gadget

オリンパスTG-5に記録したLogをOLYMPUS OI.Trackにインポートする(カメラからログを取り込む方法)iOS版

更新日:

 

カメラ側で記録したログをOI.Trackに取り込み

OLYMPUSのカメラでLog記録に対応した製品であれば取り込み可能です。

ここでは同社のタフカメラTG-5からiPhoneXのOI.Trackにインポートする手順をご紹介していますので、他のカメラ機種の場合はカメラ操作部分やカメラとスマートフォンのWi-Fi接続方法などについては、当該機種の取扱説明書等を参考に読み替えをお願いします。

 

【A】OI.Trackを起動

1.OI.Trackを起動し、「カメラからログを追加」を押します

 

2.「カメラを検出できません」の警告が出たら、「接続」を押します

 

3.カメラとOI.Trackの接続設定を行っていない場合、「かんたん接続設定」の画面が表示されます。

接続設定をすでに終えている場合は、【C】へお進みください

 

 

【B】カメラとスマートフォンの接続認証(TG-5とiPhone)

1.TG-5の電源を入れ、右下の「MENU」ボタンを長押しすると写真のようなQRコードが液晶画面に表示されます。

 

2.スマートフォンに戻り、「かんたん接続設定」の画面下部にある「読み取り開始」を押します。

スマートフォンがカメラモードに切り替わったら、TG-5の液晶画面に表示されているQRコードをスマートフォンの画面に写し込みます。

 

3.TG-5のQRコードが読み込まれるとカメラとの接続情報が表示され、プロファイルのインストールを促されますので、右下の「インストール」を押します

 

4.設定ファイルへのアクセス許可を求めてきますので、「許可」を押します

 

5.右上の「インストール」を押します

 

6.パスコードの入力を求められた場合は、ご自身が設定している任意のパスワードを入力します

 

7.プロファイルの署名警告が出ますが、そのまま右上の「インストール」を押します

 

8.再度、インストール確認が表示されるので、下部の「インストール」を押します

 

9.インストール完了の画面が表示されたら、右上の「完了」を押します

 

10.プロファイルインストールの初期画面に戻るので、「OI.Trackに戻る」を押します

 

11.”OI.Track”で開きますか?と確認されるので、「開く」を押します

 

 

【C】カメラとスマートフォンをWi-Fiで接続する(TG-5とiPhone)

1.TG-5の電源を入れ、右下の「MENU」ボタンを長押しして、液晶画面に写真のようなQRコードを表示させます。この状態で、カメラがWi-Fiの親機代わりとなって子機(スマートフォン)からの接続を待機しています

 

2.iPhoneの「設定」を押し、さらに「Wi-Fi」を選択します

 

3.カメラのSSID(この場合は、TG-5xxxxxx)を探して、選択します。

自分のカメラのSSIDがサーチされて一覧に表示されるまで少し時間がかかることがあります。

 

4.カメラのSSIDが選択されればOKです

 

 

【D】カメラからログを取り込む

1.OI.Shareを起動し、「カメラからログを追加」を押します

 

2.ログ一覧が表示されたら、右上の「選択」を押します

 

3.左列の「◯」を押して、取り込みたいログファイルを選択します

 

4.選択後、右下の「ログの取り込み」を押します

 

5.スマートフォンへのログの取り込みが終わると、カメラの電源を切るか、そのままにするかの確認が表示されるので、任意で選択してください

 

6.これでログの取り込みは終了です

次回は、ログファイルと写真の連携、ログファイル内容の概要などについてご紹介します。

関連記事
OLYMPUS TG-5 iOS版 OI.Shareの接続設定(iPhoneX)

  開梱後 こんにちは、面倒くさい人こと、TG-5を買っちゃった人です。 前回の「開梱の儀」のあと、取扱説明書に従ってメモリカードとバッテリーを入れ、初期充電後、カメラの設定関連をいじろうか ...

 

-gadget
-, ,

Copyright© unavailable days , 2018 All Rights Reserved.