in Japan days unavailable days

さっぽろ創世スクエア内のレストランで配管ミス トイレ洗浄用の水が客に提供される

更新日:

 

札幌市民交流プラザ2階レストランで5000人あまりに

札幌市中央区の文化関連複合施設「札幌市民交流プラザ」2階のレストラン『DAFNE(ダフネ)』で、さっぽろ創世スクエアが開業した10月7日から11月15日まで、トイレの洗浄などに利用するための水である「中水」が料理や飲み水に使われ、客らに提供されていたと発表した。

※中水:水道水に地下水、雨水などを混合したもの。大規模な商業施設や公共施設、ビルなどで使用される。

札幌市内の建築会社イシヅキの施工ミスとしている。同社によると、設計図面を紛失したためJV関係者の立ち会いのもと施工を行ったという。

法規制へ
タイヤチェーン装着義務化 国道と高速道路で実施 概要と実施路線

  平成30年度チェーン規制・義務化 国道6カ所 高速7カ所 12月10日「平成30年度チェーン規制(直轄国道・高速道路) 現時点での調整箇所」が公表されました。 公表された直轄国道と高速道 ...

 

トイレ洗浄用の水が厨房の水道設備に

札幌市などの発表によると、トイレの洗浄に使う中水の管が、レストランの厨房に水道水を供給するための管に接続されていた。

市保健所などの水質検査で飲料水の基準に適合しており、健康被害などの報告はないという。

水道管の誤接続があったのは、札幌市のアトリエ・モリヒコが運営するレストラン「DAFNE(ダフネ)」。同レストランはさっぽろ創世スクエアの市民交流プラザ2階に店舗を構えており、日本テレビなどの取材によると、オープンからこれまでに5,500人あまりの利用客があったという。

 

水道メーターの検針で発覚

市民交流プラザの指定管理者である札幌市芸術文化財団が11月13日に、レストランの水道メーターを確認したところ、使用量がゼロだったため業者に調査を依頼。

店舗の天井裏にある「中水」と「水道水」の管が誤って接続されていたのが見つかった。

札幌
HTB見学 さっぽろ創世スクエアのHTB本社へ 水曜どうでしょうの聖地移転

    HTB本社 南平岸から中央区へ 開局以来50年に渡って南平岸の小高い丘の上に鎮座していたHTB本社が、去る平成30年9月、札幌市内の中心部、中央区に移転しました。 周辺には ...

 

DAFNEは客の受け入れを中止

レストランDAFNEを運営するアトリエ・モリヒコは、15日昼に連絡を受け、直ちに客の受け入れを一時中止し、是正工事を実施した。

同日午後4時から水道水の通水を確認、通常営業に戻った。

なお、同社が市民交流プラザ1階で運営するカフェ「MORIHIKO.芸術劇場」では問題はなかった。

アトリエ・モリヒコは「不適切な工事が行われたことは大変遺憾。店舗の施工管理を一層強化する」とのコメントを発表、ホームページにも掲載した。

公表が問題把握から1週間後となったことについては「保健所などの水質検査の結果を待ったため」としている。

また、札幌市芸術文化財団によると、中水に含まれる雨水や地下水は、ろ過や消毒の工程を経て供給されているという。

毎日起こる謎の出来事 | have a nice life n' see you next life - unavailable days
毎日起こる謎の出来事 | have a nice life n' see you next life - unavailable days

毎日起こる謎の出来事 | have a nice life n' see you next life

続きを見る

高速道路
北海道後志自動車道 小樽JCT~余市IC間が平成30年12月8日開通

  NEXCO東日本 報道発表 NEXCO東日本北海道支社(札幌市厚別区)が建設を進めているE5A後志(しりべし)自動車道の余市(よいち)インターチェンジ(IC)~小樽(おたる)ジャンクショ ...

