HINO Japan

science

トラック隊列走行 後続車無人で2台が追尾|新東名で実証実験を開始 国内初

 

未来投資戦略2018

国土交通省と経済産業省は、2018年6月に閣議決定した「未来投資戦略2018」に基づき、その取り組みのひとつであるトラック隊列走行について、2020年に新東名高速で後続車を無人にして実現し、2022年に商業化することを目指している。

これまで公道での実験は、後続車にも「人が乗る」方式で実証実験を重ねてきた。

今回発表された実証実験では後続車には「人が乗らない」前提の無人システムを用いた実験を実施する(安全確保の理由から現在の道路交通法に準じ、ドライバーは乗車)。

両省によると、先行車に追従して車線変更する機能を搭載したトラックによる公道実証は、国内初。

 

実証実験の高速ルートと期間

■実験ルート
静岡県内の浜松SA~遠州森町PA間(上下線・往復する)

■実験期間
2019年1月22日(火)から2月28日(木)

 

一般ドライバーへの注意

  • 2〜3台の大型トラックが短い車間距離で隊列を組んで走行します。トラック隊列への割り込みは危険です。
  • トラック隊列は浜松サービスエリアと遠州森町パーキングエリア間を往復します。
  • 分流、合流、車線変更の際はご注意ください。
  • トラック隊列の駐車のため、浜松SA(上下線)及び遠州森町PA(上下線)において、一部駐車スペース(大型車用)のご利用を制限いたします。ご協力をお願いいたします。
  • 既存の法令を遵守し、全車両にドライバーが乗車し、安全に走行します。

 

 

CACCとLKA

トラック隊列実証実験では、2017年度に世界初となる国内メーカー4社が開発したトラックによるCACC(協調型車間距離維持支援システム)と、LKA(車線維持支援システム)を組み合わせた、より高度な自動運転システムによる隊列走行を検証する。

※CACC:Cooperative Adaptive Cruise Control)

※LKA:Lane Keep Assist

 

有人での実証実験は2018年11月に実施済

経済産業省と国土交通省は2018年11月6日から上信越自動車道、同12月4日から新東名高速道路でCACC(協調型車間距離維持支援システム)技術を活用した後続車有人のトラック隊列走行の公道実証を実施している。

この実証実験は、高速道路において、複数のトラックメーカーが共同開発したCACCを用い、異なるトラックメーカーが製造したトラックにLKAを追加搭載した方法で行われ、後続車有人隊列走行は世界初となった。

CACCシステムは、従来のACC(定速走行・車間距離制御装置)で用いられている先行車との車間距離情報に加えて、先行車の加減速制御情報を車車間通信(760MHz)で後続車に対して伝送、自動的に速度制御を行う。従来のACCよりも、応答の遅れや車間距離の変動が少ない走行をすることが可能となった。

LKAシステムは、高速道路運転時に道路表示車線(白線・黄線)をカメラが認識、その情報に基づいてステアリングを制御し、車線に沿った走行がしやすいようにドライバーをサポートするもの。これにより、後続トラックの安全で滑らかな車線変更を実現することを始め、先導車を運転するドライバーの負担軽減にも効果を出す。

 

トラックドライバー不足への効果だけではない

トラック隊列走行では、先頭のトラックにドライバーが1名乗車、運転する。その先行車に2台のトラックが自動追従し、3台の編成で高速道路を走行する。

トラックは国内法の規制範囲に基づいて各自動車メーカーが製造・販売している車両に、自動制御用のシステムを追加搭載したもので、実用化されれば、既存のトラックへの導入も十分に可能。

最大の効果は、1名のトラックドライバーが、都合3台のトラックの長距離移動ができ、少子高齢化などに伴う人材不足への一助として期待される。

運転を補助する機能により、ドライバーへの負担軽減も大きい。

さらに、追従トラックは前車との車間距離が10m(以内)と短く、先行車両が風よけの役目を果たすことから一定の燃費軽減にも繋がると考えられる。わずかな差であったとしても、物流の多くをトラック輸送に依存している現代において、総量としての軽減割合は決して小さなものではないだろう。

