in Japan days

民間ロケットMOMO2号機 打ち上げを再延期 5月3日以降目指す

更新日:

1号機からの改良部分に、設計変更にミス

北海道大樹町の宇宙ベンチャー「インターステラテクロノジズ」が記者会見を開き、30日に予定していた小型民間ロケットMOMO2号機の打ち上げを5月3日以降に再度延期すると発表しました。

 

同社の稲川貴大社長は「昨年7月の1号機の失敗から、改良のために2号機で設計を変えたレギュレーター(圧力などを調整する弁)まわりにミスがあったことが原因。」と説明。

創業出資者の堀江貴文氏は、「想定外の不具合が発生してしまった。全力で直している」と話しました。

また、稲川貴大社長は「日にちありきではなく、機体を万全の体制にする」と述べ、当初設定していた5月5日までの打ち上げにこだわらない姿勢で臨んでいることを明らかにしました。

打ち上げ延期は、延期は28、29日に続き3回目となります。

民間ロケット打ち上げ取りやめ MOMO2号 機窒素ガス漏れみつかる

モモ2号機は全長約10メートル、直径50センチ。宇宙空間とされる高度100キロ以上に到達することが目標で、民間企業が独自に開発したロケットが宇宙に到達すれば日本で初の快挙となります。

-in Japan days
-, ,

Copyright© unavailable days , 2018 All Rights Reserved.