音楽

FNS歌謡祭2023 第1夜12月6日・第2夜12月13日出演一覧

2023/10/30

FNS歌謡祭2023

FNS歌謡祭2022

FNS歌謡祭2023 出演者第2弾発表で全99組に

このページでは、毎年、年末恒例の『FNS歌謡祭』について、公式発表や出場歌手・司会者・番組企画、ニュースなどについてとりまとめて掲載しています。

今年のFNS歌謡祭の放送は、11月22日(水)午前6時、放送決定と出演者第1弾90組、司会者の情報が解禁され、発表されました。

『FNS歌謡祭』は、フジテレビ系列(FNS)で1974年から毎年12月に放送される年末の大型音楽番組です。

2015年の第44回FNS歌謡祭以降、第1夜と第2夜の2週連続で放送されています。また、第40回以降はすべて「水曜日」の放送となっています。

昨年2022年のFNS歌謡祭第1夜は、3年ぶりにグランドプリンスホテル新高輪「飛天」から生放送されました。

2023年の今年、第52回目の開催を迎えます。

項目数が多いため、左下の「目次」ボタンをご利用いただくと便利です。

 

放送日時

■第1夜
2023年12月6日(水)
午後6時30分~午後11時28分

■第2夜
2023年12月13日(水)
午後6時30分~午後11時03分

2夜合計で9時間半超の生放送

FNS歌謡祭公式サイト

 

インターネット配信

■TVer同時配信
2023 FNS歌謡祭 第1夜【2週連続生放送!計9時間半 音楽の祭典】

 

司会

相葉雅紀(嵐)
2019年の第48回FNS歌謡祭以降、連続5回目

井上清華アナウンサー(永島優美アナウンサーは産休でお休み)

フジテレビは10月27日の定例記者会見で、今年のFNS歌謡祭について「『FNS歌謡祭』については相葉雅紀さんに司会をお願いしました。」と発表しました。

昨年2022年は、11月16日に「放送日時」「司会者」「出演アーティスト第1弾」が発表されました。

 

 

会場

今年の第1夜は、フジテレビのスタジオと同局内各所からの中継となりました。

※『FNS歌謡祭』は長年にわたり東京・品川のグランドプリンスホテル新高輪「飛天」から生放送。飛天からの放送は2020年と21年見送り。2022年、3年ぶりに復活していた。

 

FNS歌謡祭直前SP

第1夜・第2夜の見どころを徹底解説!

■12月4日(月)24時25分~24時35分
進行
相葉雅紀、井上清華(フジテレビアナウンサー) 

インタビュー
JO1、BE:FIRST、ミュージカル『チャーリーとチョコレート工場』カンパニー(堂本光一、観月ありさ、小堺一機)、仲宗根梨乃(ダンス企画)

■12月5日(火)24時25分~24時35分
進行
相葉雅紀、井上清華(フジテレビアナウンサー)

インタビュー
井上芳雄、SEVENTEEN、乃木坂46、松下洸平、仲宗根梨乃(ダンス企画)

 

タイムテーブル

FNS歌謡祭2023 第1夜タイムテーブル12月6日(水)

FNS歌謡祭2023第2夜タイムテーブル12月13日(水)

昨年2022年同様、第1夜・第2夜共に放送当日午前5時情報解禁

 

出演者・アーティスト

た出演者・アーティスト一覧

※12月6日現在

第1夜 12月6日(水)

AI
adieu
Ado
石崎ひゅーい
井上芳雄
ウマ娘(スペシャルウィーク役:和氣あず未、トウカイテイオー役:Machico、ウオッカ役:大橋彩香、ダイタクヘリオス役:山根綺、サトノダイヤモンド役:立花日菜、キタサンブラック役:矢野妃菜喜、シンボリクリスエス役:春川芽生)
EIKO(上白石萌歌)
海宝直人
ガチャピン・ムック
関ジャニ∞
木梨憲武
King Gnu
工藤静香
ClariS
K(&TEAM)
劇団四季『アナと雪の女王』
郷 ひろみ
三代目 J SOUL BROTHERS
JO1
ジェジュン
GENERATIONS
柴咲コウ
渋谷凪咲 with ダイアン、かまいたち、見取り図
JUJU
女王蜂
SUPER BEAVER
Snow Man
SEVENTEEN
DA PUMP
DISH//
所 ジョージ
NiziU
乃木坂46
浜崎あゆみ
ハライチ
坂東玉三郎
BE:FIRST
ヒロミ
福山雅治
松下洸平
松任谷由実
三浦大知
水樹奈々
宮野真守
ミュージカル『チャーリーとチョコレート工場』カンパニー(堂本光一、観月ありさ、小堺一機)
森高千里
薬師丸ひろ子
優里
ゆず
LA DIVA(森山良子、平原綾香、新妻聖子、サラ・オレイン)
LE SSERAFIM
LUNA SEA