 

 

市民交流プラザのリリース

札幌市民交流プラザのレストランにおける水の配管の誤接続について

札幌市民交流プラザ2階のレストランで利用している水の配管に誤接続がありましたので、以下のとおり、お知らせいたします。 
水質検査を行い、飲料水水質検査の水質基準に適合していることを確認はしておりますが、当財団が管理するプラザ内において、利用者の皆さまに不安を与えるような事態が発生してしまい、大変重く受け止めております。 
今後は、レストランの運営事業社であるアトリエ・モリヒコとさらに連携を密にして、安心してお客様に食事を楽しんでいただけるよう、努めてまいります 
詳細は、以下の通りです。 

1 概要 
プラザ2階のレストランにおいて、本来上水(水道水)に接続されるべき配管が中水(水道水・地下水・雨水が混合されたもの)に誤接続されていました。   
なお、事実発覚後に是正工事を行い、現在は上水を利用しています。 
また、中水の水質検査を行ったところ、飲料水水質検査の水質基準に適合していることを確認しています。また、現時点で健康被害の報告はありません。 

2 原因 
レストランを運営する㈱アトリエ・モリヒコからテナント工事(内装工事・厨房器具等の設置)を受注した業者による施工ミス及び確認不足。 

3 水質検査の結果 
是正工事前に取水した中水の水質検査を行ったところ、飲料水水質基準に基づく51項目(一般細菌、大腸菌、有機物、pH値、味、臭気、色度、濁度、塩化物イオン、硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素、亜硝酸態窒素等)について、すべて水質基準に適合する結果でした。 
なお、是正工事後の上水の水質検査も併せて行いました。

※詳細は以下のPDFファイルをご覧ください。

4 施設内の確認 
札幌市民交流プラザの1階で運営されているカフェなどの他の配管は、現地や検査記録等で誤接続がないことを確認済です。 

5 本件に関するお問合せ 
市民交流プラザ事業部管理課  電話:271-1000

札幌市民交流プラザのレストランにおける水の配管の誤接続について | お知らせ | 札幌市民交流プラザ
札幌市民交流プラザのレストランにおける水の配管の誤接続について | お知らせ | 札幌市民交流プラザ

続きを見る

 

株式会社アトリエ・モリヒコのリリース

配管施工の誤りに関するお詫びとお知らせ

この度、札幌市民交流プラザ内2F、弊社運営のレストラン「DAFNE」店舗内水道設備において、2018年11月15日、上水配管と中水配管の繋ぎ間違えという配管工事の誤りが判明しました。

弊社は、本事象を把握した後、速やかに配管の是正工事と水質調査を行うとともに、同館を運営する札幌市芸術文化財団に報告を致しました。

また、水質検査の結果、中水配管内の水質の安全性は飲料水として使用できるレベルのものと報告を受けましたので、同館を運営する札幌市芸術文化財団、並びに札幌市その他の関係各位に対し、配管工事が問題なく完了している旨と水質検査の安全性についてもご報告をさせていただきました。

弊社が施工及び管理を依頼した会社の不適切な工事につきましては大変遺憾であると共に、施工発注者として、このような不備を未然に防ぐ事が出来なかった事に深く反省しております。

現在、施工会社に対して事故原因の究明と厳正なる処分を検討しております。弊社としても今後、店舗の施工管理を一層強化するなど再発防止策を徹底してまいります。

お客様ならびに関係者の皆様に多大なご心配をおかけした事を重ねてお詫び申し上げます。

株式会社アトリエ・モリヒコ

» 配管施工の誤りに関するお詫びとお知らせ|カフェインレス・オーガニックコーヒー豆のギフト通販|MORIHICO
» 配管施工の誤りに関するお詫びとお知らせ|カフェインレス・オーガニックコーヒー豆のギフト通販|MORIHICO

» 配管施工の誤りに関するお詫びとお知らせ。北海道のコーヒーといえば「森彦のコーヒー」。北国だからこそ味わえる珈琲があります。MORIHICOは1996年札幌は円山公園の近くで誕生しました。今ではコー ...

続きを見る

さっぽろ創世スクエア
さっぽろ創世スクエア

大通公園と創成川が出会う札幌の中心部「創世1.1.1区」。時計台やテレビ塔など、札幌を代表する観光スポットが点在し、地下鉄3路線(南北線、東西線、東豊線)が合流する大通駅の近傍です。JR札幌駅からも約 ...

続きを見る

札幌
さっぽろ創世スクエア 現地レポート グランドオープンは2018年10月上旬 建物と駐車場の利用<北海道札幌市>

    さっぽろ創世スクエア HTB本社が現在の平岸社屋から移転を予定しているのが、さっぽろ創世スクエア。 同地は、北海道新幹線の札幌延伸計画で、再開発が加速している札幌駅東エリア ...

 

おすすめ記事

-in Japan days, unavailable days
-, ,

Copyright© unavailable days , 2018 All Rights Reserved.