気象庁提供

science 地震 気象・災害

気象庁地発表 平成30年北海道胆振東部地震について 概要と活動状況 発災後の震度1以上地震は165回

 

 

地震の概要

検 知 時 刻:9月6日03時08分(最初に地震を検知した時刻)

発 生 時 刻:9月6日03時07分(地震が発生した時刻)

マグニチュード:6.7(暫定値)

場 所 お よ び 深 さ:胆振(いぶり)地方中東部、深さ37km(暫定値)

発 震 機 構:東北東-西南西方向に圧力軸を持つ逆断層型(速報)

  震 度  :【最大震度7】北海道厚真町(あつまちょう)で震度7、北海道安平町(あびら ちょう)、北海道むかわ町で震度6強、北海道千歳市(ちとせし)、北海道日高 町(ひだかちょう)、北海道平取町(びらとりちょう)、北海道札幌市東区(さっぽ ろしひがしく)で震度6弱を観測したほか、北海道から中部地方の一部にかけ て震度5強〜1を観測しました。

 

○ 防災上の留意事項

揺れの強かった地域では、家屋の倒壊や土砂災害などの危険性が高まっているおそれがあり ますので、今後の地震活動や降雨の状況に十分注意し、やむを得ない事情が無い限り危険な 場所に立ち入らないなど身の安全を図るよう心がけてください。 地震発生後1週間程度、最大震度7程度の地震に注意してください。 

 

○ 地震活動の状況

今回の地震(M6.7)発生後、10日10時00分現在、震度1以上を観測した地震が164回(最大震 度4が5回、最大震度3が19回、最大震度2が48回、最大震度1が92回)発生しています。 地震活動は当初に比べて徐々に低下してきていますが、依然、今回の地震の震源を含む南北 約30kmの領域で、活発な状態が続いています。 

※地震回数は速報値で、後日の調査で変更になることがあります。 

 

○  気象庁機動調査班(JMA-MOT)による現地調査結果

札幌管区気象台および室蘭地方気象台は、9月6日から「気象庁機動調査班(JMA-MOT)」を派遣し、震度6弱以上を観測した地域を中心に、震度観測点の状況確認およびその周辺の被害 状況調査を実施しています。これらの結果については、気象庁ホームページの「平成30年北海 道胆振東部地震の関連情報」のページに掲載しています。 https://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/oshirase/2018/20180906jma_mot.html

 

○  9月6日03時07分の地震(M6.7)の長周期地震動に関する観測結果の精査

波形データが入電していなかった観測点の波形データを入手し精査したところ、震度7を観測していた胆振地方中東部の厚真町鹿沼(あつまちょうしかぬま)において長周期地震動階級4を観測していたことがわかりました。

 

 

平成30年北海道胆振東部地震」の最大震度別地震回数表

平成30年9月6日03時~9月10日10時、震度1以上
(注)掲載している値は精査により、後日変更する場合があります。 

時間帯

最大震度別回数

震度1以上を 観測した回数

 

備考

1

2

3

4

5

5

6

6

7

回数

累計

 

9/6 03-24

43

26

12

2

0

0

0

0

1

84

84

9/7 00-24

21

8

5

1

0

0

0

0

0

35

119

 

9/8 00-24

10

9

1

1

0

0

0

0

0

21

140

 

9/9 00-24

13

3

0

1

0

0

0

0

0

17

157

 

9/10 00-10

5

2

1

0

0

0

0

0

0

8

165

 

※[9/6更新]03時08分頃の地震の最大震度を6強から7へ変更しました。 

 

時間別地震回数

 

 

活動の状況(9月10日09時30分現在)

震央分布図

(2018年9月6日00時00分〜10日09時30分、M≧2.0、深さ0~60km)

 

震央分布図の矩形内の地震活動経過図及び回数積算図

<本資料の利用上の留意点>
・9月9日以降の震源は精査前の震源です。
・9月10日の震源には、自動処理による結果を含みます。
・自動処理による震源には、発破等の地震以外のものや、震源決定時の計算誤差の大きなもの が表示されることがあります。
・個々の震源の位置や規模ではなく、震源の分布具合や活動の盛衰に着目して地震活動の把 握にご利用ください。 

 

 

内陸及び沿岸で発生した地震の地震回数比較表

マグニチュード3.5以上(2018年9月10日09時30分現在)

※この資料は速報値であり、後日の調査で変更することがあります。
※地震のマグニチュードについては、これまでの最大を示している。

 

 

長周期地震動

96 03 07 分の地震(M6.7)の長周期地震動に関する観測結果の精査 

波形データが入電していなかった観測点の波形データを入手し精査したところ、震度7を観測していた胆振地方中東部の厚真町鹿沼(あつまちょうしかぬ ま)で長周期地震動階級4を観測していたこと等がわかりました。 

 

今回波形データを入手し精査を行った観測点

観測点名

読み

地域名称

長周期地震動階級

厚真町鹿沼

あつまちょうしかぬま

胆振地方中東部

4

平取町仁世宇

びらとりちょうにせう

日高地方西部

2

新ひだか町静内山手町

しんひだかちょうしずないやまてちょう

日高地方中部

2

新ひだか町静内御園

しんひだかちょうしずないみその

日高地方中部

2

浦河町潮見

うらかわちょうしおみ

日高地方東部

1

 

9月6日 03時07分の地震の長周期地震動階級分布図(精査後) 

なお、各観測点の詳細な解析結果については、下記の気象庁ホームページでご確認いただけます。 https://www.data.jma.go.jp/svd/eew/data/ltpgm_explain/data/past/20180906030805/index.html 

 

提供:気象庁 地震火山部 平成30年9月10日11時00分 報道発表「平成30年北海道胆振東部地震について(第7報)」資料

 

 

関連リンク

気象庁 Japan Meteorological Agency
気象庁 Japan Meteorological Agency

気象庁が発表する気象情報、地震・津波情報、データ、火山、気候、環境、海洋情報を掲載

続きを見る

関連記事
平成30年北海道胆振東部地震(ほっかいどういぶりとうぶじしん)と命名 気象庁の命名基準と方法
関連記事
北海道地震 厚真町は震度7 気象庁発表 北海道で震度7は観測史上初 日本で観測された震度7一覧
関連記事
札幌市東区で震度6弱を記録 札幌市では観測史上初 平成30年北海道胆振東部地震で気象庁が発表
関連記事
北海道の震度5弱以上の地震は1923年(大正12年)以降43回 地震発生一覧

おすすめ記事

-science, 地震, 気象・災害