interest

【VINTA TYPE-II】クラウドファンディングに参加してみたいヽ|・∀・|ノ <その6 支援総額1,247万円あまり 達成率4,082%の人気に! だがしかし…

更新日:

 

支援者445人 支援総額12,247,800円

machi-ya主催のクラウドファンディング「VINTA TYPE-II」。

プロジェクトの目標金額は30万円でしたが、1千2百万円を超える資金を調達、達成率は4,082%と人気ファンドになりました。

 

募集期間は1ヶ月と10日

VINTA TYPE-IIのプロジェクトは2018年3月16日から4月26日23時59分(JST)までの約40日間。

私がファンドに支援を行ったのが2日前。この時点では、支援者は211人でした。

そこから、およそ48時間で、234人の方が一気に支援をされたことになります。

このときすでに、セットの内容がトラベルキットのみパターンの19,000円(30%オフ)、カメラキット19,100円(37%オフ)のパターン、それぞれ75人、あわせて150人限定の支援コースは「完売」していました。

残っていてのは、トラベルキットのみの18%・22,300円、カメラキットのみの20%オフ24,300円、トラベルキット+カメラキットにボトムアタッチメントストラップとトラベルノートが付いたフルセットの26%オフ・29,300円となっていましたので、支援を考えていた方が意思決定をして期限間際に申込をされたことが垣間見えます。

最も高額のフルセットの支援者は後半で増えたのではなく、私の申し込んだ2日前時点で、すでに終了時の人数に近い方が支援していらっしゃったので、当初からフルセット版を希望されていたことがうかがえます。

今回のプロジェクトで、私自身は「どうせなら、フルセットがいいな」という思いで申込をしましたが、少しでもリーズナブルに欲しい品物を入手するには「プロジェクト立ち上げ情報に目を配り」、まして人気の出そうな企画の場合には「早めの意思決定をする」ことが大切だなと感じました。

 

 

プロジェクト終了から12日目

Webサイトでは発送予定が5月30日となっていて(なぜかフルセット版だけ発送予定の表示がない…)、募集終了から1ヵ月ほどあるので「気長に待ちましょう」と楽しみにしておりましたところ、machi-yaからメールが届きました。

 

支援プロジェクトの活動報告と題するメールでした。

ほおほお。途中でこういうお知らせがあるのはいいわね〜。

 

発送予定日が近づく 5月28日 それはやってきた
「残念なお知らせ…」

24時間体勢で生産に取り組んできましたが、製造上の理由によりお届けが本来お約束した日にちよりずれてしまう可能性が高くなってきました。

(中略)

新しい発送時期ですが、6月中旬から6月下旬を予定しています。

英文っぽいセンテンス使いに「ふふふ」と思いつつも「ありゃま残念」。でもね、仕方ありません。計画通り行かないことはめずらしいことではないのでござる。

 

 

Webサイトをよく見てみると

ずっと気づかないでいたのですが(注意力がないだけともいう)、「おや?」。

 

「活動報告」って書いてるぞ?【3】ってなってる(笑)

 

おお。こんなものがあったなんて。

 

中身を読んでみると、machi-yaから送られていていたメール本文と同一でした。VINTAの代表者からのメッセージです。

 

最初の活動報告は、私が支援申込をする以前の4月9日付。当初は5月上旬に完成し、直ちに発送云々となっています。なるほどなるほど。

 

ちなみに「よくある質問」と支援者からの「コメント」欄は空でした。みなさん、ゆっくりお待ちのようです。

 

きょうは 6月24日

1ヶ月は概ね30日間です。上旬・中旬・下旬という分割方法だと、月初から10日、11日から20日、21日から月末となりますね。

したがって、本日は「下旬」に相当するわけです。

が、いまのところ、発送の連絡はありません。もちろん、さらなる遅延の報告もありません。

仮に今日発送されたとしてもVINTAは東海岸の会社で(製造は西海岸かもしれない?)、航空貨物で米国横断(陸送はないかな〜。米国内の航空便は比較的安価だし。まさかの水曜どうでしょうじゃあるまいし…)+船+通関手続+国内配送で10日〜2週間。シンガポール踏むとかあるかもなぁ…。

などなどと考えつつ、何か連絡はあるかしら?と待っている日曜日の午後でございます。

 

-interest
-,

Copyright© unavailable days , 2018 All Rights Reserved.