journey 法と歴史

令和3年(2021年)の国民の祝日|国民の祝日一覧

 

今年の節分が、例年から1日早い2月2日となる理由は、本ページ下部へ

東京オリンピック開催に伴う祝日の移動

平成三十二年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法等の一部を改正する法律(令和2年法律第68号)が本年12月28日に施行されることに伴い、改正後の令和三年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法(平成27年法律第33号)第32条第2項の規定に基づき、令和3年(2021年)における海の日、スポーツの日及び山の日について、下記の通り変更されます。

 

海の日

令和3年に限り

海の日は、例年7月の第3月曜日から、7月22日(木)に移動する

7月22日は、東京オリンピック開会式の前日

 

スポーツの日

令和3年に限り

スポーツの日は、例年10月の第2月曜日から、7月23日(金)に移動する

7月23日は、東京オリンピック開会式の当日

 

山の日

令和3年に限り

山の日は、例年8月11日から、8月8日(日)に移動する

8月8日は、東京オリンピック閉会式の当日

なお、翌8月9日(月)は、国民の祝日に関する法律・昭和23年法律第178号第3条第2項により、振替休日とする

 

 

 

令和3年(2021年)の国民の祝日一覧

名称 日付 備考
元日 1月1日  
成人の日 1月11日  
建国記念の日 2月11日  
天皇誕生日 2月23日  
春分の日 3月20日  
昭和の日 4月29日  
憲法記念日 5月3日  
みどりの日 5月4日  
こどもの日 5月5日  
海の日 7月22日 東京オリンピック開催に伴う特例法
スポーツの日 7月23日 東京オリンピック開催に伴う特例法
山の日 8月8日 東京オリンピック開催に伴う特例法
休日 8月9日 祝日法第3条第2項による休日
敬老の日 9月20日  
秋分の日 9月23日  
文化の日 11月3日  
勤労感謝の日 11月23日  

 

春分の日」及び「秋分の日」について

祝日のうち、「春分の日」及び「秋分の日」は、法律で具体的に月日が明記されずに、それぞれ「春分日」、「秋分日」と定められています。

「春分の日」及び「秋分の日」については、国立天文台が、毎年2月に翌年の「春分の日」、「秋分の日」を官報で公表しています。

 

国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)の一部改正について

天皇の退位等に関する皇室典範特例法(平成29年法律第63号。以下「皇室典範特例法」という。)附則第10条により、国民の祝日に関する法律が一部改正されるため、皇室典範特例法の施行の日(平成31年4月30日)の翌日より、天皇誕生日が12月23日から2月23日になります。

 

建国記念の日となる日を定める政令(昭和41年政令第376号)

国民の祝日に関する法律第2条に規定する建国記念の日は、2月11日とする。

 

 

明治30年以来、124年ぶりに「節分」が1日早い2月2日となります

祝日ではありませんが、令和3年の今年は、節分が例年の2月3日から1日早まり、2月2日となります。

「節分」は「立春」の前日とされていますが、国立天文台暦計算室によると、暦のずれの影響で来年は「立春」が2月3日、「節分」が2月2日になります。

立春は、1年間を太陽の動きに合わせて24等分した「二十四節気」のうちのひとつで、国立国会図書館によると、「二十四節気」は1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、さらにそれぞれを6つに分けたもので、秋分や冬至なども含まれます。

毎年の二十四節気などは、国立天文台が天文観測に基づいて定めています。

国立天文台が発表した2021年の「暦象年表」によると、立春は2月3日で、このため節分は2月2日となります。

日付の変動は、地球の公転周期が約365.2422日であることから、1年の基準としている365日から誤差が生じまてきます。この誤差を修正する目的で、閏年(うるうどし)や閏秒(うるうびょう)が生み出されました。

国立天文台暦計算室によると、2月3日以外の節分は昭和59年(1984年)2月4日以来37年ぶり、2月2日となるのは明治30年(1897年)以来124年ぶりとなります。

また、「節分」は、再来年に2月3日に戻りますが、2025年から4年ごとに再び2月2日になり、2057年と2058年は2年連続で2月2日になるなど、今世紀の末にかけて2月2日になる頻度が高まる傾向にあるとしています。

 

 

国民の祝日に関する法律|第3条第2項と第3項による休日の決め方

 

 

おすすめ記事

-journey, 法と歴史