第2夜 12月13日(水)

INI
aiko
新しい学校のリーダーズ
ano
生田絵梨花
=LOVE
ウルトラズ(ジャルジャル:福徳秀介、アイロンヘッド:辻井亮平、クロスバー直撃:渡邊センス)
ウルフルズ
AKB48
ENHYPEN
GACKT
ガチャピン・ムック
上白石萌音
キタニタツヤ
KinKi Kids
King Gnu
Creepy Nuts
櫻坂46
さだまさし
THE RAMPAGE
THE ALFEE
スキマスイッチ
SixTONES
SEKAI NO OWARI
Da-iCE
高嶺のなでしこ
竹内涼真
TUBE
DOZAN11(三木道三)
Night Tempo
仲宗根 泉(HY)
ハローキティ
羊文学
広瀬香美
福山雅治
フジコーズ
FRUITS ZIPPER
宝鐘マリン
僕が見たかった青空
マカロニえんぴつ
三浦大知
Mrs. GREEN APPLE
milet
モーニング娘。’23
ももいろクローバーZ
山崎育三郎(ミュージカル『トッツィー』カンパニー)
ゆず
Liella!
Little Glee Monster
緑黄色社会

 

出演者・アーティスト第2弾発表

※12月4日発表

第1夜 12月6日(水)

Ado
K(&TEAM)
松任谷由実

 

第2夜 12月13日(水)

ウルトラズ(ジャルジャル:福徳秀介、アイロンヘッド:辻井亮平、クロスバー直撃:渡邊センス)
ウルフルズ
高嶺のなでしこ
竹内涼真
フジコーズ(※12月2日のオールナイトフジコ内で発表)
モーニング娘。’23

 

出演者・アーティスト第1弾発表

※11月22日発表

■第1夜 12月6日(水)

AI
adieu
石崎ひゅーい
井上芳雄
ウマ娘(スペシャルウィーク役:和氣あず未、トウカイテイオー役:Machico、ウオッカ役:大橋彩香、ダイタクヘリオス役:山根綺、サトノダイヤモンド役:立花日菜、キタサンブラック役:矢野妃菜喜、シンボリクリスエス役:春川芽生)
EIKO(上白石萌歌)
海宝直人
ガチャピン・ムック
関ジャニ∞
木梨憲武
King Gnu
工藤静香
ClariS
劇団四季『アナと雪の女王』
郷ひろみ
三代目 J SOUL BROTHERS
JO1
ジェジュン
GENERATIONS
柴咲コウ
渋谷凪咲 with ダイアン、かまいたち、見取り図
JUJU
女王蜂
SUPER BEAVER
Snow Man
SEVENTEEN
DA PUMP
DISH//
所ジョージ
NiziU
乃木坂46
浜崎あゆみ
ハライチ
坂東玉三郎
BE:FIRST
ヒロミ
福山雅治
松下洸平
三浦大知
水樹奈々
宮野真守
ミュージカル『チャーリーとチョコレート工場』カンパニー(堂本光一、観月ありさ、小堺一機)
森高千里
薬師丸ひろ子
優里
ゆず
LA DIVA(森山良子、平原綾香、新妻聖子、サラ・オレイン)
LE SSERAFIM
LUNA SEA
ほか ※50音順

 

第2夜 12月13日(水)

