in Japan days 気象・災害

5月の嵐 太平洋側の広い範囲で大雨 東京電力管内で停電続く

 

寒冷前線が本州を通過 関東では1日で半月分の雨も

寒冷前線の本州通過に伴い、5月21日、西日本から東日本の太平洋側で大雨となった。

局地的に非常に激しい雨が降り、和歌山市で未明の1時間に55.5ミリの雨を記録、5月の観測史上最高値を更新した。

雨が多かった地域では土砂災害や浸水、川の増水・氾濫に警戒が必要。

雨の中心は、午後にかけて東へと移動、夜から朝にかけて北日本が降雨範囲となる。

 

静岡県南部などに土砂災害警戒情報

静岡地方気象台と静岡県は21日午前、土砂災害の危険性が高まったとして静岡市南部(葵区の一部、駿河区、清水区)と富士宮、島田、掛川、藤枝の各市に土砂災害警戒情報を発表した。

気象庁によると、前線の通過で大気の状態が非常に不安定になっており、暖かく湿った空気が流れ込んだことで大雨となった。

東日本の太平洋側では落雷や竜巻などの突風にも注意が必要になる。

 

静岡県伊豆市で406ミリ 関東でも記録を更新

5月21日午後12時20分現在の24時間降水量は、静岡県伊豆市で406ミリ、静岡市葵区で236.5ミリなど県内各地で5月の最高値を更新した。

神奈川県山北町は184.5ミリ、群馬県片品村52.5ミリと、5月としては観測史上最も多い雨量を記録した。

横浜や東京の中心部の24時間降水量は、それぞれ54.5ミリ、58ミリ。

 

 

東京電力管内で停電

東京電力管内では、5月21日16時現在、およそ5,500軒で停電が発生しています。

都県名 停電軒数
茨城県 約3300軒
栃木県 約500軒
群馬県 -
埼玉県 -
千葉県 約800軒
東京都 -
神奈川県 約900軒
山梨県 -
静岡県 -

(東京電力)

最新の情報は東京電力のサイトでご確認ください。

 

 

夜にかけて東北から北海道が雨の中心に

前線の影響で、関東や東北南部を中心に大気の状態が不安定になり、発達した雨雲がかかっています。

このあと数時間は1時間に30ミリ以上の激しい雨が降るおそれがあり、土砂災害や川の増水などに警戒が必要です。

気象庁によりますと、前線や湿った空気の影響で大気の状態が非常に不安定になり、午後3時から夕方にかけては関東や東北南部に発達した雨雲がかかっています。

午後3時までの1時間に福島県いわき市の平で31ミリの激しい雨が降りました。

 

福島県と茨城県に土砂災害警戒情報

福島県と茨城県では、これまでの雨で土砂災害の危険性が非常に高まっているとして「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります。

風も強まり、千葉県勝浦市では午後0時半すぎに22メートルの最大瞬間風速を観測しました。

前線は次第に東へ移動し、関東、伊豆諸島、東北南部を中心に、このあと数時間は雷を伴って1時間に30ミリ以上の激しい雨が降るおそれがあります。

22日昼までに、伊豆諸島で150ミリ、関東で100ミリの雨が降ると予想されています(いずれも多いところ)。

東日本と北日本の太平洋沿岸では、このあと数時間は風の強い状態が続き、波の高さは東北と関東の沿岸で6メートルの大しけとなる見込みです。

気象庁は、土砂災害、川の増水、低い土地の浸水、高波に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風にも十分注意するよう呼びかけています。

(気象庁)

 

おすすめ記事

▼ 現在の上位アクセス ▼

1

  台風19号は今年最強クラスの台風のまま接近・上陸可能性が非常に高く、計画運休・通行止め・停電・風水害など大きな被害が発生することが想定されています。 同台風の関連情報は下記のリンクをご参 ...

2

  台風19号は、11日午前11時から気象庁の予報課トップ自ら会見を行う異例の警戒を呼びかけています。 自治体から「避難に関する情報(避難準備情報・避難勧告)」が出た段階で、避難指示よりも前 ...

3

  令和元年台風19号 ハギビス 台風19号は、12日午後7時前、静岡県の伊豆半島付近に上陸しました。 台風19号は、10月7日(月)午後6時の気象庁観測で、これまでの「大型で非常に強い台風 ...

4

  2019年に発生した台風と名前 毎年1月1日以降に発生した最初の台風が「台風1号」となります。 今年は、台風2号までが平成31年発生、台風3号以降は令和元年発生となります。 台風の名前の ...

5

    塩害 塩害は、塩分に起因する植物・農作物・建築物・構造物に及ぶ害の総称。 海沿いの地域では海水に含まれる塩分により様々な塩害が生じる。 塩分を含んだ潮風が吹き付けることや、 ...

6

  防災気象情報と警戒レベルの対応 気象庁などが出す大雨や土砂災害の情報と自治体が出す避難情報を危険度に応じて5段階で表示する運用が2019年5月末からはじまりました。 2018年7月に発生 ...

-in Japan days, 気象・災害
-, ,

Copyright© unavailable days , 2019 All Rights Reserved.