TV

降り積もれ孤独な死よ あらすじと予告|見逃し配信・リアルタイム配信

『降り積もれ孤独な死よ』は、2024年7月期の読売テレビ・日本テレビ系日曜ドラマ。主演は成田凌。原作は、講談社「マガジンポケット」で連載中のマンガ『降り積もれ孤独な死よ』(原作・井龍一、漫画・伊藤翔太)。七夕の7月7日に放送スタート。

降り積もれ孤独な死よ あらすじ・予告動画

第3話 7月21日(日)

子供13人を殺害した疑いで逮捕され、自供していた灰川十三(小日向文世)が、留置場で首を吊っていた。刑事の冴木仁(成田凌)は、灰川の行動はすべて“真犯人”をかばうための可能性が高いのではないかと考えていた。

独自に捜査する冴木は、蓮水花音(吉川愛)が突き落とされた場所へ向かう。聞き込みをしていると、事故が起きた時間に“顔に傷がある男”がいたことがわかり……!?

一方、灰川邸では、花音をはじめ、生き残った子どもたち――蒼佑(萩原利久)、マヤ(仲万美)、悟(松本怜生)、優磨(カカロニ栗谷)――で集まっていた。

「子どもたちを殺したのが父さんだなんて、どうしても思えない」と告げた花音は、さりげなく4人の表情を見て……。

“真犯人”について、悟が、現在も行方がわからない健流(杢代和人)の名前を挙げる中、マヤの背中に入った“リッカ”のマークのタトゥーが目に入った花音は、灰川邸での“ある記憶”に思いを巡らせる。

そして、他の子どもたちが去っていく中、一人その場に残る蒼佑で――。

2024年。記者の森燈子(山下美月)は、行方不明の家出少女・美来の手首に“リッカ”のマークがあったことを気にしていた。そこには、灰川邸事件で生き残った子どもたちの誰かが関わっているのではと考えていて……!?

 

🔽ドラマリンク(画像をタップ)

ドラマドラマドラマドラマドラマドラマ新宿野戦病院虎に翼 NHK ロゴNHK 大河ドラマ 光る君へ

テレビ・ドラマ

降り積もれ孤独な死よ あらすじと予告|見逃し配信・リアルタイム配信

 

第3話予告動画

日曜ドラマ「降り積もれ孤独な死よ」第3話PR解禁!【7月21日放送】

 

降り積もれ孤独な死よ 放送概要

■放送日時
毎週日曜日
午後10時30分~午後11時25分

■放送局
日本テレビ系列全国ネット

■制作
読売テレビ

source:降り積もれ孤独な死よ|読売テレビ

 

降り積もれ孤独な死よ 見逃し配信・リアルタイム配信

■見逃し配信
TVer「降り積もれ孤独な死よ」読売テレビ

■リアルタイム配信
TVer 日テレ系リアルタイム配信

 

これまでの放送内容・ダイジェスト動画

第2話 7月14日(日)「謎の容疑者、確保…正体は…驚愕の展開へ…」

2017年。灰川十三(小日向文世)の屋敷で、地下室に閉じ込められ餓死した13人の子供の遺体が見つかった。灰川は、過去に子どもたち19人を誘拐し、一緒に暮らしていたことが判明する。
事件の被害者である13人を除き、生き残ったのは刑事の冴木仁(成田凌)の弟・瀧本蒼佑(萩原利久)、蓮水花音(吉川愛)ら6人。所在がつかめていない神代健流(杢代和人)以外の全員が、灰川の犯行を否定した。

ところが、容疑者である灰川は後日、あっさり身柄を確保されることに。その手には現場に残された特徴的な六角形のマークが描かれてあり……!?