INI
aiko
新しい学校のリーダーズ
ano
生田絵梨花
=LOVE
AKB48
ENHYPEN
GACKT
ガチャピン・ムック
上白石萌音
キタニタツヤ
KinKi Kids
King Gnu
Creepy Nuts
櫻坂46
さだまさし
THE RAMPAGE
THE ALFEE
スキマスイッチ
SixTONES
SEKAI NO OWARI
Da-iCE
TUBE
DOZAN11(三木道三)
NightTempo
仲宗根泉(HY)
ハローキティ
羊文学
広瀬香美
福山雅治
FRUITS ZIPPER
宝鐘マリン
僕が見たかった青空
マカロニえんぴつ
三浦大知
Mrs. GREEN APPLE
milet
ももいろクローバーZ
山崎育三郎(ミュージカル『トッツィー』カンパニー)
ゆず
Liella!
Little Glee Monster
緑黄色社会
ほか ※50音順

 

企画内容

第1夜

■人間国宝で歌舞伎界の女形最高峰、坂東玉三郎さんの初出演が決定。ミュージカル界の“プリンス”海宝直人とコラボレーションを披露

■デビュー25周年 浜崎あゆみFNSヒストリー&名曲披露

■『ぽかぽか』のMCを務めるハライチの初出演が決定。DA PUMPとコラボレーション

■世界的で活躍するパフォーマンスディレクター・仲宗根梨乃監修によるダンス企画を第1夜に出演するアーティストを中心とした選抜メンバーで一夜限りのスペシャルパフォーマンス
メンバー発表(12月4日)
三代目 J SOUL BROTHERS EXILE NAOTO
DA PUMP KENZO
GENERATIONS 中務裕太
Snow Man ラウール
JO1 川尻蓮
BE:FIRST SOTA
&TEAM K

■SEVENTEENは、東京・味の素スタジアムの特設ステージから橋本環奈主演ドラマ『トクメイ!警視庁特別会計係』主題歌「今 -明日 世界が終わっても-」を披露

■名物企画「リスペクト!カバー」では、森山良子、平原綾香、新妻聖子、サラ・オレインによるコーラスユニット・LA DIVAが、YOASOBIの「アイドル」をカバー

■柴咲コウは自身も出演した映画『世界の中心で、愛をさけぶ』の主題歌、平井堅の「瞳をとじて」をテレビ初披露

■初出演となるClariS、BE:FIRSTのほか、JUJU、ジェジュン、渋谷龍太(SUPER BEAVER)、adieu、NiziUらが誰もが知る名曲をカバー予定

■ディズニー特集。井上芳雄が『ライオン・キング』の「サークル・オブ・ライフ」を、水樹奈々と宮野真守が『塔の上のラプンツェル』の「輝く未来」

■劇団四季のディズニーミュージカル『アナと雪の女王』の名シーンを東京・竹芝のJR東日本四季劇場[春]からテレビ初披露

■大ヒットミュージカル『チャーリーとチョコレート工場』からは主演の堂本光一、観月ありさ、小堺一機ら豪華キャストが帝国劇場より、壮大でファンタジックな世界観をそのままに中継

■郷ひろみ&水樹奈々「How many いい顔」

■薬師丸ひろ子 ミュージカル『アニー』の名曲「トゥモロー」

■木梨憲武が所ジョージ、ヒロミと共に、所ジョージ作詞作曲のあの曲を披露

■工藤静香は宮野真守と共にフジテレビ系アニメ『ドラゴンボールGT』(1996~97年)のエンディングテーマ「Blue Velvet」

■森高千里はガチャピン・ムックと共に『ポンキッキーズ』の初代オープニングテーマ「ロックン・オムレツ」

 

第2夜

■2024年に50周年を迎えるハローキティの初出演が決定。同じくデビュー50周年のTHE ALFEEと異色コラボ!

■VTuberの宝鐘マリンの初出演が決定

■ディズニー最新作『ウィッシュ』で日本版声優を務める生田絵梨花が劇中歌を披露

■デビュー50周年のさだまさしが、三浦大知とコラボ

■Mrs. GREEN APPLEは、男子日本代表のパリ五輪出場が決まった『ワールドカップバレー2023』の応援ソング「ANTENNA」と、今年大ヒットした「ケセラセラ」の2曲

■ENHYPENは、発売当日に韓国でミリオンセラーを達成した最新アルバムから「Sweet Venom」を日本初披露

 

