20230119 jma

©JMA

気象予報

全国1か月予報 2023年1月21日~2月20日|気温は低く降雪量多い(気象庁)

新発想の加圧式美脚レギンス・ビューティープレス

向こう1か月の天候の見通し 2023年1月19日~2月20日|2023年1月19日14時30分気象庁発表

特に注意を要する事項北・東・西日本では、期間の前半は気温がかなり低くなる見込みです。また、北・東・西日本日本海側を中心に、期間の前半は降雪量がかなり多くなる見込みです。
向こう1か月
01/21~02/20
天候北日本日本海側では、平年と同様に曇りや雪の日が多いでしょう。東・西日本日本海側では、平年と同様に曇りや雪または雨の日が多いでしょう。北・東・西日本太平洋側では、平年と同様に晴れの日が多いでしょう。沖縄・奄美では、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。
気温平均気温は、北・東・西日本で低い確率60%です。
降水量降水量は、北・東日本日本海側で平年並または多い確率ともに40%です。
降雪量日本海側の降雪量は、多い確率50%です。
1週目
01/21~01/27
気温1週目は、北・東・西日本で低い確率80%、沖縄・奄美で平年並の確率50%です。
2週目
01/28~02/03
気温2週目は、北・東・西日本で低い確率60%、沖縄・奄美で平年並または低い確率ともに40%です。

 

予報のポイント

  • 寒気の影響を受けやすいため、北・東・西日本の向こう1か月の気温は低いでしょう。特に、期間の前半は気温がかなり低くなる見込みです。
  • 北・東日本を中心に冬型の気圧配置が強まる時期があるため、北・東日本日本海側の向こう1か月の降水量は平年並か多く、北・東・西日本日本海側の向こう1か月の降雪量は多いでしょう。特に、期間の前半は北・東・西日本日本海側を中心に降雪量がかなり多くなる見込みです。

 

 

1か月の平均気温・降水量・日照時間・降雪量

 平均気温(1か月)降水量(1か月)日照時間(1か月)降雪量(1か月)
北日本日本海側
60 並30 高10%
低い見込み
少20 並40 多40
平年並か多い見込み
40 並30 多30%
ほぼ平年並の見込み
少20 並30 多50
多い見込み
太平洋側
少30 並30 多40
ほぼ平年並の見込み
40 並30 多30%
ほぼ平年並の見込み
予報しません
東日本日本海側
60 並30 高10%
低い見込み
少20 並40 多40
平年並か多い見込み
40 並30 多30%
ほぼ平年並の見込み
少20 並30 多50
多い見込み
太平洋側
少30 並30 多40
ほぼ平年並の見込み
少30 並40 多30%
ほぼ平年並の見込み
予報しません
西日本日本海側
60 並30 高10%
低い見込み
少30 並30 多40
ほぼ平年並の見込み
40 並30 多30%
ほぼ平年並の見込み
少20 並30 多50
多い見込み
太平洋側
少30 並30 多40
ほぼ平年並の見込み
40 並30 多30%
ほぼ平年並の見込み
予報しません
沖縄・奄美
40 並30 高30%
ほぼ平年並の見込み
少30 並30 多40
ほぼ平年並の見込み
40 並30 多30%
ほぼ平年並の見込み
予報しません
数値は予想される出現確率(%)です気温画像降水量画像日照時間画像降雪量画像
 

数値予報モデルによる予測結果

 1か月平均の地上気圧(左図)は、アリューシャンの南とバイカル湖付近は平年より高い一方、カムチャツカ半島から千島付近は低い予測となっています。日本付近は北・東日本を中心に冬型の気圧配置が強まる時期がある見込みです。また、日本の南で平年より低く、沖縄・奄美を中心に気圧の谷や湿った空気の影響を受ける時期があるでしょう。
 上空約1500mの気温(右図)は、中国東北区付近を中心に平年より低く、日本付近は強い寒気の影響を受ける時期がある見込みです。
地上気圧

地上気圧
T850

上空約1500mの気温

季節予報では、よく似た初期値から出発した多数の数値予報結果を利用します(アンサンブル予報)。
多数の結果の平均(上図など)から大気の状態を判断し、また結果のバラツキ具合から予報の信頼度や確率を計算します。

 

