in Japan days

吉田沙保里選手が現役引退|女子レスリング個人で世界大会16連覇 個人戦206連勝

投稿日:

 

引退の記者会見は、1月10日に予定(NTV報道)

1月8日 SNSで引退を表明

いつも吉田沙保里を応援していただきありがとうございます。

この度、33年間のレスリング選手生活に区切りをつけることを決断いたしました。

ここまで長い間、現役選手として頑張ってこれたのも沢山の方々の応援とサポートのおかげです。

みなさん、本当にありがとうございました。

 

吉田沙保里(よしださおり)

1982年(昭和57年)10月5日生まれ。36歳。

日本のレスリング選手・指導者。

女子レスリング個人で世界大会16連覇、個人戦206連勝を記録し、「霊長類最強女子」の異名を持つ。

2012年には13大会連続世界一でギネス世界記録認定、国民栄誉賞受賞。

紫綬褒章受章(2004年、2008年、2012年)。

父親はレスリング選手・指導者の吉田栄勝。

中京女子大学(現・至学館大学)卒業。同大学元副学長。

学位は学士 (健康スポーツ科学)。そのほか名誉学位・称号として名誉修士(中京女子大学)。

2016年リオデジャネイロオリンピックでは日本選手団主将を務めた。また、2016年9月には現役を続行しつつレスリング女子日本代表コーチに就任した。

 

主な戦績

全日本女子選手権 51kg級 準優勝(1998年) 3位(1997年)

全日本女子選手権 56kg級 3位(2000年、2001年)

全日本女子選手権 55kg級 優勝(2008年、2009年)

全日本選手権 53kg級 優勝(2010年、2012年、2013年、2014年)

全日本選手権 55kg級 優勝(2002年、2003年、2004年※、2005年、2006年、2007年、2008年※、2009年※、2015年)※は男子も含めた大会最優秀選手・天皇杯獲得

全日本選抜選手権 55kg級 優勝(2010年、2011年、2013年)

全日本選抜選手権 53kg級 優勝(2014年、2015年)

世界ジュニア選手権 58kg級 優勝(2000年、2001年)

世界学生選手権 59kg級 優勝(2002年)

ジャパンクイーンズカップ 55kg級 優勝(2002年、2003年、2004年、2005年、2006年、2007年)

ワールドカップ55kg級 優勝(2003年、2004年、2005年、2006年)

世界女子選手権 55kg級 優勝(2002年、2003年、2005年〜2015年)

アテネオリンピック 女子レスリング55kg級 優勝(2004年)

ユニバーシアード 55kg級 優勝(2005年)

北京オリンピック 女子レスリング55kg級 優勝(2008年)

ロンドンオリンピック 女子レスリング55kg級 優勝(2012年)

リオデジャネイロオリンピック 女子レスリング53kg級 準優勝(2016年)

 

おすすめ記事

-in Japan days
-, ,

Copyright© unavailable days , 2019 All Rights Reserved.