2夜連続出演

■福山雅治は2夜連続出演で、第1夜で映画のために書き下ろした主題歌、第2夜で名曲メドレーを披露

■ゆずは第1夜でJO1と、第2夜は櫻坂46とコラボ

■King Gnuは第1夜で菅田将暉主演映画『ミステリと言う勿れ』主題歌「硝子窓」を、第2夜では大ヒットアニメのオープニングソングを披露

 

曲目・セットリスト

12月4日時点発表分

第1夜

AI 「ハピネス」
adieu 「楓」/ スピッツ
Ado 「唱」
「いばら」
石崎ひゅーい 「虹」
井上芳雄 ウォルト・ディズニー 100周年 名演集「サークル・オブ・ライフ」
ウマ娘 「うまぴょい伝説」
EIKO(上白石萌歌) 「DREAMER」
海宝直人 坂東玉三郎×海宝直人「少年時代」
ガチャピン・ムック 森高千里 × ガチャピン・ムック「ロックン・オムレツ」
関ジャニ∞ 「凛」
木梨憲武 木梨憲武 × ヒロミ × 所ジョージ「空を見上げた」
King Gnu 「硝子窓」
工藤静香 工藤静香 × 宮野真守「Blue Velvet」
ClariS 「淋しい熱帯魚」/ Wink
K(&TEAM) 仲宗根梨乃監修 ダンス企画
劇団四季『アナと雪の女王』 「ありのままで」
郷 ひろみ 郷ひろみ × 水樹奈々「How many いい顔」
三代目 J SOUL BROTHERS 「STARS」
JO1 ゆず × JO1「夏色」
ジェジュン ジェジュン × SUGIZO(LUNA SEA)「GLAMOROUS SKY」/ 中島美嘉
GENERATIONS 「Diamonds」
柴咲コウ 「月のしずく」「瞳をとじて」/ 平井堅
渋谷凪咲 with ダイアン、かまいたち、見取り図 「人生は長いんだ」
JUJU 「飾りじゃないのよ 涙は」/ 中森明菜
女王蜂 「メフィスト」
SUPER BEAVER 渋谷龍太(SUPER BEAVER)「長い間」/ Kiroro
「決心」
Snow Man 「Dangerholic」
SEVENTEEN 「今 -明日 世界が終わっても-」
DA PUMP×ハライチ 「U.S.A.」
DISH// 「Dreamer Drivers」
所 ジョージ 木梨憲武 × ヒロミ × 所ジョージ「空を見上げた」
NiziU 「Paradise」
NiziU(RIKU・MIIHI・NINA)「未来予想図II」/ DREAMS COME TRUE
乃木坂46 「Monopoly」
浜崎あゆみ 「A Song for ××」
ハライチ DA PUMP×ハライチ「U.S.A.」
坂東玉三郎×海宝直人 「少年時代」
BE:FIRST 「Boom Boom Back」
「Automatic」/ 宇多田ヒカル
ヒロミ 木梨憲武 × ヒロミ × 所ジョージ「空を見上げた」
福山雅治 「想望」
松下洸平 リスペクト!ユーミン「卒業写真」
松任谷由実×乃木坂46 リスペクト!ユーミン「守ってあげたい/乃木坂46 cheers 松任谷由実」
三浦大知 「能動」
水樹奈々 郷ひろみ × 水樹奈々「How many いい顔」
宮野真守 工藤静香 × 宮野真守「Blue Velvet」
ミュージカル『チャーリーとチョコレート工場』 「見れるって思ってるね?」
「ピュア・イマジネーション」
森高千里 森高千里 × ガチャピン・ムック「ロックン・オムレツ」
薬師丸ひろ子 「トゥモロー」
優里 「ベテルギウス」
ゆず×JO1 ゆず × JO1「夏色」
LA DIVA(森山良子、平原綾香、新妻聖子、サラ・オレイン) 「アイドル」/ YOASOBI
リスペクト!ユーミン「春よ、来い」
LE SSERAFIM 「Eve, Psyche & The Bluebeard’s wife」
LUNA SEA 「ROSIER」

