気象・災害

大雨特別警報 警戒レベル5|佐賀県・福岡県・長崎県に発令

 

佐賀県・福岡県・長崎県に発表されていた大雨特別警報は、8月28日午後3時前に解除されました。
これまでの大雨で地盤が緩んでいる場所が多くあります。引き続き、土砂災害などに厳重な警戒が必要です。

大雨特別警報が発令 special heavy rain emergency warning 

気象庁によると、西日本から東日本にのびる前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発になっています。

九州北部には「線状降水帯」と呼ばれる発達した積乱雲が次々と流れ込み、佐賀県の各地では28日の明け方、レーダーによる解析で1時間に110ミリから120ミリ以上の猛烈な雨が降ったとみられるほか、午前4時40分ごろまでの1時間に、佐賀市で110ミリ、佐賀県白石町で109.5ミリの猛烈な雨を観測しています。

気象警報・注意報・特別警報の種類 大雨、洪水、大雪、暴風雪、着雪、着氷など - unavailable days
気象警報・注意報・特別警報の種類 大雨、洪水、大雪、暴風雪、着雪、着氷など - unavailable days

  大雨、洪水、大雪、暴風雪など、気象等の特別警報・警報・注意報について 気象等の特別警報の種類と内容 警報の発表基準をはるかに超える大雨等が予想され、重大な災害が発生するおそれが著しく高ま

続きを見る

 

数十年に一度の経験したことのない大雨 警戒レベルは最大のレベル5

気象庁は佐賀県と福岡県、長崎県では、数十年に一度のこれまで経験したことのないような大雨となっており、土砂崩れや浸水などによる重大な災害がすでに発生している可能性が極めて高い状況だとして、午前5時50分に大雨の特別警報を発表しました。

5段階の警戒レベルのうち、最も高いレベル5にあたる情報で最大級の警戒が必要です。

気象庁は周囲の状況を確認し、避難場所までの移動が危険な場合には近くの頑丈な建物に移動したり、外に出るのがすでに危険な場合は、建物の2階以上で崖や斜面と反対側の部屋に移動したりするなど、少しでも命が助かる可能性が高い行動を取るよう呼びかけています。

防災気象情報と警戒レベル|警戒レベル4で全員避難・避難勧告は速やかに避難 - unavailable days
防災気象情報と警戒レベル|警戒レベル4で全員避難・避難勧告は速やかに避難 - unavailable days

  防災気象情報と警戒レベルの対応 気象庁などが出す大雨や土砂災害の情報と自治体が出す避難情報を危険度に応じて5段階で表示する運用が2019年5月末からはじまりました。 2018年7月に発生

続きを見る

 

九州北部では観測史上最大雨量

九州北部では各地で記録的な大雨になっていて、午前9時までの24時間の雨量は、長崎県平戸市413ミリ、佐賀市で385.5ミリと、平年の8月1か月分のおよそ2倍に達し、いずれも気象庁が統計を取り始めてから最も多くなっています。

 

東海地方でも大雨に

東海でも雨雲が発達し、8月28日午前9時までの1時間に、静岡県が浜松市に設置した雨量計で88ミリの猛烈な雨を観測しています。

 

土砂災害警戒情報・氾濫危険水位

佐賀県や福岡県など九州北部の各県と、岩手県、静岡県では土砂災害の危険性が非常に高まり、「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があるほか、佐賀県や福岡県、大分県、山口県では複数の川が氾濫の危険性が非常に高い「氾濫危険水位」を超えています。

 

全国的に激しい雨に

前線は29日にかけて停滞し、日本海にある低気圧が北日本へ近づくため、西日本から北日本の広い範囲で大気の状態が不安定になり激しい雨が降る見込みで、特に九州北部では、28日昼前にかけて非常に激しい雨が降り局地的には猛烈な雨が降るおそれがあります。

29日朝までの24時間に降る雨の量は、
九州北部200ミリ
関東甲信・東海180ミリ
北陸150ミリ
北海道・近畿で120
中国地方・四国で100ミリ
と予想されています。

気象庁は、土砂災害や川の氾濫、低い土地の浸水に厳重に警戒するとともに、落雷や突風などにも十分注意するよう呼びかけています。

 

 

大雨特別警報が発表されている地域

■佐賀県の
すべての市と町

■福岡県
久留米市、小郡市、うきは市、朝倉市、筑前町、東峰村、大牟田市、柳川市、八女市、筑後市、大川市、みやま市、大木町、広川町

■長崎県
平戸市、松浦市、佐世保市、川棚町、波佐見町、佐々町、小値賀町

 

 

避難指示

警戒レベル4・直ちに全員避難

佐賀県

佐賀市 10万0768世帯23万2646人
唐津市 951世帯2410人
伊万里市 2万3391世帯5万4848人
武雄市 1万9217世帯4万8973人
嬉野市 9807世帯2万6078人
神埼市 1万2002世帯3万1651人
有田町 7815世帯1万9888人
大町町 2834世帯6936人
江北町 3395世帯9729人

 

福岡県

福岡市早良区 10世帯23人
久留米市 11万2677世帯25万6457人
小郡市 2万4683世帯5万9660人
うきは市 1921世帯5480人
朝倉市 2万1440世帯5万3126人
八女市 4251世帯1万0908人
筑後市 7738世帯2万0174人
筑前町 1129世帯3273人
東峰村 873世帯2098人

 

長崎県

佐世保市 1万5809世帯3万8486人

 

 

避難勧告

警戒レベル4・速やかに全員避難

■発令地域
佐賀県、福岡県、長崎県、熊本県、大分県、広島県、静岡県、岩手県
およそ36万世帯、87万人

 

 

おすすめ記事

▼ 現在の上位アクセス ▼

1

  電力(停電) 昨年の平成30年台風21号では関西電力管内で延べ219万戸超の停電が発生しています。 台風が近づくにつれ、暴風や塩分を含んだ雨(海水の巻き上げによる)による塩害などで、大 ...

2

  令和元年台風15号 ファクサイ 台風15号の概況・予想進路等の関連情報は随時更新しています。 鉄道・航空・道路・水道(断水)・電気(停電)などのインフラ、また、警報・特別警報、災害の発生 ...

3

  2019年に発生した台風と名前 毎年1月1日以降に発生した最初の台風が「台風1号」となります。 今年は、台風2号までが平成31年発生、台風3号以降は令和元年発生となります。 台風の名前の ...

4

    塩害 塩害は、塩分に起因する植物・農作物・建築物・構造物に及ぶ害の総称。 海沿いの地域では海水に含まれる塩分により様々な塩害が生じる。 塩分を含んだ潮風が吹き付けることや、 ...

5

  防災気象情報と警戒レベルの対応 気象庁などが出す大雨や土砂災害の情報と自治体が出す避難情報を危険度に応じて5段階で表示する運用が2019年5月末からはじまりました。 2018年7月に発生 ...

-気象・災害
-, , , , , ,

Copyright© unavailable days , 2019 All Rights Reserved.