皇室

即位礼正殿の儀 天皇陛下おことば全文・英文|令和元年10月22日

ショウガ葉酸

 

即位礼正殿の儀 天皇陛下おことば

さきに、日本国憲法及び皇室典範特例法の定めるところにより皇位を継承いたしました。

ここに「即位礼正殿の儀」を行い、即位を内外に宣明いたします。

上皇陛下が三十年以上にわたる御在位の間、常に国民の幸せと世界の平和を願われ、いかなる時も国民と苦楽を共にされながら、その御心を御自身のお姿でお示しになってきたことに、改めて深く思いを致し、ここに、国民の幸せと世界の平和を常に願い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓います。

国民の叡智とたゆみない努力によって、我が国が一層の発展を遂げ、国際社会の友好と平和、人類の福祉と繁栄に寄与することを切に希望いたします。

 

Address by His Majesty at the Ceremony of the Enthronement of His Majesty the Emperor(Sokuirei-Seiden-no-gi )

Having previously succeeded to the Imperial Throne in accordance with the Constitution of Japan and the Special Measures Law on the Imperial House Law. I now perform the Ceremony of Enthronement at the Seiden State Hall and proclaim my enthronement to those at home and abroad.

I deeply reflect anew that for more than 30 years on the Throne, His Majesty the Emperor Emeritus constantly prayed for the happiness of the people and world peace, always sharing in the joys and sorrows of the people, and showing compassion through his own bearing. I pledge hereby that I shall act according to the Constitution and fulfill my responsibility as the symbol of the State and of the unity of the people of Japan, while always wishing for the happiness of the people and the peace of the world, turning my thoughts to the people and standing by them.

I sincerely hope that our country, through our people’s wisdom and unceasing efforts, achieves further development and contributes to the friendship and peace of the international community and the welfare and prosperity of humankind.

At the Seiden (State Hall) , October 22, 1st Year of Reiwa (2019)

 

 

おすすめ記事

▼ 特設 ▼

1

  項目名の「今日の日付」の下が、本日分の内容です。探しずらい場合は「もくじ」をご利用ください。 本日の動向・速報     6月4日(木) ■6月3日発表の感染者は、全国 ...

2

  最終:2020年4月7日厚生労働省発表分(土日祝は発表・更新のない場合があります) 新型コロナウイルス(COVID-19)の日本国内の感染患者発生状況について、厚生労働省が発表した情報の ...

3

  感染症指定医療機関の指定状況(厚生労働省) ■平成31年4月1日現在 ・感染症病床を有する指定医療機関 348医療機関(1,712床) ・結核病床(稼働病床)を有する指定医療機関 184 ...

-皇室
-,

© 2020 unavailable days