国立感染症研究所が分離に成功した、英国から報告されたSARS-CoV-2新規変異株VOC

感染症

新型コロナウイルス変異株のギリシャ文字呼称|WHO

 

新型コロナウイルス変異株に国名使用せず、ギリシャ文字に

WHO(世界保健機関)は、2021年5月31日、新型コロナウイルス変異株の名称について、最初に確認された国名ではなく、ギリシャ文字のアルファベットを使用すると発表した。

新名称は「懸念される変異株(VOC)」(現在流行している中で最も問題のある四つの変異株)と、その次に警戒される「注目すべき変異株(VOI)」に適用される。

 

二つの科学的名称(呼称と系統名)は継続

新型ウイルス変異株に関しては、それぞれの変異に対して二つの科学的名称(呼称と系統名)が使用されており、突然変異に関する情報を伝える「B.1.1.7 」「B.1.351」「P.1」「B.1.617」といった系統名は、科学界では今後も使用される。

WHOは声明で、「こうした科学的名称には利点がある一方で、言いづらく、覚えにくく、誤報につながりやすい」とし、「そのため、変異株は最初に確認された場所の名前で呼ばれがちだが、こうした呼称は蔑称や差別に当たる」と指摘。「このような事態を避けつつ広報活動を簡素化するため、WHOは各国当局や報道機関などにこれらの新呼称を採用するよう求める」と述べた。

 

 

変異株のギリシャ文字呼称

英国型・英国で最初に確認された

アルファ株

 

南アフリカ型・南アフリカで最初に確認された

ベータ株

 

ブラジル型・ブラジルで最初に確認された

ガンマ株

 

インド型・インドで最初に確認された

インドで最初に確認された変異株は亜系統に分かれ、そのうちVOCに相当する「B.1.617.2」系統が「デルタ株」、VOIに相当する「B.1.617.1」系統が「カッパ株」

※インドで確認されたもののうち、最も拡大しているものが「デルタ株」

VOC:懸念される変異株 現在流行している中で最も問題のある四つの変異株
VOI:注目すべき変異株 VOCのの次に警戒される変異株

 

 

ギリシャ文字のアルファベット24文字以降

24文字あるギリシャ文字のアルファベットを使い果たした後の名称をどうするかは未定

エプシロン(日本ではイプシロンと呼称されることが多く見受けられる)、ゼータ、エータ、シータ、イオタは既にVOIに割り当てられている

 

 

 

おすすめ記事

-感染症