in Japan days

札幌市東区で震度6弱を記録 札幌市では観測史上初 平成30年北海道胆振東部地震で気象庁が発表

更新日:

 

 

札幌市東区で 観測史上初の 震度6弱を記録

気象庁は9月7日、北海道胆振東部地震が発生した際、札幌市東区で震度6弱を観測していたと発表した。

これまで入手できていなかった震度データから判明。これによって、震度5弱以上と推定される観測点のデータは全て揃ったという。

震度の大きかった地点は、最大震度7が厚真町、6強が安平町とむかわ町、6弱が札幌市東区と千歳市、平取町、日高町。

胆振地方中東部では6日午前3時7分の本震以降、震度1以上有感地震が7日午後4時までに、本震を含て109回(速報値)発生している。

このうち震度4は6日朝までに2回、震度3は7日午後までに16回を観測した

気象庁では、今度1週間程度の間は、震度7クラスの地震が発生する可能性があり、厳重な警戒を呼びかけている。

 

 

関連リンク

関連記事
北海道で震度6強 北海道全域295万戸が停電 復旧見込み立たず すべての火力発電所が停止 現在までの状況

  ▽北海道内は大規模な停電が発生しています ▽北海道電力社長が会見「全道の電力の復旧には1週間以上かかる」道内の可動可能な発電所と本州からの電力融通を受けても必要な電力量には達せず、今後、 ...

関連記事
北海道地震 厚真町は震度7 気象庁発表 北海道で震度7は観測史上初

    北海道胆振地方地震 厚真町は震度7 気象庁によると、9月6日未明に発生した北海道胆振地方を震源とするマグニチュード6.7の地震で、震度のデータが入っていなかった北海道厚真町 ...

関連記事
平成30年北海道胆振東部地震(ほっかいどういぶりとうぶじしん)と命名 気象庁の命名基準と方法

    平成30年北海道胆振東部地震 気象庁は9月6日、北海道厚真町で震度7を記録した地震について、「平成30年胆振東部地震」と命名したと発表。     顕著な ...

 

(標題写真は札幌市清田区)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="4,4" data-matched-content-columns-num="2,4"

-in Japan days
-, ,

Copyright© unavailable days , 2018 All Rights Reserved.