第2夜

INI  
aiko ちゅ、多様性
新しい学校のリーダーズ オトナブルー(ハイパースクールRemix)
ano  
生田絵梨花  
=LOVE  
ウルトラズ  
ウルフルズ  
AKB48  
ENHYPEN  
GACKT  
ガチャピン・ムック  
上白石萌音 奏(かなで)
キタニタツヤ  
KinKi Kids  
King Gnu SPECIALZ
Creepy Nuts  
櫻坂46  
さだまさし×三浦大知 風に立つライオン
THE RAMPAGE  
THE ALFEE×ハローキティ メリーアン
スキマスイッチ デビュー20周年SP4曲メドレー
SixTONES  
SEKAI NO OWARI  
Da-iCE 花村想太・大野雄大 全力少年
高嶺のなでしこ 可愛くてごめん
竹内涼真 ボクノート
TUBE  
DOZAN11(三木道三)  
Night Tempo  
仲宗根 泉(HY)  
ハローキティ  
羊文学  
広瀬香美  
福山雅治
ビューティフル
フジコーズ  
FRUITS ZIPPER わたしの一番かわいいところ
宝鐘マリン  
僕が見たかった青空  
マカロニえんぴつ はっとり 藍
三浦大知  
Mrs. GREEN APPLE  
milet  
モーニング娘。’23  
ももいろクローバーZ  
山崎育三郎(ミュージカル『トッツィー』カンパニー) 止められない Unstoppable
ゆず  
Liella!  
Little Glee Monster  
緑黄色社会  

 

リスペクトカバー

ClariS 淋しい熱帯魚
BEFIRST Automatic 
ジェジュン×SUGIZO(Gt) GLAMOROUS SKY
adieu 楓
柴咲コウ 瞳をとじて
渋谷龍太(SUPER BEAVER) 長い間
JUJU 飾りじゃないのよ涙は
NiziU(RIKU・MIIHI・NINA) 未来予想図Ⅱ
松下洸平 卒業写真
LADIVA アイドル

 

関連ニュース

『FNS歌謡祭』ダンス企画で映像の乱れ KENZO「みんなのダンスが凄すぎて電波障害起きました」

『FNS歌謡祭』ダンス企画で映像の乱れ KENZO「みんなのダンスが凄すぎて電波障害起きました」ORICON

 

ラウールがコラボ初参加、KENZOがヘッドスピン『FNS歌謡祭』ダンス共演に相葉雅紀も興奮 “映像の乱れ”トレンド入り

ラウールがコラボ初参加、KENZOがヘッドスピン『FNS歌謡祭』ダンス共演に相葉雅紀も興奮 “映像の乱れ”トレンド入り ORICON

 

FNS歌謡祭冬 2023 観覧募集

一般観覧募集に関する発表は、11月22日の放送決定発表時点でありません。

 

2週連続放送となった2015年以降の放送日

1夜・2夜 放送日 放送時間
第44回 1夜 2015年12月2日(水) 19:00 – 23:18
2夜 2015年12月16日(水) 19:00 – 21:54
第45回 1夜 2016年12月7日(水) 19:00 – 23:18
2夜 2016年12月14日(水)
第46回 1夜 2017年12月6日(水) 19:00 – 23:28
2夜 2017年12月13日(水)
第47回 1夜 2018年12月5日(水)
2夜 2018年12月12日(水)
第48回 1夜 2019年12月4日(水) 18:30 – 23:28
2夜 2019年12月11日(水) 19:00 – 23:28
第49回 1夜 2020年12月2日(水) 18:30 – 23:28
2夜 2020年12月9日(水) 18:30 – 22:48
第50回 1夜 2021年12月1日(水) 18:30 – 23:28
2夜 2021年12月8日(水) 18:30 – 23:03
第51回 1夜 2022年12月7日(水) 18:30 – 23:28
2夜 2022年12月14日(水) 18:30 – 23:03

 

2022年のFNS歌謡祭

 

FNS歌謡祭 2022

 

放送日時

■第1夜
2022年12月7日(水)18時30分~23時28分
4時間48分

■第2夜
2022年12月14日(水)18時30分~23時03分(予定)
4時間33分

 

会場

■第1夜
グランドプリンスホテル新高輪・飛天

■第2夜
フジテレビ本社 FCGビル

 

司会

相葉雅紀(嵐)

永島優美(フジテレビアナウンサー)

 

FNS歌謡祭2023 第1夜12月6日・第2夜12月13日出演一覧

 

