interest

【VINTA TYPE-II】クラウドファンディングに参加してみたいヽ|・∀・|ノ <その3

更新日:

はじめてのクラウドファンディングは 購入型

前回まで、クラウドファンディングの成り立ちや現在の類型、危険性などを書いてきました。

はじめてクラウドファンディングに参加してみる前提として、ある程度の知識や経験を伴わなければならないであろう投資型は追々に、公共プロジェクトや社会貢献のファンディングは成立の困難さや実施までの期間の長さなどを考慮して、まずは経験してみようという観点から、自分が欲しい、あるいは興味のある「製品企画」に参加してみるべく、プロジェクトを探しました。

 

 

偶然出会った 製品プロジェクト

私は普段のカメラ機材やノートパソコンの移動に、VANGUARD の Xcenior 41 というカメラバッグを愛用していて、非常に丈夫でどこも壊れずかれこれ5年になります。

これにレンズ4本、本体2、マルチパワーバッテリーパック、予備バッテリー及び充電器類、ケーブル、ブロワーなどなどのカメラ用具一式に、MacBookProと周辺機器、Victorinox、精密ドライバーセット…etc を詰めています。

 

重量は10kgを超えてきますが、とにかく丈夫で壊れません。難点はショルダーなので、カメラを持って移動しながらの撮影のとき、片方の肩にかけているので、どうしても水平が取りづらいし、体勢も作りづらい。当然、バッグを下ろして撮影するべきですが、「ちょっと」ということはしばしばあって…。

そんなわけで、機材数は多少減らしたとしてもバックパック式の良い鞄はないかしら?と常々思っていました。

 

なかなか 気に入ったものに出会えない

世界中のカメラ製品専門メーカーから、鞄専業メーカーまで、まさしく数多のバックパックが販売されています。

販売はされていますが、これがどうにも帯に短い襷に長いというより、単純にデザインがピンとこない。機能性や耐久性はもちろん、独自の機能や保証期間の長さなど逸品と呼べるものはいくつも存在します。デザインも、悪くはない…といえば、悪くはない。だがしかし…。

個人の趣味・見解の話ですから、人それぞれ。

でも、どうせなら、気に入ったものを持ちたいというのが人情。

 

 

VINTA SUPPLY CO. NewYork

そんな折、とある雑誌に「おおう」直感的に気に入ったデザインのバックパックを発見しました。

その名は、VINTA BACKPACK CAMERA KIT 。

もうね、ビンタされちゃった感じ(あとで知ったことですが、ベンタと読そうです…)。

さっそくGoogle先生にお訊ねすると、NewYorkのまだ新しい鞄メーカーであることがわかりました。日本に正規輸入代理店はなく、Amazonで製品検索をするとあるにはあるんですが、値段がマチマチ(笑)、もちろん並行輸入品で納期3週間前後。

「こりゃ、VINTAの公式サイトで買って通関通したほうが早いし、安いな」と、思っていたところに、見つけちゃいました。

雑誌で見たバックパックの後継モデル「TYPE-II」を作るので、実行確約形式でクラウドファンディング支援者募集中。あと2日と6時間。

うげげ。あと2日!

こちらが、VINTA BACKPACK TYPEII 。お色はチャコール&ナチュラル

-interest
-,

Copyright© unavailable days , 2018 All Rights Reserved.