TV

『明石家サンタ2023』12月24日(日)深夜生放送 今年の「寂しい話」募集

05/11/2023

『明石家サンタ2024』12月24日(日)深夜生放送 今年の「寂しい話」募集を開始

聖夜に不幸話で大爆笑!今年も芸能界で話題になったあの有名人・あの選手からも生電話!?豪華賞品が当たる不幸話電話を生放送で大募集。怒涛の2時間生放送!!

明石家さんま&八木亜希子司会でおなじみの『明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー2023』。今年1年間に身の回りで起こった“寂しい話”を生放送中に大募集!明石家サンタ、八木が予測不能、笑いっぱなしの2時間生放送で聖なる夜を盛り上げる!

明石家サンタ史上最大のクリスマスプレゼントショー2023

『明石家サンタ2023』の放送と「今年一年間に身の回りで起こった寂しい話」の募集開始がフジテレビから発表されました。

昨年はいつものクリスマスイブではなく、1日遅れの12月25日のクリスマス当日深夜に放送。イブの夜に楽しみにしていたファンから「明石家サンタ見るために毎年24日の夜空けてるのに、暇になっちゃったじゃないか!」「イブに明石家サンタがなかったことが不幸話筆頭になっちゃうんじゃないか」などと話題となりましたが、今年は例年通りの「イブ」放送です。

今年の放送は、1990年12月25日の「明石家サンタの史上最大のプレゼントショー」から数えて39回目となります。

 

放送日時

2023年12月24日(日)

24時50分〜26時50分予定

※『全日本フィギュアスケート選手権2023』中継により放送時間が繰り下がる可能性があります。

予定を追加 ▶ 『明石家サンタ2023』12月24日(日)深夜生放送 今年の「寂しい話」募集

 

司会

明石家さんま

八木亜希子

 

出演

村上ショージ

松尾伴内

木田優夫

■スタッフ
総合演出
三宅恵介 

チーフプロデューサー
渡辺俊介

 

明石家サンタ2023 「今年一年間に身の回りで起こった寂しい話」募集

今年も、明石家さんま&八木亜希子司会でおなじみの「明石家サンタ史上最大のクリスマスプレゼントショー2023」を生放送でお送りします。

番組ではクリスマスにひとり寂しくしているあなたの「今年一年間に身の回りで起こった寂しい話」を募集し、採用された方には明石家サンタから電話があります。

より寂しい出来事には豪華プレゼントを差し上げます。

応募方法

ハガキに、寂しい出来事の

 内容・住所・氏名・年齢・職業・電話番号を明記の上

〒119-0188
 フジテレビ 「明石家サンタ」係

          までハガキ郵送でお送りください。

締め切り:2023年12月20日(水) 消印有効

※ご応募いただいた情報の取り扱いについては、 『利用目的』をご覧下さい。

 

『明石家サンタ2023』12月24日(日)深夜生放送

©フジテレビ

 

昨年の明石家サンタ史上最大のクリスマスプレゼントショー2022

「全日本フィギュアスケート選手権2022」が12月22日(木)~25日(日)までフジテレビで放送のため、「明石家サンタ」の放送が例年の「イブ」深夜から、25日のクリスマス当日深夜に変更された。26日未明の放送は30年ぶり、25日以外の放送は1996年12月28日以来26年ぶり。

 

放送日時

2022年12月25日(日)

24時50分~26時50分

 

番組内容

聖夜に不幸話で大爆笑!今年も芸能界で話題になったあの有名人・あの選手からも生電話!?豪華賞品が当たる不幸話電話を生放送で大募集▽怒涛の2時間生放送!!

明石家さんま&八木亜希子の司会でおなじみの『明石家サンタ史上最大のクリスマスプレゼントショー2022』を、今年はクリスマス当日、12月25日(日)24時45分より生放送でお届け!さんまサンタ、八木サンタが予測不能、笑いっぱなしの2時間生放送で聖なる夜を盛り上げる!

番組では、事前にはがき、または当日に電話で視聴者から“今年1年間に身の回りで起こった不幸な話”を募集。さんまが投稿者本人に電話をかけて直接トークをし、不幸話の内容が合格すると、豪華賞品をプレゼント。

強烈な個性の一般視聴者の方が登場したり、超人気芸能人が突如電話をかけてきたりと誰も予測できない展開が待ち受ける!

