World News

アイスランド 火山の噴火可能性で非常事態を宣言、住民が避難

アイスランド 火山の噴火可能性で非常事態を宣言、住民が避難

BBC

 

アイスランド当局、火山の脅威にさらされている漁師町に非常事態を宣言

アイスランド気象当局は、数日以内に同国南西部で火山が噴火する可能性が高いと警戒を呼びかけ、同国の国家安全保障局は2023年11月10日、南西部にあるレイキャネス半島全域に警戒情報を発出、国家警察長官は市民保護のため非常事態を宣言した。

現地では10月下旬から群発地震が発生、11月12日の1日でおよそ1千回以上の火山性地震が観測されている。

アイスランド南西部の漁師町では、火山噴火の可能性への懸念が高まり、民間防衛当局が地域に非常事態を宣言したことを受け、住民が土曜日に家を出た。

アイスランド気象局によると、この地域での最近の地震活動がグリンダヴィークに向かって南下し、監視によりマグマ、つまり半溶融岩の回廊が地域の下に広がっていることが示されたため、警察はグリンダヴィークからの避難を決定したと発表した。人口 3,400 人のこの町は、首都レイキャビクから南西約50キロメートルのレイキャネス半島に位置する。

気象庁は「現段階ではマグマが地表に到達するかどうか、またどこに到達する可能性があるかを正確に判断することはできない」と述べた。

当局はまた、火山噴火の危険性が高まっていることを示す航空警報をオレンジ色に引き上げた。火山の噴火は、摩耗性の高い火山灰を大気中に噴き上げ、ジェットエンジンの故障、飛行制御システムの損傷、視界の低下を引き起こす可能性があるため、航空に深刻な危険をもたらす。

2010年にアイスランドで起きた大噴火により、ヨーロッパと北米の間の航空旅行に広範囲にわたる混乱が生じ、航空会社は10万便以上を欠航し、推定30億ドルの損害を被った。

この避難は、科学者らが地下約5キロメートルでのマグマの蓄積を監視する中、この地域が2週間以上毎日数百回の小さな地震で揺れた後に行われた。

マグニチュード4.8の地震がこの地域を襲った木曜日の早朝、噴火の可能性についての懸念が高まり、国際的に知られるブルーラグーン地熱リゾートは一時閉鎖を余儀なくされた。

地質学教授のポール・アイナーソン氏はアイスランドのRUVに対し、地震活動は2000年前のクレーターのネットワークがあるグリンダヴィーク北部の地域で始まったと語った。マグマの回廊は長さ約10キロメートルで広がっているという。

「最大の地震は、この古い一連のクレーターの下で発生しましたが、それ以来、マグマの回廊は長くなり、グリンダヴィークの市街地の下を通過し、さらに遠くの海に向かって進んでいます」と同氏は述べた。

Iceland evacuates town and raises aviation alert as concerns rise a volcano may erupt AP Updated 10:08 PM JST, November 11, 2023

 

アイスランド 火山噴火可能性で非常事態を宣言

火山性地震の影響で陥没したゴルフコース/Earth tremors have caused the ground to slip at this golf course and elsewhere in Grindavik

 

アイスランド レイキャネス半島南西部

アイスランド当局は、同国のレイキャネス半島南西部で一連の強力な地震が発生し、同地域で火山噴火が発生する可能性が高まっていることを受けて非常事態を宣言した。

「国家警察長官は……グリンダヴィーク北部のスンドンジュカギガーでの激しい地震(活動)による市民保護のための非常事態を宣言する」と、市民保護・緊急事態管理局は声明で述べた。

「地震はこれまでに発生したものよりもさらに大きくなる可能性があり、この一連の出来事が噴火につながる可能性がある」と政府は警告した。

アイスランド気象庁(IMO)は、噴火が「数日以内に」起こる可能性があると述べた。

人口約4,000人が住むグリンダヴィク村は、金曜日の群発地震が記録された地域の南西1.86マイル(3キロ)に位置する。噴火が発生した場合の避難計画が定められている。

グリニッジ標準時午後5時30分頃、40キロ離れた首都レイキャビクと同国の南海岸の大部分に沿って2回の強い地震が感じられ、窓や家財が揺れた。

IMOの暫定統計によると、グリンダヴィーク北部で最大の揺れはマグニチュード5.2だった。

警察は金曜日、地震による被害を受けてグリンダヴィークに向かう南北に延びる道路を封鎖した。

IMOによれば、10月下旬以降、この半島では2万4000回の揺れが記録されており、金曜日のグリニッジ標準時(GMT)午前0時から午後2時までの間に、約800回の「密集した群発地震」が記録されたという。

IMOは、地下約3.1マイル(5km)の深さにマグマが蓄積していると指摘した。それが地表に向かって移動し始めれば、火山の噴火につながる可能性があるとしている。

「最も可能性の高いシナリオは、マグマが地表に到達するまでに数時間ではなく数日かかることだ」と同報告書は述べた。「現在、地震活動が最も活発な場所に亀裂が生じた場合、溶岩は南東と西に流れるだろうが、グリンダヴィークには流れないと推定している。」

2021 年以来、レイキャネス半島では 2021 年 3 月、2022 年 8 月、2023 年 7 月に 3 回の噴火が発生しました。これら 3 回は、どのインフラや人口密集地域からも遠く離れた場所で発生した。

木曜日、グリンダヴィーク近くに位置し、地熱スパや高級ホテルで有名なブルーラグーンは、再度の群発地震を受けて予防措置として閉鎖された。

また、レイキャネス半島の住民 30,000 人に電力と水を主に供給しているスヴァルツェンギ地熱発電所も近くにあり、噴火が発生した場合に施設とその従業員を守るための緊急時対応計画を策定している。

アイスランドには33の活火山があり、これはヨーロッパで最も多い火山系とされている。

Iceland declares state of emergency over volcanic eruption threat The Guardian Fri 10 Nov 2023 21.21 GMT

 

報道 動画

アイスランドで火山性地震 街の下にマグマの“通り道”

 

Iceland evacuates residents over threat of volcanic eruption

Iceland evacuates residents over threat of volcanic eruption

 

‘Tremendous uncertainty’: Iceland braces for eruption

'Tremendous uncertainty': Iceland braces for eruption

 

Iceland volcano: How big could eruption be and will it produce another huge ash cloud?

Iceland volcano: How big could eruption be and will it produce another huge ash cloud?

 

 

-World, News