Lexus

gadget

トヨタ 新型レクサスESに量産車世界初のデジタルアウターミラー(ドアミラー)を採用

更新日:

 

 

量産車で世界初

トヨタ自動車は12日、10月下旬発売を予定する同社の高級車ブランドLexusの新型、レクサスESの一部車両に「デジタルアウターミラー」を搭載すると発表した。

デジタルアウターミラーは、車両のドアミラー位置に取り付けられたデジタルカメラ内蔵の小型ユニットで撮影。車両左右後方の映像を、室内フロントピラーに設置された5インチのディスプレイに表示させる。

通常のドアミラーと比べ、目線移動量が減少することで、ドライバーの負担を軽くし夜間や雨天時も後ろが見やすくなる。またカメラ内蔵ユニットの小型化により、斜め前方の死角も減少させ、安全運転を助ける。

さらに夜間などの暗い場所でも自動で明るさを調整し、周囲の明るさに応じた映像で視界を確保。雨天時も雨の影響を受けにくい形状と、カメラにヒーターを内蔵し霧などで水分が付着した際も除去する。

モニターに映し出される左右後方視界は、ウインカー作動時や後退時には表示エリアが自動的に拡大し死角を減少させるほか、ドライバー操作で任意に表示エリアを広げることも可能。従来の鏡より小型になっており、運転席からの視界が開け、風とぶつかる音も抑えられるという。

搭載は上位車種のみで、オプション装備。トヨタによると、量産車に外付けの電子ミラーを載せるのは世界で初めて。国土交通省が2016年に車両の保安基準を見直し、「鏡を使わない」方式が認められた。

カメラシステムが壊れた場合は、車載の通信機能でトヨタが故障を把握し、修理を促す仕組み。

 

 

-gadget
-, , ,

Copyright© unavailable days , 2018 All Rights Reserved.