USGS

science sticky world news agency 気象・災害

フィリピン南部でM7.2の地震|震源から300km圏で津波発生のおそれ

 

フィリピン南部で地震

12月29日午後12時39分頃、フィリピン南部でM7.2の大きな地震が発生。

震源の深さは、49.4kmと推定される(速報値)

USGS Earthquake Hazards Program
USGS Earthquake Hazards Program

USGS Earthquake Hazards Program, responsible for monitoring, reporting, and researching earthquakes ...

続きを見る

 

 

震源から300kmで津波発生の恐れ

USGS(米地質調査所)によると、フィリピン南部のミンダナオ島の付近でマグニチュード7.2の地震。

ハワイの太平洋津波警報センターは、この地震で震源から300km以内のフィリピンとインドネシアの海岸で津波のおそれがあるとして警告を発表した。

 

 

気象庁が津波予報

津波予報(津波に関するその他の情報)
平成30年12月29日13時04分 気象庁発表

津波予報(若干の海面変動)をお知らせします。

************** 本文 ****************
若干の海面変動が予想される沿岸は次のとおりです。
<津波予報(若干の海面変動)>
 北海道太平洋沿岸中部、青森県太平洋沿岸、岩手県、宮城県、福島県、
 茨城県、千葉県九十九里・外房、千葉県内房、伊豆諸島、小笠原諸島、
 相模湾・三浦半島、静岡県、愛知県外海、三重県南部、和歌山県、
 徳島県、高知県、宮崎県、鹿児島県東部、種子島・屋久島地方、
 奄美群島・トカラ列島、沖縄本島地方、宮古島・八重山地方

*************** 解説 ***************
<津波予報(若干の海面変動)>
若干の海面変動が予想されますが、被害の心配はありません。
 若干の海面変動が予想される時刻は、早い沿岸で29日14時30分頃で
す。
 これらの沿岸では今後半日程度は若干の海面変動が継続する可能性が高い
と考えられます。


************ 震源要素の速報 *************
[震源、規模]
きょう29日12時39分頃地震がありました。
震源地は、フィリピン付近(北緯 5.8度、東経126.9度)で、地震
の規模(マグニチュード)は7.2と推定されます。

 

おすすめ記事

特設

1

  3月4日(木)速報 など 東京都、3月4日(木)発表の新規感染者数は、279人(速報値) 都基準の重症者は、前日から1人減の51人 東京都で確認された感染者は、112624人となった 前 ...

2

  感染症指定医療機関の指定状況(厚生労働省) ■平成31年4月1日現在 ・感染症病床を有する指定医療機関 348医療機関(1,712床) ・結核病床(稼働病床)を有する指定医療機関 184 ...

3

  チェーン規制とは 高速道路や一般道において、降雪時に行われる「チェーン規制」は、いわゆる夏タイヤと呼ばれる「通常のタイヤ」を装着しているクルマを対象にしている。 「通常のタイヤを装着しているクルマ ...

-science, sticky world news agency, 気象・災害