©NHK

sticky world news agency

ローマ法王フランシスコ 来日を前にビデオメッセージ

 

核兵器廃絶を訴え

ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王は、今月23日から日本を訪れるのを前にビデオメッセージを公開し「核兵器の破壊的威力が二度と行使されることがないよう皆さんとともに祈ります」と述べて、被爆地で核兵器の廃絶を訴える考えを示しました。

フランシスコ法王は、今月23日から4日間の日程で日本を訪れ、24日には被爆地の長崎と広島で核兵器の廃絶に向けてメッセージを打ち出すほか、25日は東京で天皇陛下との会見や安倍総理大臣との会談が予定されています。

訪日を前に18日、ローマ法王庁はフランシスコ法王のビデオメッセージを公開しました。

3分間ほどの長さのスペイン語のメッセージの中で、フランシスコ法王は冒頭「親愛なる友人の皆さんへ」と呼びかけ「あらゆる人の価値と尊厳を守るという、わたしたちの心に響く本能的な強い思いは、世界がいま直面している平和的な共存を脅かす脅威を前に、格段の重要性を持っています」と述べました。

そして「皆さんの国は戦争がもたらす苦しみをよく知っています。人類の歴史の中で核兵器の破壊的威力が二度と行使されることがないよう皆さんとともに祈ります。核兵器の使用は倫理に反します」と述べて、被爆地で核兵器の廃絶を訴える考えを示しました。

また、日本の自然の美しさに触れ「わたしたちの住みかであり、皆さんの文化において満開の桜に象徴される美しい地球のいのちをはぐくみ、守っていく望みをともに表明しましょう」と呼びかけました。

そして結びに「ともに過ごす日々が恵みと喜びのうちに豊かなものとなるよう期待しています」と述べ、日本での滞在を楽しみにしていることを伺わせています。(NHK:2019/11/18)

 

 

ローマ法王ビデオメッセージ

 

ローマ法王フランシスコ来日日程詳細 日本到着は11月23日 - unavailable days
ローマ法王フランシスコ来日日程詳細 日本到着は11月23日 - unavailable days

  バチカン(ローマ教皇庁)発表 10月3日、ローマ教皇庁は、教皇フランシスコの訪日日程について「公営バチカンニュース」を通じて、公表した。 ローマ教皇庁広報局によると、教皇フランシスコは2

続きを見る

 

おすすめ記事

▼ 現在の上位アクセス ▼

1

  台風19号は今年最強クラスの台風のまま接近・上陸可能性が非常に高く、計画運休・通行止め・停電・風水害など大きな被害が発生することが想定されています。 同台風の関連情報は下記のリンクをご参 ...

2

  台風19号は、11日午前11時から気象庁の予報課トップ自ら会見を行う異例の警戒を呼びかけています。 自治体から「避難に関する情報(避難準備情報・避難勧告)」が出た段階で、避難指示よりも前 ...

3

  令和元年台風19号 ハギビス 台風19号は、12日午後7時前、静岡県の伊豆半島付近に上陸しました。 台風19号は、10月7日(月)午後6時の気象庁観測で、これまでの「大型で非常に強い台風 ...

4

  2019年に発生した台風と名前 毎年1月1日以降に発生した最初の台風が「台風1号」となります。 今年は、台風2号までが平成31年発生、台風3号以降は令和元年発生となります。 台風の名前の ...

5

    塩害 塩害は、塩分に起因する植物・農作物・建築物・構造物に及ぶ害の総称。 海沿いの地域では海水に含まれる塩分により様々な塩害が生じる。 塩分を含んだ潮風が吹き付けることや、 ...

6

  防災気象情報と警戒レベルの対応 気象庁などが出す大雨や土砂災害の情報と自治体が出す避難情報を危険度に応じて5段階で表示する運用が2019年5月末からはじまりました。 2018年7月に発生 ...

-sticky world news agency
-, , ,

Copyright© unavailable days , 2019 All Rights Reserved.