World メディア

Now and then The Last Beatles Song 2023年11月2日午後11時世界同時配信リリース

Now and then The Last Beatles Song 2023年11月2日午後11時世界同時配信リリース

The Beatles Official Youtube Channel.

 

Now and then The Last Beatles Song

27年ぶりの新曲は40年以上経ってようやくポールとリンゴが完成させた

The Beatles - Now And Then - The Last Beatles Song (Short Film)

 

27年ぶりの新曲は、ジョン・レノン(1980年死去)が書いて歌い、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン(2001年死去)、リンゴ・スター(Dr)が練り上げ、40年以上経ってようやくポールとリンゴが完成させた。

ピーター・ジャクソンのドキュメンタリー映画『Get Back』のために開発されたソフトウェアが、ポール・マッカートニーに残したデモテープからレノンのボーカルを分離するために使用された。

ピーター・ジャクソンのドキュメンタリー映画『ゲット・バック』の音声を向上させるために使われたのと同じAI技術によって、4人のメンバー全員が参加する待望のビートルズ “最後 “の曲『ナウ・アンド・ゼン』が2023年11月リリースされる。

ポール・マッカートニーは声明の中で、「そこにあったのはジョンの声だった。とてもエモーショナルだ。ビートルズの本物のレコーディングだ。2023年、まだビートルズの音楽に取り組んでいて、一般の人々がまだ聴いたことのない新曲をリリースしようとしている。」と語った。

『Now and Then』は、ジョン・レノンが1970年代後半にニューヨークのダコタ・ビルにある自宅で書き、歌ったものだ。1994年、レノンの未亡人オノ・ヨーコは、ポール・マッカートニーにこのデモを「For Paul」と書かれたカセットに入れて渡した。

後者の曲はマッカートニー、リンゴ・スター、ジョージ・ハリスンによって完成され、『ビートルズ・アンソロジー』プロジェクトの一環としてシングルとしてリリースされたが、『ナウ・アンド・ゼン』のレノンのヴォーカルとピアノは技術的な制約から、他の3人のビートルズが新たに録音したパートと並行して作業するために分離することができず、お蔵入りとなった。

それから四半世紀以上後、ジャクソンはAI支援ソフトウェアを使い、ビートルズが最後のアルバム『レット・イット・ビー』をレコーディングしている様子を撮影したマイケル・リンゼイ=ホッグの1970年の映像からオリジナルの音声をデミックスして、楽器、ボーカル、会話を分離し、その音声と映像をドキュメンタリー・シリーズ『ゲット・バック』にした。

この技術は2022年に『リボルバー』のニュー・ミックスを制作するのに使われ、生き残ったバンド・メンバーはレノンの『Now and Then』のデモを再検討することになった。ジャクソンとエミール・デ・ラ・レイ率いるサウンド・チームは、同じ技術を使ってレノンのオリジナルのヴォーカルをピアノから分離した。

リンゴ・スターは声明の中でこう語っている 「彼が部屋に戻ってくるというのは、これまでで一番身近なことだった。まるでジョンがそこにいるようだった。はるか遠くにね(斬新なことだと感じたよ)。」

マッカートニーとスターは、1995年にハリソンが録音したギター・パートと、マッカートニー、ジャイルズ・マーティン、ベン・フォスターが書いたストリングス・アレンジをフィーチャーしたこの曲のために、新しいパートを制作した。Here, There and Everywhere』、『Eleanor Rigby』、『Because』のオリジナル・レコーディングのバッキング・ヴォーカルが新曲に織り込まれている。ジェフ・リンが追加プロデュースに参加した。

 

 

『Now and then』The Last Beatles Song 2023年11月2日午後11時世界同時配信リリース

 

「レノンの声の一部を人工的に作ったわけじゃない。すべて本物で、僕ら全員がその上で演奏している。」ポール・マッカートニー

6月、マッカートニーはBBCラジオ4で、カセット録音からレノンの声を “取り出す “ためにAIが使われたと語った。「ジョンの声を、このAIを使って純粋な状態にすることができた。そして、通常行うようにレコードをミックスすることができる。そうすることで、ある種の余裕ができるんだ。」

