スポーツ

名古屋ウィメンズマラソン2023 概要 交通規制|3月12日(日)開催

2023/02/26

名古屋ウィメンズマラソン2023

 

名古屋ウィメンズマラソン2023

名古屋ウィメンズマラソンは、今回で12回目を迎える世界最大の女性だけのフルマラソンレース。

オリンピックや世界陸上のマラソン代表選考会として歴史のある「名古屋国際女子マラソン」が、全国のランニングファンの期待に応えるために、2012年に市民ランナーも参加できる大規模マラソンにリニューアルした。

2012年の第1回大会では13,114人が出走し「女性だけのフルマラソン大会」のギネス世界記録に認定、 2018年大会では21,915人となり、同大会が持つギネス記録を更新、さらに前回大会からは優勝賞金が25万ドルにアップした。

 出走者数と優勝賞金、いずれも世界トップクラスの女性マラソンレース。

今回はパリオリンピック出場に繋がるMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)進出をかけての最後の大会として注目されている。

 

鈴木亜由子が2位、前田穂南3位|名古屋ウィメンズマラソン2023

名古屋ウィメンズマラソンは12日、名古屋市のバンテリンドームナゴヤ発着で行われ、東京五輪代表の鈴木亜由子(日本郵政グループ)が2時間21分52秒で日本勢最高の2位に入った。前田穂南(天満屋)が3位。

ルース・チェプンゲティッチ(ケニア)が2時間18分8秒で大会2連覇を達成した。

今回は応援の制限がなくなり、沿道ににぎわいが戻った。(記録は速報値)

名古屋ウィメンズマラソン

2時間21分52秒で日本勢最高の2位でゴールする鈴木亜由子=バンテリンドームナゴヤ

©共同202303121243

 

開催日時

2023年3月12日(日)

9時10分スタート

名古屋ウィメンズマラソン公式

 

大会名称

名古屋ウィメンズマラソン2023

(英文名:NAGOYA WOMEN’S MARATHON 2023)

ジャパンマラソンチャンピオンシップシリーズ
兼ブダペスト2023世界陸上競技選手権大会日本代表選手選考競技会
兼杭州2022アジア競技大会日本代表選手選考競技会
マラソングランドチャンピオンシップチャレンジ
大会名 名古屋ウィメンズホイールチェアマラソン2023(NAGOYA WOMEN’S WHEELCHAIR MARATHON 2023)
主催 愛知県、中日新聞社
共催 名古屋市、名古屋市教育スポーツ協会
後援 日本陸上競技連盟、日本パラスポーツ協会、日本パラ陸上競技連盟
愛知県障害者スポーツ指導者協議会、東海学園大学、日本福祉大学 (申請予定)
主管 愛知陸上競技協会
特別協賛 ゴールドスポンサー:日本特殊陶業
シルバースポンサー:ニューバランス ジャパン
種目 女子10km
開催日時 2023年3月12日(日)9:00スタート
(名古屋ウィメンズマラソンのスタート10分前)
コース バンテリンドーム ナゴヤ~妙音通

 

テレビ中継

■東海テレビ・フジテレビ系列全国ネット

9時00分から生中継

■解説
有森裕子(バルセロナ五輪 銀メダル、アトランタ五輪 銅メダル)
高橋尚子(シドニー五輪 金メダル)
野口みずき(アテネ五輪 金メダル)
金哲彦(ニッポンランナーズ理事長)

■実況
森脇 淳 (東海テレビ)他

■名古屋ウィメンズマラソン2023 東海テレビアンバサダー
河合郁人(A.B.C-Z)

 

ネット配信

■Locipo

 

