雌阿寒岳・2018/11/23

science 気象・災害

北海道の雌阿寒岳に火口周辺警報 噴火警戒レベル2・火口周辺規制を発表

ショウガ葉酸

 

雌阿寒岳に火口周辺警報を発表

札幌管区気象台は11月23日午後12時30分、ポンマチネシリ火口から約500mの範囲に影響を及ぼす噴火の可能性があるとして、これまでの噴火警戒レベル1から、火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)に引き上げました。

 

 

火山活動の状況及び予報警報事項

20日18時頃からポンマチネシリ火口付近の浅いところを震源とする火山性地震が増加しています。

11月23日0時頃からは更に増加し、0時から12時までの地震回数は461回(速報値)となっています。また、振幅の大きな地震が増加しています。

地殻変動および噴煙の状況には、特段の変化はありません。

今後、ポンマチネシリ火口から約500mの範囲に影響を及ぼす噴火が発生する可能性があります。

 

 

 

対象市町村・入山規制

以下の市町村では、火口周辺で入山規制などの警戒をしてください。

北海道釧路市、北海道足寄町

 

防災上の警戒事項等

火口から約500mの範囲では、噴火に伴い弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

風下側では火山灰や小さな噴石が風に流されて降るおそれがあるため注意してください。

 

 

噴火警戒レベルの説明

【レベル5(避難)】:危険な居住地域からの避難等が必要。
【レベル4(避難準備)】:警戒が必要な居住地域での避難の準備、要配慮者の避難等が必要。      
【レベル3(入山規制)】:登山禁止や入山規制等危険な地域への立入規制等。状況に応じて要配慮者の避難準備等。
【レベル2(火口周辺規制)】:火口周辺への立入規制等。
【レベル1(活火山であることに留意)】:状況に応じて火口内への立入規制等。
(注:避難や規制の対象地域は、地域の状況や火山活動状況により異なる)
道東
中国の人々が大挙して北海道を目指した日から10年 - 映画 狙った恋の落とし方。

それは2009年のお正月映画だった ちょうど10年前の2008年、日本では、時津風部屋の力士暴行死事件で親方らが逮捕され、ガソリンの暫定税率が期限切れを迎えたのに復活させ、船場吉兆が廃業して、秋葉原無 ...

(気象庁)

おすすめ記事

▼ 特設 ▼

1

  項目名の「今日の日付」の下が、本日分の内容です。探しずらい場合は「もくじ」をご利用ください。 本日の動向・速報     6月2日(火) ■東京都、6月2日発表の感染者 ...

2

  最終:2020年4月7日厚生労働省発表分(土日祝は発表・更新のない場合があります) 新型コロナウイルス(COVID-19)の日本国内の感染患者発生状況について、厚生労働省が発表した情報の ...

3

  感染症指定医療機関の指定状況(厚生労働省) ■平成31年4月1日現在 ・感染症病床を有する指定医療機関 348医療機関(1,712床) ・結核病床(稼働病床)を有する指定医療機関 184 ...

-science, 気象・災害
-, , ,

© 2020 unavailable days