台風

令和元年台風19号 関連被害・政府自治体対応等

 

関東甲信越の10ダムで緊急放流実施・可能性

台風19号の接近に伴う大雨でダムの水位が上がっていることを受けて関東甲信越ではダムの機能を確保するため、4つのダムで緊急放流を行っているほか、6つのダムで今後、緊急放流を行う可能性があります。

緊急放流は異常洪水時防災操作と呼ばれ、通常の放流と異なって、これ以上ダムに水をためられないと想定される際に、ダムに流れこんでくる大量の水を下流に流す操作です。

茨城県によりますと台風19号の影響で、北茨城市にある水沼ダムはダムの水位が上がり、午後8時50分から緊急放流が行われています。

また午後9時半から神奈川県相模原市にある城山ダム、長野県伊那市にある美和ダム、それに栃木県那須塩原市の塩原ダムで、それぞれ12日、緊急放流を行っていて、命を守る行動を取るよう警戒を呼びかけたり、流域の住民に注意を呼びかけたりしています。

さらに栃木県では栃木県日光市の川俣ダムや川治ダムで緊急放流を始める可能性があるほか、栃木県は新たに塩谷町の西荒川ダムについて、水位が上昇していることから、緊急放流を行う可能性があると発表したほか、日光市の中禅寺ダムについて、水位が上昇していることから、13日午前0時ごろに緊急放流を行う可能性があると発表しました。

埼玉県と群馬県の境にある下久保ダムでも13日午前1時ごろから緊急放流を始める可能性があるということです。

このほか茨城県は、台風19号の影響で常陸太田市にある竜神ダムについて、午後11時半から緊急放流を始めると発表しました。

一方、国土交通省の関東地方整備局は埼玉県秩父市にある荒川の二瀬ダムについて12日午後10時に緊急放流を始めると発表していましたが、水位の上昇ペースが当初の予想を下回ったとして、緊急放流を行わないことを決めました。

国土交通省では緊急放流を行う場合、実施する3時間前に改めて発表するとしています。

 

 

神奈川県城山ダムを緊急放流

神奈川県は、午後10時からとしていた城山ダムの放流を、水量の上昇が想定よりも増加したとして、既に午後9時30分から放流を開始したと発表。

 

神奈川県は午後10時から城山ダムの緊急放流を実施

台風19号の接近に伴い神奈川県は、相模原市にある城山ダムの水位の上昇に備え、午後10時から緊急放流を開始すると発表しました。

県は、放流により相模川などで大規模な水害が発生する恐れがあるとして、流域の住民に命を守る行動を取るよう呼びかけています。

流域の相模原市、平塚市、茅ヶ崎市、厚木市、海老名市、座間市、寒川町、愛川町の住民の方は、厳重に警戒してください。

 

 

 

 

 

おすすめ記事

▼ 現在の上位アクセス ▼

1

  台風19号は今年最強クラスの台風のまま接近・上陸可能性が非常に高く、計画運休・通行止め・停電・風水害など大きな被害が発生することが想定されています。 同台風の関連情報は下記のリンクをご参 ...

2

  台風19号は、11日午前11時から気象庁の予報課トップ自ら会見を行う異例の警戒を呼びかけています。 自治体から「避難に関する情報(避難準備情報・避難勧告)」が出た段階で、避難指示よりも前 ...

3

  令和元年台風19号 ハギビス 台風19号は、12日午後7時前、静岡県の伊豆半島付近に上陸しました。 台風19号は、10月7日(月)午後6時の気象庁観測で、これまでの「大型で非常に強い台風 ...

4

  現在2つの台風が発生しています 日本の南海上には、10月21日現在、2つの台風が発生しています。 台風20号・台風21号共に、日本付近に接近しており、大雨や暴風への警戒が必要です。 詳し ...

5

    塩害 塩害は、塩分に起因する植物・農作物・建築物・構造物に及ぶ害の総称。 海沿いの地域では海水に含まれる塩分により様々な塩害が生じる。 塩分を含んだ潮風が吹き付けることや、 ...

6

  防災気象情報と警戒レベルの対応 気象庁などが出す大雨や土砂災害の情報と自治体が出す避難情報を危険度に応じて5段階で表示する運用が2019年5月末からはじまりました。 2018年7月に発生 ...

-台風
-, , , ,

Copyright© unavailable days , 2019 All Rights Reserved.