今年はどんなサプライズが起こるのか!?お見逃しなく!

 

司会

明石家さんま

八木亜希子

 

出演

村上ショージ

松尾伴内

木田優夫

 

芸能界からの「寂しい話」お電話

■岸健之助(ネルソンズ)
『さんまのお笑い向上委員会』で行った「不幸話グランプリ」で、最も面白い不幸話をした芸人に選ばれた。不幸話は「電車に乗っていると小学生がネルソンズの動画を見ているので、覗き見るとその子から「ネルソンズ知ってる?」と話しかけてきたので「知ってるよ」と答え、「名前分かる?」と青山フォール勝ち・和田まんじゅうと指さしてきたので答えたら、自分を指した際に「こいつむずいよ」と言ってきた」。レグザの55V型有機ELテレビを獲得。

■柿澤勇人
この年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に源実朝役で出演したものの、最大の見せ場となった実朝が暗殺される第45回「八幡宮の階段」(11月27日放送)が『2022 FIFAワールドカップ 日本対コスタリカ戦』(テレビ朝日)と被ってしまい作品で一番低い視聴率になった。また、登場して間もない頃に歩き巫女を演じた大竹しのぶの熱演が話題となって、自分に関する話題が食われてしまった。この時八木が大竹の演技のものまねをしたことでさんまに受け合格。スノーボードセットを獲得。

柿澤勇人「明石家サンタ」大竹しのぶにまつわる不幸話?で合格の鐘 賞品にネット爆笑「よりにもよって」

 

ハガキ応募「寂しい話」

     
女性
50代
息子とバスツアーで岐阜に。川にいた白鳥を見て一人騒いでいたら、息子に「お母さんそれレジ袋やで」と言われた。 合格
女性
40歳
プチ同窓会で初恋の元彼と再会。しかし結婚できない壁があった。元彼の名字が「オオバ」、自分の名前が「カナコ」で「大バカな子」となってしまうため。 合格
男性
50歳
原付バイクで通勤の帰りに国道の交差点で暴走族に出くわす。ついてくるのでとっさに横の小道に逃げ込んだら一方通行だったため、逆走の取り締まりで待ち構えていた警察に捕まってしまった。 不合格
女性
34歳
車が好きな息子と散歩していたらパトカーが通りかかったので手を振ったら、後部座席に無銭飲食で逮捕された夫が座っていた。 合格
女性
40歳
不倫を繰り返していた父が亡くなったので、生前働いていた葬儀場に葬儀を依頼したところ、納棺の時に女性スタッフが父の頬をさすりながらつぶやく場面を目撃。不倫相手の一人だと察するも以降そのスタッフの詳細が不明。遺品整理したら大人のおもちゃが大量に出てきて処分に苦慮している。 合格
女性
40代
実家近くの人から「お父さんが大変なことになっている」と連絡を受けて駆けつけると警察や消防が出動する騒ぎに。見れば屋根の上に全裸でスポンジのみ持った父の姿。入浴中風呂場のドアの鍵が壊れたため、小窓から脱出し屋根の上にあがったものの、通りがかった人に助けを求めたところ変質者と思われ通報された。パンツを投げて履くよう促すも「他人の履いたのは嫌」と拒否。以来恥ずかしくて実家に帰ることができない。 合格
男性
35歳
ネットを見ていると漫画の広告が目に入り、漫画家の元彼女による絵柄だったので読んでみると、自分との性体験での自分の特殊な性癖(元彼女のムダ毛処理中に飛びついた)が描かれていたが、自分が不細工に描かれ、さらにコメントでは「気持ちよくなかった」と数年ぶりにダメ出しされた。 合格
男性
60歳
毛深いので家庭用脱毛器を買って使っていたところ、髭の処理をした際に出力が最大だったためやけどして痕が黒くなった。職場で近い世代に「鬼瓦権造みたい」と言われたところ、そのネタを知らない世代の新入社員から「鬼瓦部長」「権造さん」と呼ばれるようになってしまった。 合格
女性
25歳
誕生日にプロポーズされ、婚約指輪をもらうも、むくんでいたときに指のサイズを測ったため指輪が緩くてあわない。そのままつけていたら会社のトイレに落とし、自動水洗で流れて行ってしまった。翌年7月に結婚予定なのにこのことを彼に言えていない。ショージが色づけしただるまとショージの別荘招待券を獲得。 合格
女性
50代
木田とともにシアトルで日本食レストランを経営。1月にシアトルでコロナを発端にした暴動が起き自分たちの店も巻き込まれ、店をボロボロにされたばかりか店内の備品も略奪された。 不合格
女性
27歳
健康上の理由で6年前に大分に引っ越したことで、この番組が見られない状態に。6年間ネットでの実況を見て番組の様子を追っている。テレビ大分に何度も要望を出しても聞き入れてくれない。 合格
男性
40歳
11月に職場の工場で緊急招集がかかり、社長から翌年1月に廃業することを告げられる。勤務先はニュースにもなった佐久間製菓で、報道があった11月9日は自分の40歳の誕生日だった。転職先も現在決まっていない。 合格
男性
30歳
結婚5年目の妻の携帯電話を見たところ、自分の登録名が「靴べら」だった。妻からアインシュタインの稲田直樹に似ていると言われており、テレビに稲田が映るとネタにされてしまう。 合格

