TEAM NACS 北海道ごはん 水曜どうでしょう

ハナタレ全国放送で紹介された ぎょうざの「みよしの」

投稿日:

 

創業昭和42年 道民のソウルフードに

2月10日に放送されたハナタレナックスEX 全国放送で紹介された『みよしの』。

ある世代以降の道民にとっては、子供の頃から慣れ親しんだソウルフードとも言えるものです。と、いっても、『みよしの』の店舗は札幌市が中心で、他に旭川市と千歳市、苫小牧市、恵庭市のみとなっていますので、「道民の」というのには語弊があるかもしれません。

旭川には私が子供の頃、いまから40年以上前には店舗がありましたので、かなり創業からかなり早い時点で店舗展開(FC)されていたようです。当時は旭川にも数件の『みよしのさん』がありました。

 

みよしのといえば ぎょうざカレー

子供の頃、家の近所にあったこともあり、頻繁に利用していました。

我が家の場合、店舗で食べるだけではなく、「おみやげぎょうざ・12個入り」と「カップカレー」を家族の分テイクアウトして、自宅で食べるというパターンが多かったです。

中学生以降には部活帰りに、ペコペコのお腹を満たすため、友達とよく寄らせていただきました。何しろ、安くて、すぐ出てきて、おいしい。少なくとも私はおいしい。東京在住のいまも、時々思い出して食べたくなる代物で、帰省の折には必ず行きます。

テイクアウトのぎょうざカレー弁当(ぎょうざ倍量バージョンのジャンボというやつ)

ちなみに、ぎょうざカレーは店舗で食べると420円、テイクアウトのお弁当でも440円というお安さ。

 

大盛りライス折&おみやげぎょうざ折

なまら腹すいたマン御用達「大盛りライス折」と「おみやげぎょうざ2パック」。

おみやげぎょうざは1パック12個入り(タレ付き)で、この写真を撮影した友人はライス折&ぎょうざ12個を一気食いして、そのあと残ったぎょうざ1パックをおつまみに缶ビールをいただくというのが「至福の瞬間」と語っています(笑)。

他のメニューや、北海道内のスーパーで普通に売られている『みよしのぎょうざチルドパック』についても、次回ご紹介しますのでお楽しみに〜。

 

 

『みよしの』の概要

■ 社名
株式会社 テンフードサービス

■ 呼称
ぎょうざの 「みよしの」
そば処 「信州庵」

■ 創業
昭和42年5月

■ 設立
昭和48年6月

■ 資本金
2,000万円

■ 代表者
代表取締役 西田 治

■ 従業員数
652名(社員/62名  アルバイト・パート/590名)

■ 事業内容
ぎょうざの「みよしの」の直営店経営
そば処「信州庵」の直営店経営
ぎょうざを主体としたチルド商品の製造販売

■ 本部所在地 本部
札幌市東区本町2条10丁目2番1号
Tel 011-784-9292(代)  Fax 011-786-6531

工場 札幌市東区本町2条10丁目2番1号
Tel 011-784-0409  Fax 011-784-0408

■ 店舗数
ぎょうざの「みよしの」直営25店
そば処「信州庵」直営7 店

ぎょうざとカレーなら「みよしの」
ぎょうざとカレーなら「みよしの」

続きを見る

 

おすすめ記事

-TEAM NACS, 北海道ごはん, 水曜どうでしょう
-, , , ,

Copyright© unavailable days , 2019 All Rights Reserved.