column

大谷翔平選手、水原氏の違法賭博問題で声明 会見動画・全文

2024/03/26

大谷翔平選手、水原氏の賭博問題について声明

ロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平選手が元通訳の水原一平氏に関する一連の違法賭博疑惑について、スキャンダル発覚後初めて自身の見解を表明した。
会見はロサンゼルスの本拠地ドジャースタジアムで、現地時間3月25日午後2時45分から行われた。日米約100人の報道陣が集まり、用意された椅子には座りきれず、大半の記者は立ったまま大谷選手の言葉に耳を傾けた。
会見会場には、アンドリュー・フリードマン編成総責任者、スタン・カステン球団社長、ロン・ローゼン副社長、デーブ・ロバーツ監督ら球団首脳陣、「背番号17」を譲ったジョー・ケリーやエンリケ・ヘルナンデスも会見場に姿を現し、行方を見守った。

ドジャースのロバーツ監督は、大谷選手会見後、「ショウヘイはとても正直だったと思う」と印象を述べ、「そして、何が起こったのか、彼の見解を述べた。彼が何を知っていて、何を知らなかったのかということに関しては、多くの質問に答えてくれた」と安堵の表情を浮かべた。さらに、「みんな、ショウヘイを見守って、寄り添おうとしていたと思う。彼が自分の考えを整理して、正直に、率直に、とても傷つきやすかったことを話してくれたことは、本当に大きかったと思う。私は聞きたいこと全てを聞くことができたし、選手たちも同じ気持ちだと思う」とコメントした。「彼がここ(同じ会見場)に座って、自分の見解を述べたことを誇りに思う。そして、私はただ前に進み、この件は当局に任せて野球に集中することを楽しみにしている」と結んだ。

会見はドジャース球団広報により、質問には応じず、写真・ビデオ撮影も禁止され、大谷翔平選手自身が声明を読み上げる形式で行われた。

大谷翔平選手、水原氏の賭博問題について声明 ドジャースタジアム

会見中のドジャースタジアム

 

大谷選手が疑惑に初めて言及 声明全文

 まず皆さん来ていただいてありがとうございます。僕も話したかったので、うれしく思いますし、チームの関係者、僕自身もそうですが、ファンの皆さんもここ1週間くらい、メディアの皆さんも含めて我慢とご理解をしていただいたのは凄くありがたいと思っています。まず、僕自身も信頼していた方の過ちというのは悲しく、ショックですし、今はそういうふうに感じています。

 現在進行中の調査もありますので、今日話せることに限りがあるというのをご理解していただきたいのと、今日ここに詳細をまとめた、分かりやすく皆さんにお伝えするためのメモがありますので、何があったのかをまず説明させていただきたい。

 まず初めに、僕自身は何かに賭けたり、誰かに代わってスポーツイベントに賭けたり、それを頼んだりということもないですし、僕の口座からブックメーカーに対して、誰かに送金を依頼したことももちろん全くありません。

 数日前まで、彼がそういうことをしていたというのも全く知りませんでした。

 結論から言うと、彼が僕の口座からお金を盗んで、なおかつ皆に嘘をついていたというのが結論。

 まず初めに言うと先週末、韓国ですね。僕の代理人に対してメディアの方から、違法のブックメーカーに僕が関与しているのではないかという連絡がありました。一平さんはこういった取材の依頼があるということを、僕に話していなかったし、僕の方にそういった連絡は来ていなかったということ。代理人は、僕と話して分かったのは、一平さんにではなく、某友人の肩代わりの借金として支払ったと、僕の代理人を含めみんなに話していた。

 翌日、さらに尋問で一平さんは僕の代理人に対して、借金は一平さん自身が作ったものだと説明しました。それを僕(大谷)が肩代わりしたという話を、その時に代理人に話したそうです。

 これらは全く、全てが嘘だったということです。

 一平さんは取材依頼のことを僕にはもちろん伝えていなかったですし、代理人に対しても僕はすでに彼と話して、コミュニケーションをとっていたと嘘をついていました。チームにも、僕とコミュニケーションをとっていたと嘘をついていました。

 僕がこのギャンブルに関しての問題を初めて知ったのは、韓国の第1戦が終わった後のチームミーティングです。そのミーティングで彼は英語で全て話していたので、僕に通訳はついておらず、完全には理解できていなくて、何となくこういう内容だろうなと理解していましたが、なんとなく違和感も感じていました。

 彼は僕に対して、ホテルに帰った後で2人でより詳しいことを話したいので今は待ってくれと、その時はホテルまで待つことにしていました。

 一平さんがその時、ミーティングの時にギャンブル依存症だと知らなかったし、彼が借金をしていることはもちろん知りませんでした。彼の借金返済に同意していませんし、ブックメーカーに対して送金をしてくれと頼んだことも、許可したことももちろんないです。

 試合後、ホテルに戻って一平さんと初めて話をして、彼に巨額の借金があることをその時知りました。

 彼はその時、僕の口座に勝手にアクセスし、ブックメーカーに送金していたと僕に伝えました。

 僕はやっぱりこれはおかしいなと思い、代理人たちを呼んで、そこで話し合いました。話が終わって、代理人も彼に嘘をつかれていたと初めて知り、ドジャースの皆さんと、弁護士に連絡しました。彼らも初めて嘘をつかれていたとその時に知りました。弁護士の人からは、窃盗と詐欺で警察と当局に引き渡すと話されました。

 これがそこまでの流れ。僕はもちろんスポーツ賭博に関与していないですし、送金をしていた事実は全くありません。

 正直ショックという言葉が正しいとは思わないですし、それ以上の、うまく言葉では表せないような感覚で1週間過ごしてきた。うまく言葉にするのは難しいなと思っています。

 ただ、シーズンも本格的にスタートするので、ここからは弁護士の方にお任せしますし、僕自身も警察当局に全面的に協力したいと思う。

 気持ちを切り替えるのは難しいですが、シーズンに向けてまたスタートしたいですし、お話しできて良かったと思っている。今日は質疑応答は、これがお話しできる全てなので、質疑応答はしませんが、これからさらに進んでいくと思います。

 以上です、ありがとうございました。

Ohtani says he never bet on sports, ‘shocked’ interpreter stole money ESPN

Shohei Ohtani says he never participated in any sports gambling and accuses interpreter of ‘stealing money’ CNN

 

大谷選手会見動画

Shohei Ohtani makes statement regarding gambling scandal | MLB on ESPN

 

1.大谷選手の通訳水原氏をドジャースが解雇 ESPN報道~LAタイムズ記者がFOX出演

2.大谷選手が水原氏の賭博問題を初めて知ったのは開幕戦後 ESPN

3.MLB 大谷選手と元通訳の水原氏の疑惑について正式な調査手続きを開始

4.大谷翔平、水原通訳と電信送金:時系列 ティシャ・トンプソン ESPN

(This article) 5.大谷翔平選手、水原氏の賭博問題について声明 会見動画・全文

大谷翔平選手、水原氏の賭博問題について声明 ドジャースタジアム

会見中のドジャースタジアム

 

大谷翔平の“新通訳”が果たした重大任務に米記者絶賛「大幅な昇給願う」「驚異的な仕事だ」

全米でも生中継「どのチャンネルも大谷翔平」 水原氏に初言及で異例の注目度

  • この記事を書いた人

-column