in Japan days

エサンベ鼻北小島消失 水深の浅い浅瀬に 海上保安庁が調査結果公表

ショウガ葉酸

 

北海道猿払村沖500mの小島消失 領海が狭まるおそれ

海上保安庁は9月24日、浸食で消失すれば日本の領海が狭まる可能性があるとされていた北海道猿払村沖約500メートルの「エサンベ鼻北小島」について、島は消失し、付近に浅瀬を確認したと発表した。

同庁によると、消失しても浅瀬付近に別の離島などが存在し、領海はほぼ現状維持できる見込みだとしている。

第1管区海上保安本部(小樽)がオホーツク沿岸にある猿払村沖を調査した結果、小島があった付近に島は存在せず、非常に水深が浅い浅瀬があったという。

「島が海面から見えなくなっている」との情報が寄せられ、1管が浸食で消失した可能性があるとして今年5月に実地調査を行っていた。

 

エサンベ鼻北小島の調査結果等について 海上保安庁

海上保安庁において本年(2019年)4月~5月にかけて、エサンベ鼻北小島での水深測量等を実施しました。

この結果、エサンベ鼻北小島の位置付近では島は存在せず、非常に水深の浅い浅瀬が存在することが判明しました。

一方でエサンベ鼻北小島は領海の外縁を根拠付ける国境離島であることの重要性を踏まえ、追加的な調査として潮位の精密な調査を行い、その結果を踏まえ、最終的な判断を行うこととしています。

 

エサンベ鼻北小島は北海道のオホーツク海側に位置する領海の外縁を根拠付け る離島(国境離島)です。

本年(2019年)4月~5 月に当庁において、航海安全の確保のための水深測量等を実施し、 調査データの確認等を行ったところ、同島の位置付近では島は存在せず、一方非常 に水深の浅い浅瀬が存在することが判明しました。

同島については、領海の外縁を根拠付ける国境離島であることの重要性を踏まえ、 今回の調査結果を直ちに海図に反映するのではなく、追加的に潮位の精密な調査を 行い、その結果を踏まえ、最終的な判断を行う予定です。

なお、追加的な調査の結果、仮に同島が領海の基線とならない場合でも、我が国 排他的経済水域の外縁には一切影響しません。

また領海の外縁についても、代替の 基線を近傍に確保可能なため、ほぼ現状を維持する見込みです。

一方、当庁は、我が国の領海等に関する取組として、これまで、航空レーザー測 量や AOV(自律型海洋観測装置)を用いた精密な低潮線調査により、領海や排他 的経済水域の外縁を根拠付ける新たな基線の発見を含めた低潮線情報の精緻化を 進めてきました。

当庁としては、今後とも当該取組を引き続き進めてまいります。

 

 

 

おすすめ記事

▼ 特設 ▼

1

  速報・今日の動向 各都道府県・市区町村個別の発生状況や発表詳細は下記をご覧ください 新型コロナウイルス都道府県別感染者発表情報へのリンク一覧   3月31日(火) ■ドバイ万博 ...

2

  新型コロナウイルス感染症対策専門家会議 「新型コロナウイルス感染症対策の見解」 2020年3月19日 本専門家会議は、政府の新型コロナウイルス感染症対策本部の下、新型コロナウイルス感染症 ...

3

  新型コロナウイルス(COVID-19)の日本国内の感染患者発生状況について、厚生労働省が発表した情報のリンクを都道府県ごとに掲載しています。 本件の発生当初は厚生労働省が一元的に発表を行 ...

4

  感染症指定医療機関の指定状況(厚生労働省) ■平成31年4月1日現在 ・感染症病床を有する指定医療機関 348医療機関(1,712床) ・結核病床(稼働病床)を有する指定医療機関 184 ...

5

  感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律 ■平成10年10月2日法律第114号 従来の「伝染病予防法」「性病予防法」「エイズ予防法」の3つを統合し1998年に制定、1999年 ...

6

  立法経緯 2009年(平成21年)に世界的に流行したH1N1亜型インフルエンザウイルスへの対応が混乱したことを踏まえ、2011年(平成23年)11月10日の「新型インフルエンザ及び鳥イン ...

-in Japan days
-, ,

Copyright© unavailable days , 2020 All Rights Reserved.