皇室

即位の礼に伴う祝賀パレード11月10日に延期へ 台風被害対応を優先

 

政府、祝賀御列の儀を11月10日挙行を閣議決定

政府は10月18日午前の閣議で、天皇陛下の即位に伴い10月22日に予定されていた祝賀御列の儀(祝賀パレード)を、11月10日に順延することを閣議決定した。

これにより、正式に日程の変更が決まった。

政府は台風19号の甚大な被害状況から、災害対応を優先させるとして、17日、日程延期の調整に入っていた。

国内外に天皇陛下の即位を宣言する「即位礼正殿の儀」及び祝宴の「饗宴の儀」は、当初予定の10月22日に行われる。

 

 

祝賀御列の儀を当面延期

天皇陛下の即位に伴い、今月22日に予定されていた祝賀パレード「祝賀御列(しゅくがおんれつ)の儀」について、政府は台風19号の被災地への対応に万全を期すため当面、延期する方向で調整に入りました。

政府は、今月22日に、天皇陛下が即位を内外に宣言される「即位礼正殿(そくいれいせいでん)の儀」や祝賀パレードの「祝賀御列の儀」など天皇陛下の即位に伴う式典を実施するため、各府省庁あげた態勢で準備を進めてきました。

しかし、台風19号により広い範囲で甚大な被害が発生したことから、政府は、被災地への対応に万全を期すため、一連の式典のうち「祝賀御列の儀」を当面、延期する方向で調整に入りました。

一方、「即位礼正殿の儀」や祝宴にあたる「饗宴(きょうえん)の儀」については、予定どおり行うことにしています。

政府はインフラの復旧作業や被災者の避難生活は長期化することが想定されるとしていて、今後、被災地の状況も見極めながら「祝賀御列の儀」の日程を改めて決めることにしています。(NHK)

 

 

パレードは11月10日に

天皇陛下の即位に伴い、今月22日に予定されていた祝賀パレード、「祝賀御列の儀」について、政府は、台風19号の被災地への対応に万全を期すなどとして、およそ3週間延期し、来月10日に実施する方針を固めました。

政府は、憲法で定める国事行為として、今月22日に、天皇陛下が即位を内外に宣言される「即位礼正殿の儀」を行うとともに、祝賀パレードの「祝賀御列の儀」や、祝宴にあたる「饗宴の儀」を予定していました。

しかし、台風19号により広い範囲で甚大な被害が発生したことを受けて、政府は、被災地の復興・復旧対応に万全を期すなどとして、このうちの「祝賀御列の儀」について、およそ3週間延期し、来月10日に実施する方針を固めました。

一方、「即位礼正殿の儀」や22日から4回に分けて開く「饗宴の儀」については、予定どおり行うことにしています。

政府は、「祝賀御列の儀」の日程などについて、18日の閣議で、改めて決定することにしています。(NHK)

今上天皇陛下御退位と新天皇陛下御即位に伴う日程 - unavailable days
今上天皇陛下御退位と新天皇陛下御即位に伴う日程 - unavailable days

祝賀御列の儀(祝賀パレード)の日程が変更となります。 天皇陛下御即位に伴う関連儀式・式典・奉祝行事・招待外国元首・警備・交通規制などの項目をまとめています。  202年ぶ

続きを見る

 

 

おすすめ記事

-皇室