大会概要

大会名 名古屋ウィメンズマラソン2023
(英文名:NAGOYA WOMEN’S MARATHON 2023)
兼 ジャパンマラソンチャンピオンシップシリーズ
兼 ブダペスト2023世界陸上競技選手権大会日本代表選手選考競技会
兼 杭州2022アジア競技大会 日本代表選手選考競技会
兼 マラソングランドチャンピオンシップチャレンジ
主催 日本陸上競技連盟、中日新聞社
共催 愛知県、名古屋市、名古屋市教育スポーツ協会
主管 愛知陸上競技協会
特別協賛 ゴールドスポンサー:日本特殊陶業
シルバースポンサー:ニューバランス ジャパン
種目 女子マラソン
日程 2023年3月12日(日) 9:10スタート(※日本時間)
コース 名古屋ウィメンズマラソンコース
【バンテリンドーム ナゴヤ発着、日本陸上競技連盟、WA/AIMS公認コース】
※完走した競技者を対象として、15km、20km、ハーフ、25km、30km、マラソンの記録が公認されます。
参加料 19,000円
※事務局手数料950円が別途必要になります。
参加資格
(1)次の①、②を満たす女性競技者
①2022年度日本陸上競技連盟登録競技者で大会当日満19歳以上の競技者
②2021年3月1日以降、申込期日までに国内外の公認競技会で、日本陸上競技連盟の登録者として下記の記録を出した競技者 

1)マラソン
2時間50分00秒以内
2)30㎞
1時間55分00秒以内
3)ハーフマラソン
1時間15分00秒以内
4)20㎞、20,000m
1時間11分00秒以内
5)10㎞、10,000m
34分00秒以内

(2)日本陸上競技連盟が推薦する競技者
(3)日本陸上競技連盟が招待する海外・国内競技者
競技規則 2022-2023年ワールドアスレティックス(WA)並びに2022年度日本陸上競技連盟規則及び本大会規定によります。また、本大会は、WAが認定するラベル大会のため、WA Road Race Label Regulations(WAロードラベリング規程)・WA Advertising Regulations(WA広告規程)も適用されます。WAの規則によりドーピング検査を実施します。
参加申込
(1) 期間
2022年12月1日(木)から2023年2月2日(木)23:59まで
(2) 方法
大会HPからエントリーし、必要事項の入力とともに、参加資格取得記録の記録証または陸上競技マガジン記載部分(いずれも写真可)をアップロードしてください。
大会HPからエントリー後、参加料を入金してください。大会HPからのエントリーと、参加料の入金の両方をもって参加とします。 どちらか一方では受け付けません。。
選手村 名古屋東急ホテル
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄4-6-8
TEL(052)251-2411
https://www.tokyuhotels.co.jp/nagoya-h/
第一次点呼 ①日時  2023年3月11日(土) 10:00~17:00(予定)
②場所  名古屋東急ホテル
③実施事項  下記の項目を実施予定です。時間厳守で、参加者本人の来場が必須(代理は不可)。

1) アスリートビブスの配付
2) ユニフォーム等のチェック
3) 参加賞の配布

表彰

総合1位から8位までの入賞者と最優秀新人(新人賞)を表彰します。

賞金 総合1位:250,000ドル
※以降、競技成績により賞金を別途定めます。

 

【JMCシリーズ 国内最終戦の名古屋ウィメンズマラソン2022】ダイジェスト

【JMCシリーズ 国内最終戦の名古屋ウィメンズマラソン】ダイジェスト

 

 

関連ニュース

A.B.C-Z河合郁人が『名古屋ウィメンズマラソン2023』東海テレビアンバサダーに就任!配信番組、東海ローカル番組にも出演

A.B.C-Z河合郁人が『名古屋ウィメンズマラソン2023』東海テレビアンバサダーに就任!配信番組、東海ローカル番組にも出演

 

史上初、国際女性デー2023を冠に「ホワイトリボンラン」「名古屋ウィメンズマラソン」「渋谷・表参道Women’s Run」の3大会が連帯!

名古屋ウィメンズマラソン2023 WHITE RIBBON

史上初、国際女性デー2023を冠に「ホワイトリボンラン」「名古屋ウィメンズマラソン」「渋谷・表参道Women’s Run」の3大会が連帯!

 

 

名古屋ウィメンズマラソン2023 招待競技者・ペースメーカー

 

 

コース

名古屋ウィメンズマラソン2023

 

 

交通規制

名古屋市内において6時から16時20分頃まで交通規制実施

交通規制実施中は、自転車や歩行者もコースの横断ができなくなります。

 

東海テレビ

フジテレビ

 

  • この記事を書いた人

-スポーツ
-