 

明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー

『明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー』(あかしやサンタのしじょうさいだいのクリスマスプレゼントショー)は、フジテレビ系列で1990年12月25日から毎年クリスマスの深夜(あるいは近い時期)に特別番組として生放送されるバラエティ番組で、司会を務めている明石家さんまの冠番組である。通称『明石家サンタ』。

1990年代前半に数回だけ、『明石家サンタの史上最大の春(もしくは夏)のプレゼントショー』と題して春と夏にも放送されたことがあるほか、1994年には大晦日に放送された。1997年からは、毎年12月25日(クリスマス)未明(24日〈クリスマス・イヴ〉深夜)に放送されているが、2022年は12月26日未明(25日深夜)に放送された。

 

番組開始当初

『明石家サンタの史上最大のプレゼントショー』は、番組開始当初の1991年に「“春なのに”編」「“梅雨入り”編」「“今はもう秋”編」、92年に「“また春なのに”編」「“まだ夏なのに”編」、94年に「 “大晦日なのに…”編」、96年に「“正月なのに…”編」が放送された。

 

八木亜希子さんの欠席

2019年12月25日、令和初の放送回で八木亜希子さんが番組開始後初めての「欠席」。代役は中野美奈子アナウンサー。

八木亜希子さんはこの年、体調不良のため休養されることを発表。

八木亜希子さんが休養発表…女性に多い「線維筋痛症」(イット!)

 

マツコ・デラックスのラーメン

2014年、翌年1月放送の「ヨルタモリ」ゲスト出演の収録終了後、「明石家サンタ」の放送を知りスタジオに4時間居残る。光浦靖子が賞品を引き当てた直後に突然賞品ブースに登場し、サンタガールに混じり「アシスタント」としてエンディングまでスタジオに陣取っていた。2015年もサンタガールに混じって出演。
2016年以降は、マツコ主演による生中継形式の数十秒程度の無声ドラマがCM明けに流れており、1年目の2016年のみ、エンディングにスタジオに到着し、司会者左横の窓ガラスをトントンと鳴らしたあと司会2人をじっと見ている、というオチがついた。BGMにはエディット・ピアフが歌う愛の賛歌が用いられている。
毎年、病院の病室から抜け出したり船の上から落ちるなどのシチュエーションの後に深夜のラーメン店へ辿り着いたマツコが独り豪快にラーメンを食べるシーンが恒例になっていたが、2020年10月31日にロケ地の「よってこやお台場店」が閉店。同年の放送は、CM明け毎に過去放送したマツコがラーメンを食べるシーンの映像が流れ、最後は閉店のお知らせの張り紙が映し出された後、独り寂しく旅立って行くマツコの姿を中継し「fin」という文字が画面いっぱいに映し出され締めくくられた。

 

※2023年募集開始画像クレジット11月1日

 

  • この記事を書いた人

Yuki M.

東京都内居住です。大学卒業後某テレビ局でドラマ担当。フリーのイベンター兼ライター。無類のお祭り好き。

-TV
-