そんな中、何者かによって、花音が階段から突き落とされてしまう。病院に駆けつけた冴木に、花音は「私を突き落とした犯人は、灰川邸事件の犯人です」と伝える。そして、“新犯人”を見つけるべく、捜査を続けてほしいと願い出る。
7年後の2024年。行方不明となった家出少女・美来を捜す記者の森燈子(山下美月)は、灰川邸事件の現場に残された“リッカ”のマークについて、冴木に問いかけていた。

美来にも同じマークのタトゥーがあったことを明かした森は、「本当にあの事件は、もう終わったんですか?」と問いかけて――。

 

第2話予告動画

日曜ドラマ「降り積もれ孤独な死よ」第2話PR解禁!【7月14日放送】

 

第1話 7月7日(日) 

新日曜ドラマ「降り積もれ孤独な死よ」主題歌PR解禁!【7月7日スタート】

 

2017年。とある屋敷の地下室で、白骨化した遺体13体が発見された。
遺体は子どものものと見られ、壁には特徴的な六角形の謎のマークが描かれていた。刑事の冴木仁(成田凌)たちは、遺体の身元確認と、屋敷の持ち主である灰川十三(小日向文世)の行方を追うことに。

そんな中、灰川を“父”と呼ぶ蓮水花音(吉川愛)が現れる。灰川とは、血のつながりも戸籍上のつながりもない花音だが、育児放棄を受けていた自分を救ってくれ、6年前まで“本当の家族”のように一緒に暮らしていたという。さらに、屋敷で暮らしていた子供は全部で19人いたと明かす。

花音の話を聞き、警部補の五味(黒木メイサ)や、巡査の鈴木(佐藤大樹)は、13体の遺体は、19人の子どもたちの誰かである可能性が高い、と考えていた。ところが、花音は「父は犯人ではありませんよ」と訴えて――。

時が経ち、2024年。若者たちが集まる繁華街では、1人の少女が行方不明となっていた。少女を捜す記者の森燈子(山下美月)は、刑事でなくなった冴木の元を訪れ、こう告げた。
「本当にあの事件はもう終わったんですか?」

 

第1話を終えて原作の井龍一氏がコメント

めちゃくちゃ良かったです!
撮り方が映画のようで地上波でここまで出来るのかと驚きました!
監督さんの功績も大きいと思いますが、成田さんをはじめ出演者のみなさんの演技も素晴らしかったですね!
いや~ 感動しました!原作者としても本当に満足の第1話でした!

 

第1話ダイジェスト

【謎を総復習!】「降り積もれ孤独な死よ」1話ダイジェスト

 

降り積もれ孤独な死よ キャスト

主要キャスト・配役

冴木仁(さえき じん)
成田凌
2017年時点で山梨県警富士山北警察署の刑事。巡査部長。2024年時点では警察を辞め、警備員の仕事をしている。幼い頃に母が病死し、その後、父が由香と再婚し弟の蒼佑が生まれた。仁が12歳の時に、母の実家の冴木家の養子になり家族とは疎遠に。2007年に父が事故死した時以来、由香と蒼佑には会っていない。

蓮水花音(はすみ かのん)
吉川愛(幼少期:有香)
灰川家の次女。6年前(2011年)まで灰川邸で暮らしていた。灰川の無罪を主張し、冴木と共に事件の真相を追う。幼少期は水商売の母と2人暮らしだったが、育児放棄され、食事もまともに摂っていなかった。そんな時に十三と出会い、万引きの仕方を教えてもらって飢えをしのいでいた。その後、灰川邸で十三らと家族のように暮らしていた。

灰川十三(はいかわ じゅうぞう)〈64〉
小日向文世
灰川邸事件の容疑者。行方不明。顔の左側に大きな火傷の痕がある。2011年まで、事情のある19人の血の繋がらない子どもたちと暮らしていた。2017年に灰川邸の地下室から13人の子どもの白骨遺体が見つかる。

 

