スポーツ

HONDA アストンマーチンと組み2026年にF1復帰 伊スポーツ紙 La Gazzetta dello Sport が報じる

2023/05/24

HONDA F1 F1復帰

©2003-2023 Formula One World Championship Limited

 

【速報】ホンダ、2026年からパワーユニットサプライヤーとしてF1参戦決定

ホンダは、自動車レースの最高峰「F1」に2026年のシーズンから復帰することを明らかにしました。

ホンダは2026年のシーズンからF1に参戦し、エンジンとモーターを組み合わせたパワーユニットをアストンマーティンに供給する契約を結ぶことで合意。

ホンダは、2040年に、世界で販売する新車のすべてをEV=電気自動車やFCV=燃料電池車にする方針を示しており、復帰の理由について、会社は2026年からの新たなレギュレーションで、脱炭素につながる「合成燃料」の全面使用や、電気エネルギーの比率を高めてエンジンとモーターの出力を同等にすることが決まり、脱炭素を進める会社の方針と合致したためとしています。

2023年5月24日

 

 

ホンダが2026年からF1に復帰:アストンマーティンに参戦する予定

イタリアのガゼッタ・デロ・スポルト(電子版)は23日、ホンダが2026年からアストンマーティンと組み、自動車レースの最高峰、F1シリーズに復帰すると報じた。

ホンダは、エンジンを中心とするパワーユニット供給元としてのF1活動を正式には21年限りで終了したが、2026年~2030年に使用される次世代パワーユニットについて、同社傘下のHRC(ホンダ・レーシング)が、2022年末、FiAに製造者登録を行い、20226年以降のサプライヤーとして承認されるなど、F1再参戦の動きを見せている。

20023年5月23日

メルセデスを離れる英国チームと並ぶ日本のメーカー。 HRC(ホンダ・レーシング)の参入はドライバー市場に影響を与えるはずだ

ホンダのF1からの撤退は、短期間で終わるだろう。

2026年、東京に本社を置くこのメーカーは、現在レッドブルの外部サポートを続けているが、アストンマーティンにエンジンを供給し、GPに復帰する予定だ。

今日、記者会見が予定されており、公式発表は明日に延期される。

これはHRCに近い筋からの情報だが、少なくとも2026年から2030年までは日本の巨人がF1に存在することを発表する。

ホンダがF1への復帰を希望していることは隠し切れない秘密だった。これは、3シーズン後(2026年)にパワーユニット(PU)の電気出力と熱出力が同じ比率(50%-50%)で1000馬力程度になることを予見する新しい技術規則が関連している。

ロードモデルやそれ以上のモデルの電動化がますます進む今日の市場において、基本的な取り組みである。

 

環境に配慮した新しいF1パワーユニットは10億円かかる

アストンマーティン-ホンダ

しかし、最大のニュースは、新しいチャレンジのために選ばれたパートナーである。

現在コンストラクターズ選手権で2位を占めるローレンス・ストロールのアストンマーティンは、メルセデスから購入しているパワーユニット、ギアボックス、リアサスペンションを使用しており、これらは、車体設計において制約が課せられる事を意味するが、ホンダとのパートナーシップにより解消される。

メルセデス自体も、ギアボックスとリアサスペンションを一体化して使っている。

しかし、この早期の発表がもたらす未知数には、もうひとつの側面がある。

ホンダと手を組んだことで、シルバーストーン・チームは一挙に二兎を得ることに成功したことだ。

 

 

ガゼッタ・デロ・スポルト:La Gazzetta dello Sport

23 maggio 2023 – MILANO

Honda ritorna in F1 dal 2026: farà sfrecciare l’Aston Martin

Il costruttore giapponese al fianco del team britannico che lascerà Mercedes. L’ingresso di Hrc dovrebbe avere conseguenze sul mercato piloti

L’assenza della Honda dalla F1 durerà poco. Dal 2026 la Casa di Tokyo – che attualmente continua a dare appoggio esterno alla Red Bull – tornerà in prima persona nei GP, fornendo i suoi propulsori alla Aston Martin. Oggi è previsto un incontro stampa, con l’ufficialità della comunicazione rimandata a domani, per annunciare – è quanto filtra da fonti vicine alla Hrc – la presenza del colosso giapponese in F1 dal 2026 al 2030 almeno. Che la Honda volesse rientrare era un segreto mal celato, legato al nuovo regolamento tecnico che prevede fra tre stagioni un rapporto identico (50%-50%) tra potenza elettrica e termica delle power unit per arrivare a circa 1000 cavalli di potenza. Esercizio fondamentale del mercato attuale, con la sempre maggiore elettrificazione dei modelli stradali e non solo.

Le nuove power unit F1 sempre più ecologiche costeranno un miliardo

ASTON MARTIN-HONDA—

La notizia più grande è invece rappresentata dal partner scelto per la nuova avventura. Perché il matrimonio in questione conferma le grandi ambizioni della Aston Martin di Lawrence Stroll, che occupa attualmente il secondo posto nel Mondiale Costruttori ma lo fa con una monoposto spinta dal motore Mercedes. E che, della stessa Mercedes, utilizza anche cambio e sospensione posteriore in blocco. Con due vincoli: uno dal punto di vista delle scelte progettuali, l’altro per il fatto che la power unit non è in esclusiva. Unendosi alla Honda, il team di Silverstone ha messo a segno due colpi in uno. Anche se c’è un’altra faccia della medaglia, rappresentata dalle incognite che questo annuncio anticipato si porta dietro.

About the author Honda ritorna in F1 dal 2026: farà sfrecciare l’Aston Martin:La Gazzetta dello Sport

 

■ガゼッタ・デロ・スポルト:La Gazzetta dello Sport

1896年4月3日に創刊された、イタリア最古といわれるスポーツ紙。

ピンク色の紙面がシンボルマークで、20世紀を通してイタリアのスポーツジャーナリズムで権威あるメディアであり続けてきたとされる。

La Gazzetta dello Sport

 

Formula One World Championship Limited

 

  • この記事を書いた人

-スポーツ