gadget interest science sticky world news agency

MIDI規格 38年ぶりにMIDI2.0へ|NAMM Show 2019で公式試験

更新日:

 

音楽制作の世界に、電子楽器やコンピュータが深く関わるようになり、コンピュータそのもの、そして、コンピュータゲームがアーケード・家庭用を問わず世界中で楽しまれ、携帯電話の登場などるさまざまな電子デバイスの登場も相まって、発展を遂げていったDTMの世界。

このような、電子音楽(デジタルミュージック)において、『MIDI』は、黎明期から今日に至るまで、実に38年間に渡って基本仕様の変更が行われることなく利用されてきました。

MIDIは音楽制作のDTMを中心に、舞台演出の照明やインスタレーションの同期などに使われている標準規格となっており、基本仕様が現代の技術水準から将来に向けての規格仕様にメジャーアップデートされることで、音楽業界や舞台・コンサートなどに至るまで、さまざまな分野での演奏・演出に大きな変革をもたらす大きなエポックとなることは確実で、おのずと期待感が高まります。

 

 

MIDI 2.0の実装へ向けた公式アナウンス

一般社団法人音楽電子事業協会 (AMEI) と The MIDI Manufacturers Association (MMA)(米国 MIDI 管理団体)は、従来のMIDI 規格に、新たに拡張性を持たせたプロトコ ルなどを含んだ次世代の MIDI として「MIDI 2.0」 の開発・規格化および実装作業を進めていくことを発表しました。

MIDI 2.0 とは、最初に MIDI 機器間でネゴシエーションを行い、既存の MIDI 1.0 対応機器との運用性を維持した上で、現在の MIDI 1.0 からチャンネル・メッセージの分解能拡張、 ノート・コントロール、タイムスタンプなど、演奏の表現力やデータ再現性を大きく向上さ せる規格です。

AMEI と MMA のメンバー企業は、現在プロトタイプの開発を進めており、初期の MIDI 2.0 プロトタイプ機器間の接続、および MIDI 1.0 対応機器との間の変換テストを行う、メンバー専用の plugfest が The 2019 NAMM Show にて計画されています。

この MIDI 2.0 プロトタイプの開発にはAbleton/Cycling ‘74, Art+Logic, Bome Software, Google, imitone, Native Instruments, ROLI、Steinberg、TouchKeys、クリムゾンテクノロジー株式会社、 株式会社コルグ、ローランド株式会社、ヤマハ株式会社、株式会社ズーム 等、日本・アメリカをはじめ各国の電子楽器メーカー・ソフトウェアベンダーが参加しています。

今後 MIDI 2.0 対応機器の開発及び AMEI/MMA 会員企業向けの MIDI 2.0 規格準拠を表すロゴデザインの制作も行う予定です。

この MIDI のメジャーアップデートは、MIDI 1.0 対応機器との接続互換性を維持した上で、 高度な接続性によって様々な分野における MIDI の新たな世界を築くべく、規格提案・開発 を行ってまいります。 AMEI では、AMEI 会員として参加・協力頂ける団体・企業を募集しております。 お問合わせは AMEI 事務局まで。

 


 

一般社団法人音楽電子事業協会(AMEI)について

一般社団法人音楽電子事業協会(AMEI)とは、音楽電子事業に関する生産、流通、商品など の調査研究、情報の収集及び提供、規格の立案及び標準化の推進などを行うことにより、音 楽電子事業及び関連産業の健全な振興を図ることを目的とする団体です。

AMEI 事務局: amei_support@amei.or.jp

http://www.amei.or.jp/


AMEI <一般社団法人 音楽電子事業協会>
AMEI <一般社団法人 音楽電子事業協会>

続きを見る

 

 

NAMM Show California 2019

2019年01月24日 ~ 2019年01月27日に開催される、世界最大規模の楽器ショー。

開催は、アメリカ合衆国アナハイムの「Anaheim Convention Center」。

 

プラグフェストを実施 プロトタイプ開発にGoogleも

今回行われる、NAMM Show California 2019で、MIDI 2.0 のプラグフェスト(公式試験)が実施されます。

具体的な公開内容は現在まで未公開ですが、MIDI 2.0 のプロトタイプ開発には、コルグ、ローランド、ヤマハ、ズームなど、各国の電子楽器メーカー・ソフトウェアベンダーに加えて、Google が参加しているということで、その内容に期待が集まっています。

 

NAMM Showとは

NAMM Show は、毎年1月下旬にアメリカで行われている世界最大規模の楽器ショーです。

 1901年にボストンでピアノ販売店を営んでいたChandler W. Smithによってピアノの展示・販売会のNational Association of Piano Dealers of America (NAPDA)として開催されました。

国内外問わず最も注目され、楽器メーカーや演奏者、小売店に限らず、多くのミュージシャンや音楽雑誌・業界紙が取材に訪れます。

電子楽器、コンピューターミュージック(DTM)、ビデオゲームミュージックという分野が加わってからは、これらの業界関係者やマスコミも取材するようになっており、先端技術分野でも注目されるコンベンションのひとつです。

基本的にトレードショーの形態を取っている為、一般の入場は不可能で、申請を受理された、もしくは招待された楽器ディーラー、メーカー、アーティスト、ビルダー、プレス関係者及びビジター客のみ入場可能。

オープニング・セレモニーから連日連夜ライブ演奏も行われており、この演奏も世界から注目を集めます。

「Summer NAMM」と対比するために「Winter NAMM」とも呼ばれます。

 