第1夜タイムテーブル

18時30分~

JO1 Last Christmas
柴咲コウ TRUST
DA PUMP  DA FUNK
THE BEAT GARDEN Start Over
松平健 マツケンサンバ
milet Walkin’ In My Lane
森高千里×乃木坂46 ジンジン ジングルベル
LA DIVA(森山良子、平原綾香、新妻聖子、サラ・オレイン) Dynamite

 

19時頃~

KinKi Kids クリスマス・イブ
工藤静香×水樹奈々 禁断のテレパシー
劇団四季『美女と野獣』 ビーアワゲスト(おもてなし)/美女と野獣
GENERATIONS
SUPER BEAVER 言葉にできない
高畑充希 One more time,One more chance
田中誠人×ちいかわ・ハチワレ ひとりごつ
DA PUMP×ガチャピン・ムック U.S.A.
NiziU Step and a step -Light it Up ver.-
秦基博 風のゆくえ
氷川きよし 限界突破×サバイバー
松下洸平×生田絵梨花×宮本笑里 SWEET MEMORIES
水谷豊 カリフォルニア・コネクション
Mrs. GREEN APPLE 私は最強

 

20時頃~

井上芳雄×ジュンス 僕こそ音楽/『モーツァルト!』、闇が広がる/『エリザベート』
THE ALFEE×ダチョウ倶楽部&土田晃之 星空のディスタンス
柴咲コウ 銀の龍の背に乗って
Snow Man JUICY
SEVENTEEN DREAM
DISH// 五明後日
なにわ男子×ゆず サチアレ
乃木坂46 ここにはないもの
森高千里×蒼井翔太 私がオバさんになっても
薬師丸ひろ子 ステキな恋の忘れ方
LiSA 一斉ノ喝采

 

21時頃~

Official髭男dism Subtitle
King & Prince ツキヨミ
倖田來未×増田貴久(NEWS) 愛のうた
ジェジュン×宮野真守 for you…
高畑充希 青春の続き
刀剣男士 team江 STARTING NOW
NiziU Blue Moon
藤井フミヤ×Sexy Zone 中島健人・菊池風磨 TRUE LOVE
三浦大知×満島ひかり 上を向いて歩こう
水樹奈々×NEWS 絶対的幸福論
優里 おにごっこ
LiSA

 

22時頃~

KAT-TUN ゼロからイチへ
木梨憲武 No Limit feat.AK-69
KinKi Kids  Amazing Love
工藤静香 空と君のあいだに
KOH+ 最愛/ヒトツボシ
J-JUN with XIA(JUNSU) 六等星
Snow Man 勝手にしやがれ
SUPER BEAVER 名前を呼ぶよ
Sexy Zone Trust Me,Trust You.
秦基博 残影
浜崎あゆみ appears/Who…
氷川きよし さよならの向う側
Mrs. GREEN APPLE ダンスホール
三浦大知 Backwards
満島ひかり×會田茂一×長岡亮介 ひこうき雲
ゆず RAKUEN

 

第2夜タイムテーブル

18時30分~

STU48 花は誰のもの?
広瀬香美 ロマンスの神様
広瀬香美×=LOVE 真冬の帰り道
広瀬香美×花村想太・大野雄大(Da-iCE) ゲレンデがとけるほど恋したい
広瀬香美×BiSH DEAR…again
広瀬香美×Little Glee Monster 愛があれば大丈夫
【CMソングセレクション】  
大友康平 いすゞのトラック
チョコレートプラネット これ絶対うまいやつ
りょーめー ヘルシーなのにアゲリシャス

 

19時頃~

A.B.C-Z がんばりましょう
ウタ from ウタワールド 新時代(歌Ado)
ウタ from ウタワールド 逆光(歌Ado)
ウタ from ウタワールド 世界のつづき(歌Ado)
関ジャ二∞ AMBITIOUS JAPAN!
ジャニーズWEST Happiness
SixTONES Boom-Pow-Wow!
Travis Japan  JUST DANCE!
中山美穂 ツイてるね ノッてるね
中山美穂 遠い街のどこかで…
BiSH ZUTTO
山崎育三郎 NEVERLAND/『ファインディング・ネバーランド』
Little Glee Monster  Join Us!
緑黄色社会 キャラクター

 

