気象・災害

新しい雪の情報 3日先までの降雪量予測などを気象庁が提供

 

新しい雪の情報を気象庁が提供

令和元年11月13日16時から、現在の積雪・降雪の分布を推定する新しい雪の情報の提供を開始します。

また今冬から、大雪の際に各地の気象台が発表する気象情報において、3日先までの降雪量予測を提供する他、短時間に記録的な大雪があった際には一層の警戒を呼びかけます。

平成30年1月の首都圏での大雪や2月の北陸地方での大雪など、近年、集中的・記録的な降雪が発生し、大規模な車両渋滞・滞留を引き起こすなど、社会活動への影響が問題となっています。

気象庁はこの状況を踏まえ、今冬に向けて以下の取組を進めます。

 

「現在の雪」(解析積雪深・解析降雪量)の提供

アメダスの積雪計による観測値に加え、現在の積雪の深さと降雪量の分布を推定する「解析積雪深・解析降雪量(かいせきせきせつしん・かいせきこうせつりょう)」の提供を、令和元年11月13日(水)16時より、気象庁ホームページで開始します(後述)。

これにより、雪の観測が行われていない地域を含めて積雪・降雪の分布を把握できるようになり、外出予定の変更や迂回経路の選択等に利用できます。

「現在の雪」の活用例

 

3日先までの降雪量予測の提供

冬型の気圧配置により日本海側で数日間降雪が持続するようなときなど、降雪量について精度良く予測が可能な場合には、府県気象情報等に「48時間先からの24時間予想降雪量」を記述します。

3日先までの降雪量予測の提供

 

短時間の大雪に対する一層の警戒を呼びかけ

山形県、福島県(会津地方)、新潟県、富山県、石川県、福井県において、顕著な降雪が観測され、今後も継続すると見込まれる場合には、「短時間の大雪に対して一層の警戒を呼びかける情報」を発表します。

短時間の大雪に対する一層の警戒を呼びかけ

 

 

現在の雪・解析積雪深・解析降雪量

現在の雪

 

現在の雪の情報 気象庁提供

気象庁 | 現在の雪(解析積雪深・解析降雪量)
気象庁 | 現在の雪(解析積雪深・解析降雪量)

1時間毎に推定した現在の積雪の深さと降雪量の分布をご覧いただけます。降雪量については、3時間、6時間、12時間、24時間、48時間、または72時間を表示することができます。

続きを見る

 

(出典:気象庁)

 

おすすめ記事

-気象・災害