山梨県警富士山北警察署

五味明日香(ごみ あすか)
黒木メイサ
刑事。警部補。冴木の先輩であり、よき理解者。

鈴木潤(すずき じゅん)
佐藤大樹
新米刑事。巡査。

川相総一(かわい そういち)
野間口徹
刑事。警部。冴木の上司。
灰川邸元住人

瀧本蒼佑(たきもと そうすけ)
萩原利久(幼少期:上野翔)
灰川家の四男。冴木の腹違いの弟。灰川邸事件で生き残った子供の1人。

沖島マヤ(おきしま マヤ)
仲万美(幼少期:岡田六花)
灰川家の長女。全身にタトゥーを入れている。

川口悟(かわぐち さとる)
松本怜生(幼少期:山谷碧都)
灰川家の三男。法科大学院生。灰川邸事件で生き残った子供の1人。

神代健流(かみしろ たける)〈25〉
杢代和人(幼少期:大城龍永)
灰川家の次男。現在、行方不明。灰川邸事件で生き残った子供の1人。

東優磨(あずま ゆうま)
栗谷(カカロニ)(幼少期:山本海成)
灰川家の長男。運送会社の従業員。灰川邸事件で生き残った子供の1人。

 

子どもたち

白骨遺体となって発見された子供たち。

渡辺巧〈当17〉 – 平川丈

小林結愛〈当16〉 – 蟻波りん

中村清志〈当12〉 – 養田有星

堀内蓮〈当12〉 – 小池兜馬

志村のどか〈当12〉 – 石井咲奈

古屋智也〈当11〉 – 平野絢規

望月美緒〈当11〉 – 宮内月煌

保坂萌花〈当10〉 – 中屋心結

清水奈々美〈当8〉 – 江坂祥綾

雨宮栞〈当7〉 – 大野りりあな

長田駿〈当7〉 – 舩附藍丈

佐野依央菜〈当7〉 – 戸簾愛

深沢陸〈当5〉 – 須藤優維

森燈子(もり とうこ)
山下美月
少女失踪事件を追う「週刊文苑」記者。刑事を辞め、警備員をしている冴木を訪ねてくる。ドラマオリジナルのキャラクター。

月島美来
水野響心
燈子が探している失踪したマル横キッズ。手首に灰川邸に残されていたのと同じマークのタトゥーが入っている。

瀧本由香
仙道敦子
瀧本蒼佑の実母。

 

ゲスト出演等

第1話
宇垣慎太
日向丈
灰川邸に注意喚起のチラシを持ってきて異変に気付いた地元警官。

緒方
猪塚健太
「週刊文苑」編集者。燈子の上司。

山崎
伊藤正之
灰川邸事件を担当する山梨県警管理官。

大輝
中村公隆
藤木町の傷害事件の被害者。帰宅中に道で覆面の男に突然殴られる男性。

マル横キッズ
木村葉月、櫻莉杏(役名:陽菜)
渋谷のマルキュー横でたむろしている少女たち。燈子に美来の居場所を知らないか訊ねられる。

ニュースキャスター
森田絵美(山梨放送)
灰川邸事件をテレビで伝えるキャスター。

少年
上田琳斗

 

原作

■原作
原作・井龍一、漫画・伊藤翔太による漫画作品。『マガジンポケット』(講談社)で、2021年8月28日から連載中

■原作者コメント

今回は実写ドラマ化に際し、原作が未完結という事もあり思う存分にオリジナルの展開にして下さいとこちらの方からもお願い致しました。制作陣の方にとってはチャレンジングな事だったと思いますが、企画から脚本までを拝見した限りとても原作にリスペクトを持って、より面白いものを作るぞという意気込み&熱量が感じられる内容になっていると思います。何より物語の根幹に関わるテーマはちゃんと引き継がれていますし、正直このネタ原作でも使えないかなぁという箇所もチラホラあります。
主演の成田凌さんをはじめキャストも素晴らしい方々に集まって頂きました!ドラマ版「降り積もれ」楽しみしかありません。皆様にも、これを機会に原作漫画も手に取ってもらってドラマとの違いを見比べながら、2度、3度と楽しんで頂けたらと思います。

原作者・井龍一

 

降り積もれ孤独な死よ 相関図

及川邸事件(2017年)関係者|読売テレビ

-TV