AP

sticky world news agency

ハリケーン フローレンス 米南部ノースカロライナ州に上陸 各地で甚大な被害 今後1000mmを超える雨も

更新日:

 

 

フローレンス 米ノースカロライナ州に上陸

大型のハリケーン・フローレンスはアメリカ南部ノースカロライナ州に日本時間の14日夜、上陸しました。

現地では大雨や強風によって住宅の浸水や大規模な停電が起きていて、厳重な警戒が続いています。

FEMA(合衆国連邦緊急事態管理庁)当局者によると、大型のハリケーン・フローレンスは14日朝(日本時間14日夜)ノースカロライナ州南部に上陸、日本時間の15日午前3時現在、7km/hの速さで西北西へ進んでいます。

 

 

勢力はカテゴリー1 へ

中心の気圧は968hPa、最大風速35m/sで、勢力は一番下のカテゴリー1になったものの、依然、強い勢力を保ったままゆっくりとした速度で移動しています。

国立ハリケーンセンターによると、エリアによっては、週明けにかけて1000mmを超える大量の雨が降り、さらに、高さ3m超の高潮の可能性があるとしています。

ノースカロライナ州やサウスカロライナ州など5つの州と、首都ワシントンには非常事態宣言が出されており、100万人以上に避難命令が出されています。

ハリケーンが上陸したノースカロライナ州では、広い範囲で強風が吹き荒れ、倒木や高潮・大雨による浸水被害が拡大しています。

現地メディアは、倒木が住宅を直撃し、母親と乳児の2人が犠牲になったと報じています。

 

 

停電は確認されているだけで50万戸以上

ノースカロライナ州とサウスカロライナ州で、50万戸以上が停電しています。

トランプ大統領はハリケーンの接近にともない予定していた地方への遊説を中止。ホワイトハウスで対応にあたっていて、ツイッターにハリケーンに関する情報を繰り返し投稿するなど市民に警戒を呼びかけています。

 

 

 

関連リンク

関連記事
大型ハリケーン フローレンス上陸へ 合衆国政府は100万人超に避難命令 過去64年間で最強か

      13日にも上陸か ハリケーン「フローレンス(Florence)」は勢力を強めながら米ノースカロライナ州に向け進んでおり、土砂降りの雨が何日も続くことが見込まれ ...

関連記事
ハリケーンの定義と名前の付け方 アメリカ合衆国の気象機関と合同台風情報センター

スマートフォンなどのモバイル端末で、検索サイトから上記マークの付いたAMP(Accelerated Mobile Pages)経由で訪問された際は、本記事に掲載している画像や図表などの一部が表示されな ...

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="4,4" data-matched-content-columns-num="2,4"

-sticky world news agency
-,

Copyright© unavailable days , 2018 All Rights Reserved.