20時頃~

生田絵梨花 何なんw
A.B.C-Z #IMA
&TEAM Under the skin
京本大我(SixTONES) First Love
櫻坂46 五月雨よ
ジャニーズWEST しらんけど
Stray Kids CASE 143 -Japanese ver.-
SixTONES × Travis Japan JAPONICA STYLE
Da-iCE スターマイン
徳永英明 赤いスイートピー
FANTASTICS from EXILE TRIBE Choo Choo TRAIN
満島真之介 Get Along Together
宮本浩次 飾りじゃないのよ涙は
ミュージカル『SPY×FAMILY』SPメドレー アーニャをしると せかいがへいわに
安心させたくて
よりよき世界のために

 

21時頃~

aiko 果てしない二人
=LOVE あの子コンプレックス
AKB48 久しぶりのリップグロス
Official髭男dism ミックスナッツ
King Gnu カメレオン
Creepy Nuts 堕天
桜木輝彦(中川大志) 彼方の景色/『歌妖曲~中川大志之丞変化~』
SEKAI NO OWARI Habit
nobodyknows+ ココロオドル
福山雅治
福山雅治
マカロニえんぴつ なんでもないよ、

 

22時頃~

ASKA 歌になりたい
ASKA SAY YES
関ジャニ∞ 無責任ヒーロー
清塚信也 英雄ポロネーズ
葉加瀬太郎×ムック 情熱大陸
堂本剛
back number アイラブユー
back number 水平線
yama 色彩
Liella! ビタミンSUMMER!

 

 

FNS歌謡祭とは|FNS MUSIC FESTIVAL

フジテレビ系列(FNS)で1974年から毎年12月上旬のゴールデンタイム・プライムタイムに生放送されている年末大型音楽番組。

公式な通称・愛称はないが、FNSと呼称されることが多い。

 

コンテスト時代(1974年 – 1990年)

「FNS歌謡祭音楽大賞」は、フジテレビ開局15周年となる1974年に制定された。目的は「テレビを通して新しい日本の歌謡曲の方向を定め、明日のテレビ文化の創造を目指し制定する事」としていた。日本音楽事業者協会や音楽出版社協会、日本レコード協会が協賛。大会委員長はフジテレビジョン社長。その他副委員長には関西テレビ放送、東海テレビ放送などの代表が務めていた。

主に以下の賞が設定されていた。

グランプリ(1974年・1975年は「年間最優秀グランプリ」、1976年・1977年は「最優秀グランプリ」)
最優秀新人賞(1974年のみ「最優秀ホープ賞」)
優秀新人賞(最優秀新人賞候補)
最優秀歌唱賞
最優秀ヒット賞
最優秀視聴者賞
優秀歌謡音楽賞(最優秀歌唱賞・グランプリ候補)
最優秀作詞賞
最優秀作曲賞
最優秀編曲賞
特別賞
グランプリ受賞者に贈られる賞金は当初100万円であったが、後に500万円までに増額された。ノミネートについては、視聴者4000人を対象に実施したアンケート調査の結果を元に選抜された。

1974年と1975年については年に2度、上期賞が6月に、下期賞が12月にそれぞれ設けられていた。審査対象期間は上期賞を前年の12月1日から本年5月31日まで、下期賞を本年6月1日から11月30日までであり、下半期の決定後に両者の内からさらに年間最優秀グランプリを決定していた。第5回(1976年)から開催は年に一度になる。

第14回(1985年)までは、予選と本選の2部制で放送された。まず12月第1火曜日に予選として「発表!FNS歌謡祭’76〜’77音楽大賞」「発表!FNS歌謡祭’78〜’85優秀賞」と題し、部門別に発表されたノミネート曲の中から優秀新人賞・優秀音楽賞(のちに優秀歌謡音楽賞)が選考された。12月第3火曜日に本選として「決定!FNS歌謡祭’76〜’77音楽大賞最優秀グランプリ」「決定!FNS歌謡祭’78〜’85グランプリ」と題し、グランプリ等の最終審査が行われた。第15回(1986年)からは2部制を廃止し、12月の第1火曜日(一部は第2火曜日)に「決定!FNS歌謡祭’86〜’90グランプリ」と題し民放初の試みとして3時間の生放送枠を取り、ノミネート曲の発表から最終審査までの模様を一度の中継放送で一挙に発表する形式に改められた。