 

 

国土交通省・経済産業省のプレスリリース

国土交通省
平 成 31 年1月8日
自動車局技術政策 課

経済産業省 同時発表

高速道路における後続車無人システム(後続車有人状態)を用いた トラックの隊列走行の公道実証を開始します

国土交通省及び経済産業省は「高度な自動走行システムの社会実装に向けた研究開発・実 証事業」の一環として、本年1月22日から新東名高速道路において後続車無人システム(後続車 有人状態)のトラック隊列走行の公道実証を実施します。

国土交通省及び経済産業省では、「未来投資戦略2018(平成30年6月15日閣議決定)」に基づ き、移動革命の実現にむけた主な取組の一つである高速道路でのトラック隊列走行について、 早ければ2022年の商業化に向けて、2020年に高速道路(新東名)での後続車無人での隊列走行を実現することを目指しています。

これまで、後続車無人システムの開発を進めテストコースでの検証を重ねてまいりましたが、 本年1月22日から2月28日までの間、新東名高速道路において、トラック隊列走行の後続車無人システム(後続車有人状態)の公道実証を開始※1することとしました。

今年度の公道実証では、最大3台のトラックが、時速70kmで車間距離約10mの車群を組んで走行いたします※2。

安全確保の観点から、全ての車両にテストコースで経験を積んだドライバーが乗車いたします。

実走行環境において、開発中の後続車無人システムの実現に向けて必要となる機能※3が設計通り作動することの確認を行うとともに、トラック隊列が周辺走行車両の乗員からどのように認識されるか(被視認性、印象等)、トラック隊列が周辺走行車両の挙動(追い越し等)に及ぼす影響等も 確認いたします。

※1 これまで公道で実施していた実証実験は後続車有人システムです。

※2 車間距離維持機能や先行車追従機能等を搭載することにより、時速70kmで車間距離約10mでの走行を実現します。

※3 今回実施する先行車に追従して車線変更する機能を搭載したトラックによる公道実証は国内初です。

 

 

今年度の公道実証で使用する実証実験車両システム説明

■後続車無人システム
ドライバーによる手動運転を行う先頭車の後方に1台または複数台の無人のトラックを短車間距離 (最長10m)で、電子的に連結して走行するシステム。電子的な連結とは、車両間を通信等により接続 するもので、物理的な連結が存在しない。

■CACC システム(協調型車間距離維持支援システム)
通信で先行車の制御情報を受信し、加減速を自動で行い、車間距離を一定に保つ機能。

■先行車トラッキングシステム
GPS トラッキング制御技術※1、LiDARトラッキング制御技術※2 により、先頭車または先行車への追従走行、車線維持、車線変更を行う機能。

■先頭車運転支援システム
後続車の後側方のカメラ画像やミリ波レーダーによる検知情報を先頭車に表示し、先頭車が車線変 更する際のドライバーの視界を支援する機能。

後続車無人システムは、一人の運転手が複数台の無人※3 のトラックを運行し、もって高効率の運行を実現することで、トラックのドライバー不足対策に貢献するとともに、短車間距離による空気抵抗低減と交通容量増大による効果により省エネルギーが期待できる。

※1. 白線未検出時又は車線変更時、RTK-GPS により先頭車と自車の横偏差を検出し先頭車をトラッキ ングする技術。

※2. 白線未検出時又は車線変更時、LiDAR により先行車と自車の横偏差を検出し、先行車をトラッキン グ制御する技術。

※3. 今年度の実証実験は、安全確保の観点から、全ての車両にテストコースで経験を積んだドライバー が乗車。

 

システム概要図

 

実証実験用トラック外観

 

 

一般ドライバーへの告知

毎日起こる謎の出来事 | have a nice life n' see you next life - unavailable days
毎日起こる謎の出来事 | have a nice life n' see you next life - unavailable days

毎日起こる謎の出来事 | have a nice life n' see you next life

続きを見る

編著:Kitsunesan

おすすめ記事

-science
-, , , , , , ,

Copyright© unavailable days , 2019 All Rights Reserved.