気象・災害

14日〜16日にかけて北海道などで暴風雪の可能性

 

暴風雪と高波及び大雪に関する北海道地方気象情報 第6号

北海道地方は、16日にかけて暴風に警戒するとともに、日本海側を中心に14日夜のはじめ頃から16日にかけて、見通しのまったくきかない猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害、高波に警戒してください。

また、大雪による交通障害にも十分注意してください。

 

気象概況

低気圧が発達しながら間宮海峡を北上し、低気圧からのびる寒冷前線が14日夕方にかけて北海道を通過するでしょう。

北海道付近は、寒冷前線の通過後、上空約1500メートルに真冬並みの氷点下15度以下の寒気が入って、16日にかけて強い冬型の気圧配置が続く見込みです。

 

防災事項

北海道地方では、14日は南よりの風が強く、寒冷前線通過後西の風に変わって非常に強くなり、日本海側を中心に雪を伴い暴風雪となり、海は大しけとなる見込みです。

16日にかけて暴風に警戒するとともに、日本海側を中心に14日夜のはじめ頃から16日にかけて、車の運転が困難になるような見通しのまったくきかない猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害、高波に警戒してください。

また、14日夜から16日にかけて降雪量が多くなるため、大雪による交通障害やなだれに十分注意してください。

なお、14日は前線の通過に伴い風向が急変し、雨が雪に変わるため、湿り雪による電線等への着雪、停電や倒木、農業施設の管理等に注意してください。

落雷や突風、ひょうにも注意が必要です。

 

風の予想

14日から15日にかけての最大風速(最大瞬間風速) 南のち西の風
 日本海側    陸上 23メートル(35メートル)
           海上 25メートル(35メートル)
 太平洋側    陸上 20メートル(35メートル)
           海上 23メートル(35メートル)
 オホーツク海側     陸上 15メートル(30メートル)
              海上 23メートル(35メートル)
その後も16日にかけて、非常に強い西の風が続く見込みです。

 

波の予想

14日から15日にかけての波の高さ
 日本海側    7メートル
 太平洋側    6メートル
 オホーツク海側 5メートル
その後も16日にかけて、大しけの状態が続く見込みです。

 

雪の予想

14日6時から15日6時までの24時間降雪量
 日本海側の多い所      40センチ
15日6時から16日6時までの24時間降雪量
 日本海側の多い所  50から70センチ
その後も16日は、日本海側を中心に雪が続く見込みです。

 

雨の予想

14日6時から15日6時までの24時間雨量
 北海道地方の多い所 50ミリ
雨は、14日夕方までに雪に変わる見込みです。

 

引き続き、地元気象台や測候所が発表する防災気象情報に留意してください。

(令和元年11月14日05時03分 札幌管区気象台発表)

 

新千歳空港のある千歳市でも暴風警報発表の可能性「高」

札幌管区気象台によると、北海道内は日本海側を中心に、14日〜16日にかけて大荒れとなる可能性があります。

札幌市や新千歳空港のある千歳市では、早期注意情報(警報級の可能性)で、暴風・暴風雪と波浪の警報可能性が14日と15日が「高」、16日が「中」としています(11月12日現在)。また、北海道の広い範囲で、日本海側の地域を中心に「高」の可能性が発表されています。

空の便や鉄道、道路など、交通障害が発生するおそれがあります。

 

着雪による電線の切断などで停電のおそれ

雨から変わった湿った雪は、電線などに着雪し、重みで電線の切断や電柱が倒壊する場合があります。

暴風雪となってからの停電では、復旧作業が困難または長時間かかる可能性が高く、停電への備え(携帯電話・スマートフォンなどの充電、予備バッテリーの充電、懐中電灯、携帯ラジオ、電気を必要としない暖房器具、カセット式ガスコンロ、食料品、飲料水などの準備)をしておくことをおすすめします。

 

 

札幌管区気象台発表

(画像はクリックで拡大)

(出典:気象庁札幌管区気象台)

 

 

気象庁が早期注意情報(警報級の可能性)を発表

発達する低気圧や強い冬型の気圧配置の影響で、北日本では14日から16日頃は大荒れや大しけとなる所があり、大雪となるおそれもあります。

北日本では、14日から16日頃にかけて、日本海側を中心に西寄りの風が雪を伴って非常に強く吹き、海は大しけとなるでしょう。

暴風や高波、猛吹雪や吹き溜まりによる交通障害に警戒してください。

また、北日本では、15日から16日頃にかけて、日本海側を中心に大雪となるところがあるでしょう。

積雪や路面凍結による交通障害に注意してください。

また、落雷や突風、湿った雪による電線等への着雪、なだれに注意してください。

今後、発表する警報や注意報、早期注意情報、気象情報に留意してください。

(気象庁:令和元年11月12日16時55分)

