©NHK

sticky world news agency

ローマ法王フランシスコ 来日を前にビデオメッセージ

 

核兵器廃絶を訴え

ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王は、今月23日から日本を訪れるのを前にビデオメッセージを公開し「核兵器の破壊的威力が二度と行使されることがないよう皆さんとともに祈ります」と述べて、被爆地で核兵器の廃絶を訴える考えを示しました。

フランシスコ法王は、今月23日から4日間の日程で日本を訪れ、24日には被爆地の長崎と広島で核兵器の廃絶に向けてメッセージを打ち出すほか、25日は東京で天皇陛下との会見や安倍総理大臣との会談が予定されています。

訪日を前に18日、ローマ法王庁はフランシスコ法王のビデオメッセージを公開しました。

3分間ほどの長さのスペイン語のメッセージの中で、フランシスコ法王は冒頭「親愛なる友人の皆さんへ」と呼びかけ「あらゆる人の価値と尊厳を守るという、わたしたちの心に響く本能的な強い思いは、世界がいま直面している平和的な共存を脅かす脅威を前に、格段の重要性を持っています」と述べました。

そして「皆さんの国は戦争がもたらす苦しみをよく知っています。人類の歴史の中で核兵器の破壊的威力が二度と行使されることがないよう皆さんとともに祈ります。核兵器の使用は倫理に反します」と述べて、被爆地で核兵器の廃絶を訴える考えを示しました。

また、日本の自然の美しさに触れ「わたしたちの住みかであり、皆さんの文化において満開の桜に象徴される美しい地球のいのちをはぐくみ、守っていく望みをともに表明しましょう」と呼びかけました。

そして結びに「ともに過ごす日々が恵みと喜びのうちに豊かなものとなるよう期待しています」と述べ、日本での滞在を楽しみにしていることを伺わせています。(NHK:2019/11/18)

 

 

ローマ法王ビデオメッセージ

 

ローマ法王フランシスコ来日日程詳細 日本到着は11月23日 - unavailable days
ローマ法王フランシスコ来日日程詳細 日本到着は11月23日 - unavailable days

 バチカン(ローマ教皇庁)発表10月3日、ローマ教皇庁は、教皇フランシスコの訪日日程について「公営バチカンニュース」を通じて、公表した。ローマ教皇庁広報局によると、教皇フランシスコは2019

続きを見る

 

おすすめ記事

-sticky world news agency