台風 気象・災害

令和元年台風3号 パーセット|2019年6月27日発生

 

令和元年台風3号 セーパットが発生しました

6月27日(木)午後6時頃、室戸岬の南南西約200kmにあった熱帯低気圧が、台風となりました。

この台風は、2月20日午前3時にマーシャル諸島付近で発生した平成31年台風2号・ウーティップ以来、4カ月ぶりに発生した台風です。

台風番号は令和元年台風3号、名称はセーパットです。

【台風】2019年に発生した台風と名前|台風名称一覧(台風番号と名前の付け方) - unavailable days
【台風】2019年に発生した台風と名前|台風名称一覧(台風番号と名前の付け方) - unavailable days

2019年に発生した台風と台風の名前の付け方。台風名称140個の一覧。

続きを見る

 

 

台風3号の概況

台風3号セーパットは6月28日(金)午前3時現在、浜松市の南約70kmにあって、時速50kmで東北東に進んでいます。

中心気圧は996hPa、最大風速は20m/s、最大瞬間風速は30m/sです。南東側280km、北西側110kmの範囲が15m/s以上の強風域となっています。

台風3号は28日午後3時には日本の東海上へと進み、温帯低気圧になる見込みですが、この間、最大風速は23m/s、最大瞬間風速35m/s、中心気圧990hPaまで発達する予想で、台風の進路付近では今後の気象情報に十分注意してください。

<28日03時の実況>
大きさ -
強さ -
存在地域 浜松市の南約70km
中心位置 北緯 34度05分(34.1度)
  東経 137度35分(137.6度)
進行方向、速さ 東北東 50km/h(28kt)
中心気圧 996hPa
最大風速 20m/s(40kt)
最大瞬間風速 30m/s(60kt)
15m/s以上の強風域 南東側 280km(150NM)
  北西側 110km(60NM)
<28日15時の予報>
強さ -
  温帯低気圧
存在地域 日本の東
予報円の中心 北緯 36度00分(36.0度)
  東経 145度50分(145.8度)
進行方向、速さ 東北東 65km/h(35kt)
中心気圧 990hPa
最大風速 23m/s(45kt)
最大瞬間風速 35m/s(65kt)
予報円の半径 60km(30NM)
<29日03時の予報>
強さ -
  温帯低気圧
存在地域 日本の東
予報円の中心 北緯 38度50分(38.8度)
  東経 153度10分(153.2度)
進行方向、速さ 東北東 60km/h(33kt)
中心気圧 992hPa
最大風速 20m/s(40kt)
最大瞬間風速 30m/s(60kt)
予報円の半径 90km(50NM)

 

 

今後の予報

[台風の現況と予想]
 台風第3号は温帯低気圧の性質を帯びながら28日昼前にかけて東日本の太平洋沿岸を東北東へ進む見込みです。その後、日本の東に進んで温帯低気圧に変わるでしょう。
 また、日本海から北陸地方を通って東北地方に前線がのびています。
 台風の接近に伴い、暖かく湿った空気が流れ込んでおり、東日本では28日朝は大気の状態が非常に不安定となるでしょう。

[防災事項]
<大雨・雷・突風>
 東日本では28日朝にかけて雷を伴った非常に激しい雨が降るでしょう。 29日6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、
  北陸地方         80ミリ
  関東甲信地方       70ミリ  
  東海地方         60ミリ
の見込みです。
 東日本から東北地方にかけて、これまでの雨により地盤が緩んでいる所や増水している河川があります。大雨による土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。発達した積乱雲が近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

<強風・高波>
 台風第3号の南東側を中心に非常に強い風が吹いており、東日本の太平洋側の海上ではうねりを伴いしけとなっています。
 東日本では28日朝にかけて海上を中心に非常に強い風が吹き、28日昼過ぎにかけてうねりを伴ってしけるでしょう。

 28日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
  伊豆諸島      20メートル(30メートル)
  関東地方、東海地方 18メートル(25メートル)
 28日に予想される波の高さは、
  関東地方、伊豆諸島    4メートル
  東海地方         3メートル
の見込みです。

 強風やうねりを伴った高波に注意してください。

[補足事項等]
 地元気象台の発表する警報や注意報、気象情報等に留意してください。
 次の「台風第3号に関する情報(総合情報)」は28日11時頃に発表する予定です。

(気象庁発表)

 

 

台風3号となった熱帯低気圧

フィリピンの東海上に熱帯低気圧|令和元年初となる台風3号発生の可能性 - unavailable days
フィリピンの東海上に熱帯低気圧|令和元年初となる台風3号発生の可能性 - unavailable days

  2019年の台風 2019年の今年、1月1日発生の台風1号パブーク、そして2月20日発生の台風2号ウーティップ以降、6月26日現在、およそ4カ月に渡って台風の発生がありません。 5月1日

続きを見る

 

 

おすすめ記事

▼ 現在の上位アクセス ▼

1

  台風19号は今年最強クラスの台風のまま接近・上陸可能性が非常に高く、計画運休・通行止め・停電・風水害など大きな被害が発生することが想定されています。 同台風の関連情報は下記のリンクをご参 ...

2

  台風19号は、11日午前11時から気象庁の予報課トップ自ら会見を行う異例の警戒を呼びかけています。 自治体から「避難に関する情報(避難準備情報・避難勧告)」が出た段階で、避難指示よりも前 ...

3

  令和元年台風19号 ハギビス 台風19号は、12日午後7時前、静岡県の伊豆半島付近に上陸しました。 台風19号は、10月7日(月)午後6時の気象庁観測で、これまでの「大型で非常に強い台風 ...

4

  2019年に発生した台風と名前 毎年1月1日以降に発生した最初の台風が「台風1号」となります。 今年は、台風2号までが平成31年発生、台風3号以降は令和元年発生となります。 台風の名前の ...

5

    塩害 塩害は、塩分に起因する植物・農作物・建築物・構造物に及ぶ害の総称。 海沿いの地域では海水に含まれる塩分により様々な塩害が生じる。 塩分を含んだ潮風が吹き付けることや、 ...

6

  防災気象情報と警戒レベルの対応 気象庁などが出す大雨や土砂災害の情報と自治体が出す避難情報を危険度に応じて5段階で表示する運用が2019年5月末からはじまりました。 2018年7月に発生 ...

-台風, 気象・災害
-, , , ,

Copyright© unavailable days , 2019 All Rights Reserved.