週別の天候

01/21~01/27
  • 北日本日本海側では、冬型の気圧配置となりやすく、平年に比べ曇りや雪の日が多いでしょう。
  • 東・西日本日本海側では、冬型の気圧配置となりやすく、平年に比べ曇りや雪または雨の日が多いでしょう。
  • 北・西日本太平洋側では、気圧の谷や寒気の影響を受けやすく、平年に比べ晴れの日が少ないでしょう。
  • 東日本太平洋側では、平年と同様に晴れの日が多いでしょう。
  • 沖縄・奄美では、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。
01/28~02/03
  • 北日本日本海側では、平年と同様に曇りや雪の日が多いでしょう。
  • 東・西日本日本海側では、平年と同様に曇りや雪または雨の日が多いでしょう。
  • 北・東・西日本太平洋側では、平年と同様に晴れの日が多いでしょう。
  • 沖縄・奄美では、気圧の谷や湿った空気の影響を受けやすく、平年に比べ曇りや雨の日が多いでしょう。
02/04~02/17
  • 北日本日本海側では、平年と同様に曇りや雪の日が多いでしょう。
  • 東・西日本日本海側では、平年と同様に曇りや雪または雨の日が多いでしょう。
  • 北・東・西日本太平洋側では、平年と同様に晴れの日が多いでしょう。
  • 沖縄・奄美では、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。

明日から1週間の、日別の天気や気温などは、週間天気予報(https://www.jma.go.jp/bosai/forecast/)を参照してください。

 

週別の平均気温

 平均気温 (1週目)
01/21~01/27
平均気温 (2週目)
01/28~02/03
平均気温 (3~4週目)
02/04~02/17
北日本
80 並10 高10%
低い見込み
60 並30 高10%
低い見込み
40 並30 高30%
ほぼ平年並の見込み
東日本
80 並10 高10%
低い見込み
60 並30 高10%
低い見込み
40 並30 高30%
ほぼ平年並の見込み
西日本
80 並10 高10%
低い見込み
60 並30 高10%
低い見込み
40 並30 高30%
ほぼ平年並の見込み
沖縄・奄美
低30 並50 高20%
平年並の見込み
40 並40 高20%
平年並か低い見込み
40 並30 高30%
ほぼ平年並の見込み
数値は予想される出現確率(%)です気温画像気温画像気温画像

季節予報は、予測の確からしさに応じて、気温や降水量などを「低い(少ない)、平年並、高い(多い)」となる確率で表しています。
「平年並」がどの程度の値になるのかについては、参考資料(https://www.data.jma.go.jp/cpd/longfcst/sankou/zenpan1.html)をご覧ください。
文章による解説については、確率の大きさに応じた言葉で表現しています。詳しくは本資料末尾の「参考(確率予報の解説)」をご覧ください。

 

 

参考

確率予報の解説(ここでは確率予報を次のような言葉で解説しています)
出現確率(低い(少ない):平年並:高い(多い))解説
高い(多い)確率が50%以上高い(多い)見込み
(20:40:40)平年並か高い(多い)見込み
平年並の確率が50%以上平年並の見込み
(40:30:30) (30:40:30) (30:30:40)ほぼ平年並の見込み
(40:40:20)平年並か低い(少ない)見込み
低い(少ない)確率が50%以上低い(少ない)見込み

 

気象庁

UPJ Unavailable Press Japan|気象予報

 

Weekly Top Article

2023 osaka kokusai w pos 1

目次 大阪国際女子マラソン 2023|2023 OSAKA WOMEN’S MARATHON開催日時テレビ中継大会名称スタート・フィニッシュ大会 …

upj jma info 1200 2

  目次 雪に関する東京都気象情報【府県気象情報】雪に関する東京都気象情報 第4号|1月27日23時24分発表雪に関する東京都気象情報 …

20230119 cnn02 3

  目次 世界で最も寒い都市、ヤクーツクで零下62.7度を記録It’s now minus 80°F in the world’s c …

bayonnaise 20230126 4

  目次 ベヨネース列岩に噴火警報(周辺海域)を発表海上保安庁観測ベヨネース列岩に噴火警報(周辺海域)を発表|報道発表報道発表資料ベヨ …

20230124 jma 5

  目次 向こう3か月(2023年2月~2023年4月)の天候の見通し|2022年1月24日 気象庁発表予報のポイント3か月の平均気温 …

-気象予報