スポーツ

JMC ジャパンマラソンチャンピオンシップとは|対象期間とシリーズ

05/02/2023

JMC ジャパンマラソンチャンピオンシップ

 

JMC ジャパンマラソンチャンピオンシップシリーズ|Japan Marathon Championship Series

JMCジャパンマラソンチャンピオンシップシリーズは、日本陸上競技連盟が指定するマラソン大会のシリーズ。

日本陸上競技連盟主催等に限らず、全国各地の公認マラソン大会が加盟でき、それぞれのマラソン大会や日本のマラソン全体の活性化につなげることを目的とする。

1つの年度を「期」、2期分を「シリーズ」として、2年間のシリーズ総合成績を競う。

シリーズ総合成績は、日本選手権の順位決定や日本代表の選考などに直結し、安定して高いレベルのパフォーマンスを残した競技者が、日本選手権者や日本代表となる仕組み。

JMCシリーズに加盟する大会を、大会の水準などによって、最上位のグレードS(GS)からグレード1(G1)、グレード2(G2)、グレード3(G3)までグレード分けし、加盟する大会を公募する(公式)。

創設発表は、2021年6月21日。同8月20日、第1期対象大会が発表された。

第1期は2021年11月より開始とされたが、2020年12月から2021年10月までを「第0期」とし、第1期と合わせた「シリーズI」のチャンピオンを「第105回日本選手権者」と発表した。

 

規定等

指定期間のシリーズ加盟大会・ポイント対象大会のうち、条件を満たした大会のうちパフォーマンスポイントの高い大会の合計で争う。

パフォーマンスポイントは、WAスコアリングテーブルを基に算出した「記録ポイント」と大会グレードに応じた日本人選手のみに付与する「JMCポイント」の合計とする。

シリーズⅠは第0期と第1期から2大会で、少なくとも1大会は第1期の加盟大会であること、海外のWAラベル大会は1大会のみ有効とする。

シリーズⅡ以降は、直前期・当該期の2期間から3大会で、少なくとも1大会は当該期の加盟大会であること。

 

国際陸上競技大会代表選考について

「グレード1」(G1)に指定された大会は、翌年度に開催される世界陸上選手権及びアジア競技大会の代表選考競技会を兼ねて行われる。

2024年パリオリンピックの選考については2023年秋にマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)を開催。

G1・G2指定大会をMGCチャレンジとし、G3指定大会及びWAラベル大会やJMCシリーズ上位8名でもワイルドカードとして出場権を得られる。

(公式)

 

 

JMCジャパンマラソンチャンピオンシップ シリーズ

第0期~第4期の対象期間

第0期……2020年12月~21年10月

第1期……2021年11月~22年3月

第2期……2022年4月1日~23年3月
(JMCシリーズの国内加盟大会の男女それぞれ最後の大会を期限とする)

第3期……2023年4月~24年3月(2023年度)

第4期……2024年4月~25年3月(2024年度)

 

シリーズⅠ~Ⅳの対象期間

シリーズⅠ……2020年12月~22年3月(第0期と第1期)

シリーズⅡ……2021年11月~23年3月(第1期と第2期)
(JMCシリーズの国内加盟大会の男女それぞれ最後の大会を期限とする)

シリーズⅢ……2022年4月~24年3月(第2期と第3期)

シリーズⅣ……2023年4月~25年3月(第3期と第4期)

JMC ジャパンマラソンチャンピオンシップ JMCシリーズの対象期間

 

 

ブダペスト2023世界陸上競技選手権大会 マラソン日本代表選手選考要項

 

 

JMCポイント表

2021年8月20日JAAF報道発表時

■JMCポイント補足資料
①男子と女子で JMC ポイントの配分が異なる理由
男子:10 ポイントで約 30 秒
女子:10 ポイントで約 60 秒
JMC ポイントを男子と同様にした場合、女子の 10 ポイントは記録にすると約 60 秒と男子の約 2 倍の影響(男子と同等のポイントを配分すると、記録よりも順位の影響大きい)があるため、女子の JMC ポイント(順位ポイント)は男子の約半分と設定した。

②男子と女子で与えられる JMC ポイントの付与対象順位が異なる理由
G1 の JMC ポイントを付与する順位が男女で異なるのは、下記のように一定の国際水準レベル以上の選手層の違いがあるため。

・東京 2020 オリンピック参加標準記録突破者数
男子 105 名
女子 34 名

・ワールドランキング 1~100 位以内
男子 11 名
女子 10 名

・ワールドランキング 1~200 位に以内
男子 36 名
女子 22 名

注)国際競技力の観点から、トップレベル(1位〜100 位)の選手層の差は少ないものの、それ以下(〜200 位)の選手層に違いがあり、国内主要大会の入賞記録の差も女子の方が男子よりも大きい状況である。現在の日本におけるマラソン選手層を鑑みて、第0期及び第1期における順位ポイントの付与対象順位に男女の違いを設けることが強化委員会として妥当だと判断した。(JAAF)

 

 

  • この記事を書いた人
ubavailable press

uP Japan

イベントとメディア情報(お祭り・花火大会・音楽・テレビ番組) unavailable press Web Japan

-スポーツ
-