彼の発言は、レノンのパフォーマンスの一部を人工的に再生するためにAIが使われているのではないかという懸念を引き起こした。マッカートニーはその後、「混乱と憶測」について拡大解釈し、次のように明らかにした「現段階では多くを語ることはできないが、はっきりさせておきたいのは、人工的あるいは合成的に作られたものは何もないということだ。すべて本物で、私たち全員がその上で演奏している。既存のレコーディングをクリーンアップしたんだ。私たちと同じように気に入ってもらえると嬉しい。」

11月1日水曜日午後7時30分GMT(グリニッジ標準時)に初公開される13分間の制作ドキュメンタリーでお披露目され、11月2日に全曲公開される。

11月3日には、ビートルズの1962年のデビューシングル「ラヴ・ミー・ドゥ」との両A面シングルとしてリリースされ、ポップアーティストのエド・ルシャによるカバーアートがフィーチャーされる。

 

Now And Then – The Last Beatles Song (Short Film Trailer)

 

Now and Thenのお蔵入りは、ハリソンが「気に入らなかった」

『Now and Then』の存在は、ファンにとっては驚きではない。1997年、マッカートニーはQ誌に対し、ハリソンが「気に入らなかった」ため、このアルバムはお蔵入りになったと語っている。

「タイトルはあまり良くなかったし、少し手直しが必要だったけど、美しい詩があって、ジョンが歌っていたんだ。「でもジョージは気に入らなかった。ビートルズは民主主義だから、僕らはそれをやらなかったんだ」。マッカートニーは後に、ハリソンがレノンのデモを “クソゴミ “と呼んだことを『ニューヨーカー』誌に明かしている。

ハリソンの未亡人、オリヴィア・ハリスンは声明の中でこう語っている 「1995年当時、スタジオで数日間この曲に取り組んだ後、ジョージはデモの技術的な問題を克服できないと感じ、この曲を十分に高い水準で仕上げることは不可能だと結論づけた。もし彼が今日ここにいたら、ポールとリンゴと一緒に『Now and Then』のレコーディングを完成させていたことでしょう。」

レノンの息子ショーン・オノ・レノンも、この曲の制作についてこうコメントしている 「父さんがいなくなってから何年も経ってから、彼らが一緒に仕事をしているのを聴くのは信じられないほど感動的だった。父さん、ポール、ジョージ、リンゴが一緒に作った最後の曲なんだ。まるでタイムカプセルのようで、全てが運命的なものだと感じている。」

『Now and then』のフィジカル・リリースは、レッド・アルバムとブルー・アルバムとして知られるコンピレーションの新版に先立ってリリースされる。

ビートルズの全シングル・ディスコグラフィーを網羅するように拡張されたレッドには12曲、ブルーには9曲が追加されている。

 

コメント

ポール・マッカートニー

ジョンの声が、とてもクリアに聞こえる。かなり感動した。僕たち全員が参加した本物のザ・ビートルズのレコーディングだと言える。2023年にまだビートルズの音楽に取り組んでいて、一般の人々がまだ聴いたことのない新曲をリリースしようとしているなんて、本当にエキサイティングなことさ。

 

リンゴ・スター

彼が部屋に戻ってくることの次に彼に一番近づいた瞬間だったから、僕たち全員にとって、とても感慨深いことだった。まるでジョンがそこにいるようだった。斬新だった。

 

オリヴィア・ハリスン

1995年当時、スタジオで数日間この曲に取り組んだ後、ジョージはデモの技術的な問題を克服できないと感じ、この曲を十分に高い水準で仕上げることは不可能だと結論づけたんです。ダニーと私は、もし彼が今日ここにいたら、彼がポールとリンゴとともに心を込めて「ナウ・アンド・ゼン」のレコーディングを完成させたに違いないと確信しているわ。

 

ショーン・オノ・レノン

父がいなくなって何年も経ってから、彼らが一緒に仕事をしていると聞いて、ものすごく感動しました。この曲は父とポール、ジョージ、リンゴが一緒に作った最後の曲です。この曲はタイム・カプセルのようなもので、運命的なものだと感じています。

Now and then The Last Beatles Song

 

