田技研工業
4時間18分22秒
鐘紡
4時間18分38秒
第39回 1995年1月1日 37 旭化成
4時間15分02秒
鐘紡
4時間17分00秒
エスビー食品
4時間17分05秒
第40回 1996年1月1日 鐘紡
4時間14分33秒
旭化成
4時間14分34秒
エスビー食品
4時間19分29秒
第41回 1997年1月1日 旭化成
4時間07分54秒
エスビー食品
4時間07分57秒
ダイエー
4時間12分00秒
第42回 1998年1月1日 旭化成
4時間06分28秒
エスビー食品
4時間06分43秒
ダイエー
4時間10分07秒
第43回 1999年1月1日 86.4 km 旭化成
4時間11分34秒
エスビー食品
4時間12分24秒
中国電力
4時間14分54秒
第44回 2000年1月1日 富士通
4時間12分07秒
旭化成
4時間12分45秒
NEC
4時間15分37秒
第45回 2001年1月1日 100.0 km コニカ
4時間49分44秒
富士通
4時間50分59秒
中国電力
4時間53分25秒
第46回 2002年1月1日 コニカ
4時間45分32秒
中国電力
4時間46分21秒
日清食品
4時間49分38秒
第47回 2003年1月1日 コニカ
4時間44分48秒
日清食品
4時間47分02秒
中国電力
4時間47分11秒
第48回 2004年1月1日 中国電力
4時間47分03秒
コニカミノルタ
4時間49分05秒
日清食品
4時間50分35秒
第49回 2005年1月1日 コニカミノルタ
4時間48分57秒
中国電力
4時間49分44秒
日清食品
4時間50分41秒
第50回 2006年1月1日 43 コニカミノルタ
4時間44分54秒
中国電力
4時間45分53秒
富士通
4時間46分52秒
第51回 2007年1月1日 37 中国電力
4時間47分02秒
旭化成
4時間47分53秒
日清食品
4時間48分16秒
第52回 2008年1月1日 コニカミノルタ
4時間46分28秒
中国電力
4時間49分45秒
Honda
4時間49分56秒
第53回 2009年1月1日 富士通
4時間51分55秒
日清食品グループ
4時間51分56秒
旭化成
4時間51分56秒
第54回 2010年1月1日 日清食品グループ
4時間50分07秒
コニカミノルタ
4時間50分36秒
富士通
4時間51分37秒
第55回 2011年1月1日 トヨタ自動車
4時間51分56秒
富士通
4時間51分57秒
日清食品グループ
4時間52分05秒
第56回 2012年1月1日 日清食品グループ
4時間49分32秒
コニカミノルタ
4時間50分52秒
旭化成
4時間51分16秒
第57回 2013年1月1日 コニカミノルタ
4時間51分32秒
トヨタ自動車九州
4時間55分24秒
カネボウ
4時間55分25秒
第58回 2014年1月1日 コニカミノルタ
4時間53分35秒
トヨタ自動車九州
4時間54分59秒
日清食品グループ
4時間56分48秒
第59回 2015年1月1日 トヨタ自動車
4時間51分41秒
コニカミノルタ
4時間53分20秒
日清食品グループ
4時間55分00秒
第60回 2016年1月1日 43 トヨタ自動車
4時間52分15秒
コニカミノルタ
4時間52分36秒
トヨタ自動車九州
4時間53分32秒
第61回 2017年1月1日 37 旭化成
4時間49分55秒
トヨタ自動車
4時間51分02秒
トヨタ自動車九州
4時間52分18秒
第62回 2018年1月1日 旭化成
4時間52分18秒
Honda
4時間54分30秒
トヨタ自動車
4時間54分39秒
第63回 2019年1月1日 旭化成
4時間51分27秒
MHPS
4時間51分31秒
トヨタ自動車
4時間52分34秒
第64回 2020年1月1日 旭化成
4時間46分07秒(大会記録)
トヨタ自動車
4時間48分36秒
Honda
4時間49分30秒
第65回 2021年1月1日 36 富士通
4時間48分52秒
トヨタ自動車
4時間49分55秒
旭化成
4時間50分32秒
第66回 2022年1月1日 37 Honda
4時間51分04秒
SUBARU
4時間52分09秒
旭化成
4時間52分47秒
第67回 2023年1月1日 Honda
4時間48分06秒
富士通
4時間48分52秒
トヨタ自動車
4時間50分10秒

一般社団法人 日本実業団陸上競技連合

JAAF 日本陸上競技連盟

  • この記事を書いた人
ubavailable press

uP Japan

イベントとメディア情報(お祭り・花火大会・音楽・テレビ番組) unavailable press Web Japan

-スポーツ
-