放送枠は永らく火曜日の『火曜ワイドスペシャル』(以降『火WSP』と略記)の時間帯で、前後の他番組の枠と合わせて放送された[注 4]。

平成に入ると、音楽祭受賞に左右されないアーティストが増え、ヒット曲を出しているにもかかわらずノミネートを辞退するアーティストが続出したことで音楽祭としては成り立たないことから、『日本歌謡大賞』や日本テレビ系列『日本テレビ音楽祭』やテレビ朝日系列『全日本歌謡音楽祭』、テレビ東京系列『メガロポリス歌謡祭』等、民放テレビ局主導の音楽賞番組が次々と姿を消していく中、本番組も例外ではなく、第19回(1990年)限りでコンテスト形式の「FNS歌謡祭音楽大賞」は終了した。この期間の年間最優秀グランプリ受賞回数は、五木ひろしの3度が最多である。

 

コンサート時代(1991年 – )

第20回(1991年)から『FNS歌謡祭』のタイトルをそのまま踏襲したものの、その年を象徴する歌手代表曲を披露するのみとなるコンサート形式に変更された。初年度は歴代の最優秀グランプリ受賞者が招かれ、それぞれの代表曲を披露した。

番組構成は、当初はアーティストが順番に数曲ずつ披露していく形式であったが、第34回(2005年)からアーティスト同士のコラボレーション(共演)が増え、一組のアーティストが入れ替わり立ち代わり何度もステージに立つ形式が定着する。これにより他局の同様の音楽特番との差別化に成功し、20%前後の高視聴率をキープした。また、同年から『僕らの音楽』司会の草彅剛(当時SMAP)をメイン司会に起用し、一部の年を除いてSMAPがトップバッターと大トリの双方を担当した。

放送時間は、第26回(1997年)からは『火WSP』および『サザエさん』(再放送)枠の廃止に伴い、放送日が木曜日に変更になった。第32回(2003年)は東アジアサッカー選手権放送の都合上一日繰り上げて水曜日に放送され、以降定着する。また放送時間もさらに延びて23時台まで、4時間超の放送となる。第39回(2010年)は、当時水曜日にレギュラー放送されていた『クイズ!ヘキサゴンII』(19時台)、『はねるのトびら』(20時台)、『ホンマでっか!?TV』(21時台)、『ザ・ベストハウス123』(22時台)などの人気番組の放送休止を避けるため、この年のみ土曜日に放送された。

派生番組として、2012年からは、毎年夏(7月下旬または8月上旬)に当番組のスタッフが制作する『FNSうたの夏まつり』(2020年より『FNS歌謡祭 夏』に改題)が放送開始した。メイン司会者やスタッフ、演出が当番組と共通するなど、当番組を意識した姉妹番組である。さらに、2016年と2017年は、毎年春(3月下旬)に『FNSうたの春まつり』(2022年より『FNS歌謡祭 春』に改題して復活)が放送されている。これらに伴い、フジテレビ系列では当時は現在、毎年3番組の大型音楽番組が放送されていた。さらに、2021年には秋(10月上旬)に『FNS歌謡祭 秋』が放送されており、これに伴い、FNS音楽特別番組が全ての季節での放送が網羅した。

第44回(2015年)からは、前年の『僕らの音楽』放送終了に伴い草彅が司会を降板し、同年から始まった『水曜歌謡祭』MCの森高千里と渡部建(アンジャッシュ)が抜擢された。更に、同年から2DAYS方式を採用し、例年通りの演出での放送の1 – 2週間後に、スタジオライブ方式の「第2夜」が放送されるようになった。

第48回(2019年)からは、放送開始45周年を機にリニューアル。第47回(2018年)までの基本的なコンセプトやフォーマットなどはそのままに、司会は森高と渡部に替わり、相葉雅紀(嵐)と永島優美(フジテレビアナウンサー)が抜擢された。2DAYS方式も引き続き採用。

Wikipedia FNS歌謡祭

 

『2023FNS歌謡祭』放送決定&第1弾出演アーティスト90組発表!フジテレビュー

音楽番組一覧|大型音楽番組 地上波レギュラー 季節放送

  • この記事を書いた人

-音楽
-