interest

【VINTA TYPE-II】クラウドファンディングに参加してみたいヽ|・∀・|ノ <その4

更新日:

 

募集期限まで、あと2日と6時間

VINTA BACKPACK CAMERA KIT というバックパックのデザインと機能性に「ピン!」ときて、買いましょう、輸入しましょう、そうしましょうと思っていたら、偶然にも新型の TYPE-II 製作のクラウドファンディングを発見。

しかしながら、当然、「そーれ!れっつらどん!ポチ!」という訳にはいきません。

ファンドの主宰者が信用に足る会社なのか、そもそも、VINTA社自身が新型製作に着手しようとしていて、かつ、ファンドの募集をかけているのか否かを調べなくてはなりません。

 

 

複数の海外メディアや著名サイトが TYPE-II プロトタイプを取り上げ

調べてみたところ、複数の海外メディアをはじめ、The Photographerなどの写真系サイトでも VINTAが新しい製品のプロトタイプを完成し、製作段階に入るためにファンディングの利用も行う旨の記事がみつかりました。また、VINTA社のリリースも確認することができました。

これで、VINA TYPE-II の製作・販売があることは確定。

 

 

Kickstarter

さらに調べていると「Kickstarter」で、既に TYPE-II のファンディングが実施済みであることがわかりました。

Kickstarterといえば、2009年4月に設立された米国のクラウドファンダーで、この種のファンディングプラットフォームとしては世界最大をうたう民間企業です。参加しているクリエイターには著名人が多く、成立しているファンドの数、集められている資金量も群を抜いています。

Kickstarterであれば、こりゃ安心、と思ったら、終わってるし(-_-;)

 

 

 

machi-ya

で、最初に TYPE-II のファンディングをみつけた「machi-ya」さんというサイトに出戻り。

ここで、期限は2日と4時間!

申し訳のないことですが、私、machi-ya という存在を存じませんで、念の為、調べてみました。

事業者は、株式会社メディアジーン。

メディアジーンといえば、GIZMODEやLifehacker、BusinessInsiderとかの運営母体。確かその上は、インフォバーンだっけかな? と思い出しながら、いろいろ検索してみて、情報は確定。代表者は、WIRED日本版に関わられていた、今井素子さんでした。

どうりで、聞き覚えのある名前が出てくるなと…。

これで、machi-ya も安心して使える、ぞ。

 

 

支援コースはどれにしようかな?

machi-ya で VINTA TYPE-II を支援・購入するには、支援方法としていくつかの選択肢がありました。

内容としては、

・30%オフでバックパックとトラベルキットが19,000円で75セット限定

・37%オフでバックパックとカメラキットが19,100円で75セット限定

このふたつがダントツにお安く、お買い得! なのですが既に完売…

 

 

最終的に選んだ 支援コース

結局、一番お高い 29,300円のセットを選んでしまいました…。

しかーし!26%オフですし、セット内容が、TYPE II バックパック本体・トラベルパック・カメラパック・フィールドパック・ボトムアタッチメントストラップ・トラベルノートと、大変お得じゃないですかヽ|・∀・|ノ (若干自分に言い聞かせる)

VINTA TYPE-II は、中身のパックを入れ替えることで、使用目的に合わせていろいろに機能を変化させて使えるというところも、気に入った理由のひとつでしたので、この際全部のパック付もありだと思ったのが正直なところです。もっとも、カメラパックしか使わないかもしれない…という危険性もはらんではおりますですはい。

 

次回、実際の支援申込みの内容をお伝えします。

-interest
-,

Copyright© unavailable days , 2018 All Rights Reserved.