in Japan days 気象・災害

九州地方で記録的豪雨 鹿児島市全域59万人余に避難指示発令

 

気象庁が臨時記者会見 大雨特別警報発表の可能性

気象庁は7月3日午前10時、臨時の記者会見を開き、「場合によっては大雨特別警報を発表する可能性もある」としたうえで「みずからの命はみずからが守るという意識を持って特別警報の発表を待つことなく早めに避難してほしい」と呼びかけた。

気象庁予報課の黒良龍太主任予報官は、「これからあすにかけてより一層大雨になって災害発生のおそれが高まる見込みだ。非常に激しい雨が同じ地域で数時間続くような場合には大雨特別警報を発表する可能性もあり、土砂災害や低い土地の浸水、川の氾濫に厳重に警戒してほしい」と述べ、「住民の方々はみずからの命はみずからが守るという意識を持って、周囲の雨の強まりを確認してもらいたい。各地の気象台が発表する警報など気象情報に注意するとともに、市町村の避難勧告などに従って、自分の命、大切な人の命を守るために、特別警報の発表を待つことなく、早め早めの避難、安全確保をお願いしたい」と呼びかけた。

 

大雨特別警報は最高の警戒レベル「5」

気象庁が発表する可能性があるとしている「大雨の特別警報」は、5段階の警戒レベルのうち最も高いレベル5にあたり、最大級の警戒情報。

数十年に一度のこれまで経験したことのないような大雨の際に出され、平成25年8月に導入されて以降、甚大な被害が出た豪雨災害の多くで発表されている。

平成27年9月の「関東・東北豪雨」では、栃木県、茨城県、宮城県に大雨特別警報が出された。関東や東北に「線状降水帯」と呼ばれる発達した帯状の積乱雲がかかり続け、記録的な大雨となって、茨城県の鬼怒川の堤防が決壊するなどの大規模な浸水被害を出した。

また、一昨年7月の「九州北部豪雨」では福岡県と大分県に大雨特別警報が発表され、猛烈な雨によって中小河川の氾濫や土砂崩れなどの被害が、昨年7月の「西日本豪雨」では停滞した前線の影響で長時間雨が降り続き、合わせて11の府県に大雨特別警報が発表され、大規模な浸水被害や土砂災害が発生し、200人以上が死亡する甚大な被害となった。

「大雨の特別警報」は土砂崩れや浸水による重大な災害がすでに発生している可能性が極めて高い状況で発表されるため、気象庁は、この情報の発表を待つことなく避難するよう呼びかけている。

防災気象情報と警戒レベル|警戒レベル4で全員避難・避難勧告は速やかに避難 - unavailable days
防災気象情報と警戒レベル|警戒レベル4で全員避難・避難勧告は速やかに避難 - unavailable days

  防災気象情報と警戒レベルの対応 気象庁などが出す大雨や土砂災害の情報と自治体が出す避難情報を危険度に応じて5段階で表示する運用が2019年5月末からはじまりました。 2018年7月に発生

続きを見る

気象警報・注意報・特別警報の種類 大雨、洪水、大雪、暴風雪、着雪、着氷など - unavailable days
気象警報・注意報・特別警報の種類 大雨、洪水、大雪、暴風雪、着雪、着氷など - unavailable days

  大雨、洪水、大雪、暴風雪など、気象等の特別警報・警報・注意報について 気象等の特別警報の種類と内容 警報の発表基準をはるかに超える大雨等が予想され、重大な災害が発生するおそれが著しく高ま

続きを見る

 

 

鹿児島市全域59万人余に避難指示

鹿児島市は、この大雨で土砂災害が発生するおそれが高まっているとして、市内全域の27万5287世帯、59万4943人に対して出していた避難勧告を、午前9時35分、「避難指示」に切り替えた。

5段階の警戒レベルのうち警戒レベル4にあたる情報で、直ちに全員避難するよう呼びかけを行っている。

市民は直ちに命を守る行動を。

 

 

九州新幹線 全線で運転見合わせ

JR九州によると、大雨の影響で九州新幹線は熊本駅と鹿児島中央駅の間の上下線で午前10時44分から運転を見合わせている。

 

 

避難指示・避難勧告・避難準備情報

避難指示

▼鹿児島市全域:27万5287世帯59万4943人

 

避難勧告

▼鹿児島県・熊本県・宮崎県:21万9000世帯およそ45万8000人

 

避難準備情報

▼九州地方を中心に、75万7000世帯およそ164万2000人

 

この情報は7月3日午前11時現在のものです。最新の避難情報にご注意ください。

 

 

おすすめ記事

▼ 現在の上位アクセス ▼

1

  電力(停電) 昨年の平成30年台風21号では関西電力管内で延べ219万戸超の停電が発生しています。 台風が近づくにつれ、暴風や塩分を含んだ雨(海水の巻き上げによる)による塩害などで、大 ...

2

  令和元年台風15号 ファクサイ 台風15号の概況・予想進路等の関連情報は随時更新しています。 鉄道・航空・道路・水道(断水)・電気(停電)などのインフラ、また、警報・特別警報、災害の発生 ...

3

  2019年に発生した台風と名前 毎年1月1日以降に発生した最初の台風が「台風1号」となります。 今年は、台風2号までが平成31年発生、台風3号以降は令和元年発生となります。 台風の名前の ...

4

    塩害 塩害は、塩分に起因する植物・農作物・建築物・構造物に及ぶ害の総称。 海沿いの地域では海水に含まれる塩分により様々な塩害が生じる。 塩分を含んだ潮風が吹き付けることや、 ...

5

  防災気象情報と警戒レベルの対応 気象庁などが出す大雨や土砂災害の情報と自治体が出す避難情報を危険度に応じて5段階で表示する運用が2019年5月末からはじまりました。 2018年7月に発生 ...

-in Japan days, 気象・災害

Copyright© unavailable days , 2019 All Rights Reserved.