©AP

気象・災害

米オレゴン州ポートランドで最高気温42.2℃ 観測記録を更新

 

最高気温タイ記録の41.7℃を上回る

米西海岸一帯で猛暑が続くなか、北西部が記録的な熱波に見舞われている。26日にはオレゴン州ポートランドで42.2度と、史上最高気温を観測した。

北西部の暑さは今後1週間近く続く見通し。27日以降も多くの地点で、平年の同じ日と比べた最高記録を更新することが予想される。一部の地点では29日までに、6月の気温として、または観測開始以来で最も高い記録となる可能性がある。

国立気象局(NWS)によると、ポートランド国際空港で26日に記録した42.2度は、1981年8月に2回、65年7月に1回観測されていた最高タイ記録の41.7度を上回った。

CNN提携局によると、同市内ではこの日、涼を求める市民が川沿いや街中の噴水に集まった。裸の自転車集団が走り抜ける場面もあったという。

路上生活者を熱中症から守ろうと、市内のNPOなどが避難所を開設し、飲み物などを提供している。

オレゴン州の保健当局は、新型コロナウイルス感染対策のため設けていたプールや映画館、ショッピングモールの収容人数制限を解除した。

同州の北に位置するワシントン州のシアトル・タコマ国際空港でも、26日午後の気温が38.9度と、2009年7月に観測された最高記録の39.4度に迫った。27~28日には記録が更新される可能性もある。

同空港では27日朝の最低気温も22.8度と、この時期のシアトル市内の平均気温までしか下がらず、09年7月に最低気温の史上最高記録となった22.2度を上回った。(CNN20210628)

 

 

 

日本の最高気温

日本国内の歴代最高気温|観測史上1位は2018年・20年の41.1℃ - unavailable Japan
日本国内の歴代最高気温|観測史上1位は2018年・20年の41.1℃ - unavailable Japan

   目次 国内最高気温 観測上位一覧2018年と2020年の「ラニーニャ現象」2022年のエルニーニョ/ラニーニャ現象の発生確率 (予測期間:2022年4月〜2022年10月)国内史上最高

unavailable.jp

 

 

 

-気象・災害