 

暴風雪と高波及び大雪に関する北海道地方気象情報 第5号

北海道地方は、日本海側を中心に14日昼前から16日頃にかけて西の風が雪を伴って非常に強く、海は大しけとなる見込みです。

見通しのまったくきかない猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害、暴風や高波に警戒してください。

また大雪による交通障害に十分注意してください。

 

気象概況

14日から15日にかけて、低気圧が日本海北部から間宮海峡を急速に発達しながら北上し、伴う寒冷前線が14日日中に北海道を通過するでしょう。

北海道付近は、前線の通過後、上空約1500メートルに真冬並みの氷点下15度以下の寒気が入って、16日頃にかけて強い冬型の気圧配置が続く見込みです。

 

防災事項

北海道地方では、14日は南よりの風が西の風に変わって急激に強まり、日本海側を中心に雪を伴って非常に強く、海は大しけとなる見込みです。

14日昼前から16日頃にかけて、車の運転が困難になるような見通しのまったくきかない猛ふぶきや、吹きだまりによる交通障害、暴風や高波に警戒してください。

日本海側北部では13日夜遅くから局地的に南の風が強くなるため暴風に警戒してください。

また、14日夜から16日頃にかけて降雪量が多くなるため、大雪による交通障害やなだれに十分注意してください。

なお、14日は前線の通過に伴い風向が急変し、雨が雪に変わるため、湿り雪による電線等への着雪、停電や倒木、農業施設の管理等に注意してください。落雷や突風、ひょうにも注意が必要です。

 

風の予想

14日にかけての最大風速(最大瞬間風速) 南のち西の風
 日本海側    陸上 23メートル(35メートル)
           海上 25メートル(35メートル)
 太平洋側    陸上 20メートル(35メートル)
           海上 23メートル(35メートル)
 オホーツク海側  陸上 15メートル(30メートル)
           海上 23メートル(35メートル)
その後も16日頃にかけて、非常に強い西の風が続く見込みです。

 

波の予想

14日の波の高さ
 日本海側    7メートル
 太平洋側    6メートル
 オホーツク海側  4メートル
その後も16日頃にかけて、大しけの状態が続く見込みです。

 

雪の予想

14日18時から15日18時までの24時間降雪量
 日本海側の多い所  50から70センチ
その後も16日頃にかけて、日本海側を中心に雪が続く見込みです。

 

雨の予想

13日18時から14日18時までの24時間雨量
 北海道地方の多い所 60ミリ
雨は、14日夕方までに雪に変わる見込みです。

 

引き続き、地元気象台や測候所が発表する防災気象情報に留意してください。

次の「北海道地方気象情報」は、14日5時頃に発表する予定です。(札幌管区気象台)

 

 

嵐 アニバーサリー ライブツアー2019

今季はじめての強い冬型の気圧配置となる11月14日〜16日は、「嵐 アニバーサリー ライブツアー 2019」が札幌ドームで開催される予定です。

公演は、

11/14(木)18:00開演
11/15(金)18:00開演
11/16(土)16:00開演

となっていますが、新千歳空港周辺の天候によっては欠航便や遅れ、また、札幌駅と新千歳空港を結ぶJRの運転見合わせなどが発生する可能性もありますので、公演の開催可否を含め、ライブ参加を予定されている方は早めに情報の収集や天候状況・交通状況の確認をされることをおすすめします。

新千歳空港大雪、105便が欠航し114便に遅れ|6日は平常運行予定も一部欠航可能性 - unavailable days
新千歳空港大雪、105便が欠航し114便に遅れ|6日は平常運行予定も一部欠航可能性 - unavailable days

  7日も午前9時現在で7便が欠航 混乱続く Uターンラッシュさなかに大雪で欠航が相次いだ北海道の新千歳空港では、便を確保できなかった人ら45人が6日夜も空港内で一夜を明かした。7日もほとん

続きを見る

 

おすすめ記事

▼ 特設 ▼

1

  速 報 など 大阪府、11月27日発表の新規感染者数は、383人 府の1日の発表数で、過去3番目 大阪府の感染者は、累計1万9167人となった 中国との往来再開、11月30日から 新型コ ...

2

  感染症指定医療機関の指定状況(厚生労働省) ■平成31年4月1日現在 ・感染症病床を有する指定医療機関 348医療機関(1,712床) ・結核病床(稼働病床)を有する指定医療機関 184 ...

3

  2020年(令和2年)に発生した台風と名前一覧 毎年、1月1日午前0時以降に発生した台風が「台風1号」となります。 令和2年の台風1号は、昨年12月22日に発生した令和元年台風29号ファ ...

-気象・災害
-, , , , , , ,

© 2020 unavailable days