ザ・ビートルズ 、最後の新曲「ナウ・アンド・ゼン」 11月2日(木)23時 全世界配信開始!ユニバーサル ミュージック合同会社

ユニバーサル ミュージック合同会社(本社:東京都港区、 社長兼最高経営責任者(CEO):藤倉尚 / 以下、 ユニバーサル ミュージック)は、ザ・ビートルズ の最後の新曲「ナウ・アンド・ゼン」を日本時間11月2日(木)23時より配信します。

2023年11月2日23時(日本時間)に世界同時にリリースされるザ・ビートルズの両A面シングルには、ジョン・レノンが書き、歌い、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターが練り上げ、40年以上経ってようやくポールとリンゴが完成させたThe Last Beatles Song (最後のビートルズ・ソング)「ナウ・アンド・ゼン」と、最初の曲である1962年の英国でのデビュー・シングル 「ラヴ・ミー・ドゥ」が収録されています。

両曲ともステレオとドルビーアトモス®でミックスされ、アーティスト、エド・ルシェによるオリジナル・ジャケット・アートがフィーチャーされています。

イギリス時間11月1日(水)にはオリヴァー・マレーが脚本と監督を手がけ、ポール、リンゴ、ジョージ、ショーン・オノ・レノン、ピーター・ジャクソンの独占映像や解説を交えThe Last Beatles Songにまつわるストーリーを紡ぐ12分間のドキュメンタリー映画『ナウ・アンド・ゼン ― ザ・ラスト・ビートルズ・ソング』が公開されました。

表題曲「ナウ・アンド・ゼン」のミュージック・ビデオも日本時間11月3日(金)23時にザ・ビートルズのYouTubeにて公開予定です。監督をつとめたピーター・ジャクソンは、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズを担当、2021年に公開されたザ・ビートルズのドキュメンタリー『ザ・ビートルズ:Get Back』の監督を担当しており繋がりは非常に深く、今回が初のミュージック・ビデオを監督作品となります。

なお、11月10日(金)にはコンピレーション・アルバム『ザ・ビートルズ1962年〜1966年』(『通称:赤盤』)と『ザ・ビートルズ1967年〜1970年』(『通称:青盤』)の2023エディションの発売も決定しています。

ザ・ビートルズ / The Beatles

両A面シングル「ナウ・アンド・ゼン/ラヴ・ミー・ドゥ」

・デジタル配信日

11月2日(木)23:00配信

・フィジカル発売日

輸入盤:11月3日(金)

日本盤:[直輸入盤仕様限定盤]:11月17日(金)

・英文解説翻訳付/歌詞対訳付(日本盤[直輸入盤仕様限定盤]のみ)

ザ・ビートルズ プレイリスト https://umj.lnk.to/TheBeatles_PlaylistPR

 

リリーススケジュール

ドキュメンタリー映画「『Now and then』The Last Beatles Song」

グローバル・オンライン・プレミア

The Beatles Official Youtube Channel.

11月2日午前4時30分JST

オリヴァー・マレー脚本・監督

ポール、リンゴ、ジョージ、ショーン・オノ・レノン、ピーター・ジャクソンの独占映像や解説を交えて、The Last Beatles Songにまつわるストーリードキュメント

 

『Now and then』世界同時配信リリース

11月2日午後11時JST

 

「赤盤」&「青盤」発売

『ザ・ビートルズ1962年~1966年(赤盤)』と『ザ・ビートルズ1967年~1970年(青盤)』の2023エディション

両コレクションのトラックリストを拡張し、全曲を本物のステレオ&ドルビーアトモスでリミックス収録

新たな4CDと180グラムの6枚組LPレコード・コレクションは、『赤盤』と『青盤』をペアにしてスリップケースに同梱。『ザ・ビートルズ1962年~1966年』2023エディションは、1曲目が「ラヴ・ミー・ドゥ」のUKシングル・ヴァージョンで始まり、『ザ・ビートルズ1967年~1970年』2023エディションには「ナウ・アンド・ゼン」がフィーチャーされる。

11月10日発売

 

Now and then The Last Beatles Song

 

Author:Akira.S,Unavailable Press Japan

 

-World, メディア