in Japan days

札幌市電のササラ電車今季初出動 令和元年11月15日

 

令和となってはじめての出動は昨年より7日早く

北海道札幌市の市街地を走る路面電車「札幌市電」。

国内では、札幌市と函館市でのみ運行されている除雪車両「ササラ電車」が、11月15日早朝、今季初めて出動した。

北国札幌に、冬の訪れを告げる風物詩として毎年全国で報道される。

北海道付近は15日朝にかけて上空に強い寒気が流れ込んだ影響で、札幌市では午前7時までに8cmの積雪を観測した。

市電の始発を迎える1時間前の午前5時、ササラ電車2台が出動し、路面の軌道に積もった雪を勢いよくはね、今季の初仕事を終えた。

ササラ電車は前後に取り付けた竹の回転ブラシで雪を掃き飛ばすもので、ひとつのササラは長さ28.5cm、直径3.5cmの円筒形。

今季の出動は昨季より1週間早いものとなった。

札幌管区気象台によると、14日午後9時から15日午前7時までの札幌の最低気温氷点下3.5度を観測。日中も気温は上がらず、今季初の真冬日となる可能性もある。

北海道内でもっとも気温が低くなったのは、中標津町の氷点下8.8度。

 

 

 

 

2018年(平成30年)のササラ電車出動

ササラ電車 2018年の今季初出動 札幌冬の風物詩 市電の除雪開始で本格的な冬 - unavailable days
ササラ電車 2018年の今季初出動 札幌冬の風物詩 市電の除雪開始で本格的な冬 - unavailable days

  札幌市電のササラ電車 今季初出動 札幌市では22日夜、路面電車の除雪のため竹のブラシを取り付けた「ササラ電車」が、今シーズンの運行を始めました。 ササラ電車は、長さおよそ30センチほどの

続きを見る

 

おすすめ記事

▼ 現在の上位アクセス ▼

1

  台風19号は今年最強クラスの台風のまま接近・上陸可能性が非常に高く、計画運休・通行止め・停電・風水害など大きな被害が発生することが想定されています。 同台風の関連情報は下記のリンクをご参 ...

2

  台風19号は、11日午前11時から気象庁の予報課トップ自ら会見を行う異例の警戒を呼びかけています。 自治体から「避難に関する情報(避難準備情報・避難勧告)」が出た段階で、避難指示よりも前 ...

3

  令和元年台風19号 ハギビス 台風19号は、12日午後7時前、静岡県の伊豆半島付近に上陸しました。 台風19号は、10月7日(月)午後6時の気象庁観測で、これまでの「大型で非常に強い台風 ...

4

  2019年に発生した台風と名前 毎年1月1日以降に発生した最初の台風が「台風1号」となります。 今年は、台風2号までが平成31年発生、台風3号以降は令和元年発生となります。 台風の名前の ...

5

    塩害 塩害は、塩分に起因する植物・農作物・建築物・構造物に及ぶ害の総称。 海沿いの地域では海水に含まれる塩分により様々な塩害が生じる。 塩分を含んだ潮風が吹き付けることや、 ...

6

  防災気象情報と警戒レベルの対応 気象庁などが出す大雨や土砂災害の情報と自治体が出す避難情報を危険度に応じて5段階で表示する運用が2019年5月末からはじまりました。 2018年7月に発生 ...

-in Japan days
-, ,

Copyright© unavailable days , 2019 All Rights Reserved.