 

MIDI・Musical Instrument Digital Interface

日本のMIDI規格協議会(JMSC、現在の社団法人音楽電子事業協会)と国際団体のMIDI Manufacturers Association (MMA) により策定された、電子楽器の演奏データを機器間でデジタル転送するための世界共通規格。

物理的な送受信回路・インタフェース、通信プロトコル、ファイルフォーマットなど複数の規定からなる。

 

用途

MIDIは主に音楽の演奏や制作に利用される。MIDI規格に沿って作られたデータ、すなわちMIDIデータは、DAWをはじめとしたシーケンサーなどで扱うことができる。

これらMIDIデータによって送られる情報は、実際の音ではなく音楽の演奏情報(発音せよ、音の高さは - 、音の大きさは - 、といった楽器や音源へのメッセージ)であるので、そのデータサイズはオーディオデータ、つまりマイクなどで録音された実際の音の波形をデジタル化(サンプリング)したものに比べて非常に小さい。

現在、MIDIは音楽制作の現場のみならず、通信カラオケ、携帯電話の着信メロディの制作などで幅広く利用され、電子楽器以外にも劇場の舞台照明のコントロールなどにも応用されている。また、MIDI規格の存在とパソコンの普及はホビーとしての音楽制作(DTM)を一般化した。

 

規格

MIDI規格は、ハードウェアとソフトウェアの両分野にまたがり策定されている。ハードウェアとはMIDIインタフェースや送受信回路・端子に関する分野、ソフトウェアとはMIDIデータフォーマットに関する分野である。このMIDIデータフォーマットはMIDI機器同士がリアルタイム通信する際のデータ規格であって、このデータを保存流通させるファイルフォーマットとは異なる。

さらに、MIDIの普及に伴いRP(Recommended Practice、推奨実施例)という拡張規格も策定された。音色配列などを厳密に定めたGMシステムレベル1や、MIDIデータを保存流通させるファイルフォーマット、劇場の舞台照明をコントロールする規格(MIDIショーコントロール)も、このRPに含まれる。

MIDIはJIS(日本工業規格)によって以下のように規格化されている。

  1. X 6054-1 電子楽器デジタルインタフェース(MIDI)- 第1部:総則
  2. X 6054-2 電子楽器デジタルインタフェース(MIDI)- 第2部:プロトコル仕様

 

ハードウエア規格

送信

MIDIには、31.25Kbps (±1%) の非同期方式シリアル転送を用いている。

 

接続

MIDI機器(ハードウェア)は5ピンのDINコネクタで接続するのが一般的である。両端に位置する1番ピンと3番ピンは現在の仕様上では使用されず、中央2番ピンはケーブルのシールド用に、4番、5番ピンがデジタル信号のカレントループ(英語版)伝送に使用される。MIDIケーブルの両端はどちらもオス端子で、シールドされたツイストペアケーブルとして設計される。

コネクタには、MIDI信号を受け取るMIDI IN、MIDI信号を送信するMIDI OUT、受信したMIDI信号をそのまま送信するMIDI THRUの3種類がある。機器パネル側は常にメス端子となる。グラウンドループ(英語版)や障害の連鎖防止のため、MIDI機器同士には電気的絶縁が規定されており、受信側内部では接地線の2番ピンは接続されず、信号はフォトカプラで受信される基本仕様となっている。フォトカプラを経由するたびに信号波形の再現性が下がるため、MIDI THRUを多段直列すると通信エラーが発生することもある。並列に複数のMIDI機器を接続する場合や、信号系統を簡単に切り替えたい時はMIDIパッチベイを用いるが、これを使うことにより多段時の通信エラーも回避できる。

MIDIはバスではない。MIDI IN端子とMIDI OUT端子が別々で用意されていることから判るように、MIDIケーブル間のデータは一方向に送信される。

後述するアクティブセンシング機能で、接続状態が良好か、断線していないかを常に判定しており、アクティブセンシングが途絶えたとき、お互いのMIDI機器はケーブルが抜けたと判定するように作られている。

現代には、MIDI IN、MIDI OUTを使わずRS-232C、USB、IEEE 1394などの規格を使った接続を行う機器も存在している。この場合、MIDIケーブルではなくこれらの規格のケーブル内をMIDI信号が通るため、転送に関して上記の通りではない。

 

チャンネル

2本のMIDIケーブルを用い、お互いの機器のMIDI IN、MIDI OUTをそれぞれつないだ状態を1つの「システム」と捉える。このシステム毎に16のチャンネルが用意される。基本的にひとつのチャンネルにひとつの楽器(1パート)が割り当てられる。

これにより、1本のMIDIケーブルで16チャンネル分のデータを送信もしくは受信させることができる。例えば「1チャンネルのピアノと3チャンネルのギターを鳴らす」といったことである。16チャンネル分のデータは、後述する「チャンネルメッセージ」にて正確に分類され、相手機器の各チャンネルに届く。

それ以上のチャンネルを制御するためにはMIDIケーブルが複数本必要となり、MIDIデータのパート数(=チャンネル数)によっては、複数のMIDI音源を用意する必要もでてくる。

MIDI - Wikipedia
MIDI - Wikipedia

続きを見る

デスクトップミュージック - Wikipedia
デスクトップミュージック - Wikipedia

続きを見る

おすすめ記事

-gadget, interest, science, sticky world news agency
-, , , ,

Copyright© unavailable days , 2019 All Rights Reserved.