sticky world news agency

タカタ製エアバッグ豪で死亡事故 国交省が国内メーカーに調査指示

ショウガ葉酸

 

国交省 オーストラリアでの死亡事故を受け 調査指示

タカタ製エアバッグ・インフレータ破損の不具合に関する調査指示について

オーストラリアにおいて、タカタ製エアバッグ・インフレータの異常破裂が原因と疑われる死亡・重症事故が発生し、当該インフレータを搭載した自動車のリコール届出が新たに行われたことを受けて、自動車局は、当該インフレータを搭載した車両を製作した自動車メーカー等7社に対し、早急に原因究明及びリコール等の市場措置の要否について検討し、結果を報告するよう指示しました。

タカタ製エアバッグ・インフレータについては、ガス発生装置(インフレータ)が異常破裂し、金属片が飛散する不具合が発生しているため、平成21年以降、リコールを実施しているところです。

11月7日、オーストラリア競争・消費者委員会(Australian Competition & Consumer Commission)は、BMW社より、運転席のエアバッグ・インフレータが異常破裂するおそれがあるとして、リコール届出があった旨を公表しました。
なお、同委員会は、関係機関と連携し、同国内で発生したエアバッグ・インフレータの異常破裂が原因と疑われる事故(死亡事故1件、重傷事故1件を含む。)について調査を行っております。

このリコール届出の対象であるエアバッグ・インフレータは1995年~1999年の間に製造されたものであり、これまでに原因が判明し、リコールの対象となっている硝酸アンモニウムをインフレータに用いたタイプではないことから、異常破裂の原因についても明らかとなっておりません。

このため、国土交通省では、11月27日、当該異常破裂のおそれがある型式のエアバッグ・インフレータ(以下「対象インフレータ」といいます。)を搭載した車両を製作した自動車メーカー等7社に対し、早急に原因の究明を行い、原因が特定され次第、リコール等の市場措置の要否を検討し、その結果を報告するよう指示するとともに、12月6日、道路運送車両法に基づき、文書にてその旨を指示しました。

【対象インフレータが搭載されている車両を製作している自動車メーカー等】
 ・ スズキ株式会社
 ・ トヨタ自動車株式会社
 ・ ビー・エム・ダブリュー株式会社
 ・ 本田技研工業株式会社
 ・ マツダ株式会社
 ・ 三菱自動車工業株式会社
 ・ 三菱ふそうトラック・バス株式会社

(国土交通省:令和元年12月6日)

 

 

米で新たにリコール報告

エアバッグの大量リコールで経営破綻したタカタは、エアバッグインフレーターの不具合のために米国で新たに自動車140万台のリコールが必要になると米運輸省道路交通安全局(NHTSA)に報告した。

NHTSAのウェブサイトに掲載された通知によると、タカタが世界の大手自動車メーカー5社に供給したインフレーターは水分を吸収する可能性があり、その結果エアバッグが破裂したり十分に膨らまなかったりする恐れがある。

フォルクスワーゲン(VW)傘下アウディ、トヨタ自動車、ホンダ、BMW、三菱自動車に販売した1995〜99年製インフレーターがリコールの対象となる。

(2019年12月5日 8:09 JST)

 

 

致命的なタカタエアバッグが2人目のオーストラリアドライバーを殺した可能性

Deadly Takata airbags may have killed a second Australian driver.

Authorities are investigating the death of a BMW driver believed to have been killed by a faulty airbag, triggering fresh recalls.

Details surrounding the incident are slim - the ACCC, Department of Infrastructure and BMW have declined to say where or when the fatality occurred, or release any details relating to the driver.

But the ACCC has warned more than 12,000 owners of BMW E46 3 Series models built between 1997 and 2000 to stop driving immediately.

It said “two recent suspected misdeployments of these inflators” resulted in “a death and a serious injury” in Australia.

The development follows the death of Sydney man Huy Neng Ngo who died when the airbag in his Honda ruptured in July 2017, and a 21-year-old woman who suffered serious injuries when the airbag in her Toyota failed in the Northern Territory in April 2017.

Police are working with the ACCC and Department of Infrastructure, Transport, Cities and Regional Development to investigate more recent incidents.

The vehicles were not part of existing mandatory recalls.

BMW Australia spokeswoman Leanne Blanckenberg said a particular batch of Takata airbags “may not function entirely correctly due to a manufacturing defect”.

“We are currently checking this matter in more detail together with the Australian authorities,” she said.

“In addition, we are taking immediate steps to prevent the affected vehicles from being driven and implementing measures to minimise inconvenience to owners of those vehicles by providing alternative means of transportation.”

They declined to confirm or deny whether their airbags had been involved in any incident resulting in a death.

Customers affected by the new recall, which surrounds 20-year-old cars, can receive a loan car or reimbursement for alternative transportation costs until airbag replacement parts are available.

ACCC Deputy Chair Delia Rickard said people should stop driving E46-generation BMW 3 Series models and contact BMW on its Takata hotline, 1800 243 675.

“Because of the critical level of risk, the ACCC urges people to stop driving their vehicle immediately and to contact BMW to arrange to have their vehicle inspected as soon as possible,” Ms Rickard said.

“BMW will arrange to tow your vehicle to repair facilities for inspection, or send a mobile technician out to your premises or vehicle’s location to inspect the vehicle.”

NEWS.COM 2019/11/8

 

おすすめ記事

▼ 現在の上位アクセス ▼

1

  米、イランの精鋭部隊・革命防衛隊司令官らを殺害 米国防総省は1月2日夜(現地)、声明を出し、イランの革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害したと発表した。 声明では「大統領の指示を受けてアメ ...

2

  年末年始 全銀のATMネットワークシステムメンテナンス メンテナンス期間中に注意すること 年末年始にかけて、全国の金融機関が利用する全国銀行協会(全銀)のATMネットワークシステムメンテ ...

3

  令和最初の大晦日、70回目の記念となるNHK紅白歌合戦が終わると、年の瀬の恒例となる「ゆく年くる年」の放送がはじまります。 今年は台風15号、19号で甚大な被害が発生した千葉県の成田山新 ...

4

  年末年始の高速道路渋滞予測 NEXCO全国 NEXCO東日本/NEXCO中日本/NEXCO西日本/氾本四高速/(公財)日本道路交通情報センターは、年末年始期間[令和元年12月27日(金) ...

5

  YOU MAKE SHIBUYA COUNTDOWN 2019-2020 渋谷区が 20 年後を見据え、2016 年に策定した「渋谷区基本構想」。 これを契機とし、未来へ向けたまちづくり ...

6

  東京都内一般道路の渋滞予測 警視庁では、年末年始(令和元年12月15日(日曜)から令和2年1月5日(日曜)の22日間)における都内一般道路の渋滞状況を予測しました。前年同時期の状況等に基 ...

7

  令和2年新年一般参賀要項 期日 令和2年1月2日 参入時刻 午前9時30分~午後2時10分 参入門 皇居正門(二重橋) 退出門 坂下門,桔梗門(ききょうもん),大手門,乾門 お出まし(予 ...

-sticky world news agency
-, ,

Copyright© unavailable days , 2020 All Rights Reserved.