©NHK

in Japan days

NHK平成ネット史(仮)再放送決定 Eテレで1月12日14時から|イベントも開催

 

平成31年のお正月、1月2日から3日の二日間にわたって、NHK Eテレで放送され、一時トレンドの上位をさまざまなワードで席巻した『NHK平成ネット史(仮)』。

当初NHKでは、「再放送の予定はない」としていましたが、反響の大きさ、再放送を熱望する方々の声の多さなどから、再放送されることが決まりました。

 

 

平成ネット史 前後編を連続再放送

平成ネット史(仮)前編▽懐かしい映像と貴重なインタビューでひもとく!歴史秘話

放送日時:1月12日(土)午後2時〜午後3時

日本のネット革命の変遷を、懐かしい映像の数々や貴重なインタビューでひも解く番組。前編はウィンドウズ95からニコニコ動画までパソコンで起こった歴史秘話を語りつくす

 

平成ネット史(仮)後編▽貴重な映像と驚きの秘話でひもとくモバイル&SNS歴史

放送日時:1月12日(土)午後3時〜午後4時

平成最後の年に日本のネット史をふりかえる番組。後編はiモードによるモバイルネット革命から、iPhone、SNSの問題まで貴重な映像と関係者の秘話で一挙にひもとく

 

 

平成ネット史(仮)

「Windows95」の発売から、わずか20余年。

まるで“魔法”のように世界を繋げ、生活に欠かせないものとなった「インターネット」。

「テキストサイト」や「2ちゃんねる」から、「着メロ」「写メール」、そして「フェイクニュース」まで、平成の終わりに、その時代を活躍した多彩なゲストをスタジオに迎え日本のネット史を紐解く。

前編は、ネットで『つながった』PCそして携帯の変遷を、当時の映像や一世を風靡した人物のインタビューとともに振り返る。

後編は、ガラケーを駆逐したスマートフォン、そしてSNSの登場により、いつでも『つながった』わたしたちの変化とは何だったかを振り返るとともに、平成の次にやってくるネットが作り出す未来について検証する。

 

出演者

■司会
恵俊彰
是永千恵(アナウンサー)

■専門家ゲスト
宇野常寛
落合陽一
堀江貴文
森永真弓

■ゲスト
池田美優
ヒャダイン
眞鍋かをり

■ナレーション
緒方恵美
梶裕貴

 

 

平成ネット史(仮)展

■開催日時
2019年1月11日(金)~14日(月・祝)午前11時~午後7時
1月11日、12日、13日は午後7時30分〜午後9時に夜のトークイベントを開催

■会場
渋谷ヒカリエ9F ヒカリエホールAホワイエ(東京都渋谷区渋谷2-21-1)

■主催
NHK

■入場
無料

※入場自由ですが、混雑している場合は入場制限をする場合があります。

 

 

平成ネット史(仮)展の内容

見る人によって内容が変化する「あなただけの!インタラクティブ年表」や高精細な大型LEDモニターを使った「4Kで体験!あなたはどっち派モニター」などを通して、“あなたなりのネット史”を体感することができます。また、会場に番組セットを持ち込みトークイベントなども開催します。

 

夜のトークイベント「平成ネット夜話」

【第一夜】インターネット もう少しスピードダウンしませんか? 

日時:1月11日(金)午後7時30分~午後9時 
内容:スマホの登場でいつも誰かと繋がっている社会。あらゆることがスピードアップしました。しかし、それについていけず、「疲れて」しまっている人も多いのでは? そんなことを、ゆるゆると語り合います。
出演:宇野常寛さん(批評家・PLANETS代表) ほか
※観覧を希望される方には午後1時から会場入り口で整理券を配布します(定員60名)。

 

【第二夜】インターネット女子会(仮)

日時:1月12日(土)午後7時30分~午後9時
内容:インターネット文化を花開かせたと言われる“76世代”(1976年生まれ)で、インターネットが青春だったという森永真弓さんが同じくネットで活躍する女性を招いて、女子目線で「平成ネット史」を語り合います。
出演:森永真弓さん(博報堂D&Yメディアパートナーズ) ほか
※観覧を希望される方には午後1時から会場入り口で整理券を配布します(定員60名)。

 

【第三夜】よみがえれ テキストサイト

日時:1月13日(日)午後7時30分~午後9時
内容:インターネット黎明期に大流行したテキストサイト。個人が書いたおもしろ日記やエッセイに腹を抱えて笑った人も多かったのでは? そんななつかしいテキストサイトの管理人たちが登場し、今だから語れるエピソードを語り合います。
出演:健さん(侍魂) ほか
※観覧を希望される方には午後1時から会場入り口で整理券を配布します(定員60名)。

 

昼のトークイベント「あなたの平成ネット史 なつかしガジェット鑑定ショー」 

日時:1月12日(土)午前11時30分~12時30分
内容:我が家にパソコンがやってきた!と思ったら、ポケベル、PHS、ケータイ、デジカメからスマホ、タブレットと、私達の暮らしにはインターネットとともに様々なガジェットが入り込んできました。そんなガジェットたちには、それを使っていたときの思い出が詰まっています。それらはまさに「あなたの平成ネット史」です。机の引き出しの中、部屋の片隅に、今はもう使わなくなったガジェットたちが眠ってはいませんか? そうした懐かしいガジェット、そしてガジェット以外でも、様々なグッズや写真など、「あなたの平成ネット史」が詰まった思い出の品を持ってきてください。人気webサイトで編集長を務める林雄司さんをはじめ、パソコン・ケータイ雑誌で活躍する専門家らが、あなたのガジェットやグッズ、そしてそこに詰まった想い出をふくめた「価値」をじっくり鑑定いたします。みんなで一緒に「なつかしがり」まショー。
出演:林雄司さん(デイリーポータルZ) ほか
※鑑定を希望される方は思い出の品を持って当日会場にお越しください。午前10時から会場入り口で鑑定チケットを配布します(先着10名)。
※観覧を希望される方には午前10時から会場入り口で整理券を配布します(定員50名)。

 

問い合わせ

ハローダイヤル 03-5777-8600 午前8時~午後10時(無休)

(NHK イベント・インフォメーション)

 

 

平成ネット史(仮)公式

公式Twitter

 

公式サイト

 

 

 

おすすめ記事

-in Japan days
-, , ,

Copyright© unavailable days , 2019 All Rights Reserved.