sticky world news agency

中国 李克強首相が5月10日から北海道視察 札幌など厳戒態勢(交通規制情報)

更新日:

日中韓首脳会談のため、5月8日来日

5月8日、日中韓サミット(首脳会談)のため、中国の李克強首相、韓国の文在寅大統領が相次いで来日した。

安倍晋三首相と中国の李克強首相、韓国の文在寅大統領による日中韓首脳会談は9日午前10時から東京・元赤坂の迎賓館で始まった。

3カ国による首脳会談は2015年11月の韓国開催以来、約2年半ぶりとなる。

北朝鮮問題への連携強化や、日中韓自由貿易協定(FTA)の交渉加速などを協議する。また、安倍首相は、北朝鮮による拉致問題について、早期解決への協力を求めるとみられる。

 

中韓両首脳の来日

中国・李克強首相は8年ぶり、韓国・文在寅大統領は就任後初来日となる。

韓国の文在寅大統領は、10日には韓国で行われる就任1周年記念行事に出席するため、同日帰国するものとみられる。

 

 

中国・李克強首相の北海道訪問

中国・李克強首相は、首脳会談の翌日10日夜には北海道へ移動する予定。

同首相の北海道訪問について中国国内外で関心が高まっている。

中国外務省の孔鉉佑外務次官は4日の記者会見において、北海道訪問の理由として、首相自身が「おそらく興味があるのだろう」と述べた。

同次官は、李首相は北海道で主に現地の農業生産および新エネルギー自動車など高付加価値の製造業の工場を視察する予定だという。

また同次官は、農業において、北海道の小麦や大豆、ジャガイモなどの生産量が国内1位であることを例に「日本の主要農畜産業基地である北海道では農業の従事人口が少なく老齢化も進んでいるにもかかわらず、農業の近代化が非常に発展している」と指摘。北海道の農業生産技術・管理システムは「中国の特色ある農業生産システムを構築するのに重要な手本となっている」とした。

 

李克強首相の北海道訪問で 札幌市などは厳戒態勢

北海道警察は、李克強首相の来道に伴い、3,000人規模の警察官を動員し警備体制を敷く。

同首相は、11日、苫小牧にあるトヨタ自動車の関連企業、植物工場や農業地域などを視察する予定で、札幌市内で開催される「日中知事省長フォーラム」にも出席する。

同フォーラムは、11日(金)午前、札幌パークホテル(中央区南10条西3丁目)で開催。中国からは、李克強首相のほか、李小林 中国人民対外友好協会会長、四川省、浙江省、遼寧省、黒竜江省、江西省副省長らが出席を予定している。

 

 

来道中の交通規制など

北海道警察は、警備上の理由から、道路などの具体的な規制区間や日時について非公表としているが、10日と11日の両日、高速道路と一般道で交通規制の実施を発表している。

通行止や迂回措置など警察官が誘導、1回の規制時間は最大20分程度、複数回実施する場合もあるとした。

< 主な規制対象地区 >

・札幌市中心部

・新千歳空港周辺

・恵庭市 牧場地区、盤尻地区周辺

・苫小牧市 苫小牧港工業地区周辺

< 規制対象道路 >

・国道274号 札幌新道線

・国道5号 創成川通線

・道道泉沢新千歳空港線及び新千歳空港周辺道路

・道道恵庭岳公園線

・国道235号

・道道上厚真苫小牧線

・札樽道、道央道、日高道の各高速道路

近接するエリア、接続道路も規制対象となっている場合がある。また、札幌市中心部では地下鉄、市電、バスなどの公共交通機関も遅れが発生する場合があるとしている。

この交通規制に関する問い合わせは、北海道警察本部 電話011-251-0110 まで。

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="4,4" data-matched-content-columns-num="2,4"

-sticky world news agency
-, , ,

Copyright© unavailable days , 2018 All Rights Reserved.